60年代からのFM放送とオーディオ
60年代 懐かしの宝箱

ブログもご覧ください

2009.3.21更新

FM放送40周年

 「40周年?」と思ってしまうほど、FM放送は昔からあった・・・・

 40年前は1969年、そう、それ以前のFM放送は実験放送だったのでした。

 だからFM放送といえば・・・70年代なのでしょう。

 いろいろな思い出があります。


60年代終わりから始まるFM放送の思い出
 さびしかった小生にとって音楽が友達という状態になった1968年は、ものの本によればFMブームが立ちあがった年と言われています。何でも顔をつっこむ性分なので中学生ながらオーディオマニアになって行くのであります。
  1969年はNHK−FMの本放送が始ったとされているのでそれまではそれなり(実験放送)だったのかもしれません。AMで聴くのとは偉く違って音はいいし、番組も大人が聞くようなクラシック(つまり学校の音楽の鑑賞曲なんかじゃない)、マーラーの交響曲とか、ワーグナーがどうの、マタイ受難曲がどうの、現代音楽がどうのとか、有線ネウマとか言う五線譜以前の記譜の曲とかそれはもう大変に高尚・荘厳な音楽であったりしました。グレゴリ−聖歌あたりを、ビートポップスを大好きで見て聴いていた「鼻たれ小僧族」の小生が何故か聴いていた訳です。とにかく、その当時、FMは音楽ファンのための選ばれた放送でありました。70年代の話題で恐縮ですがFM東京がFM東京として80MHzで放送を開始したのは確か1971年であったと思います。それまではFM東海として、東海大学の実験放送であったと記憶しております。そのなごりか、FM東京には夜6:30−9:00の望星高校講座という放送時間枠がありました。
  


FMの番組雑誌
 FM誌はFMファンが昭和41年かららしく、中学生時代はもっぱら立ち読みをしておりまして、週刊FMが1971年に創刊されると(これでFM東京と同年と記憶)買い始め、従って創刊号から持っていた訳なんですが・・・どの時空に置き忘れてしまったのか・・・見当たりません。
  FM誌を買い始めたのはエアチェック環境が完備されたためでもあります。音楽之友社の週刊FMは、FMファンよりも少し音楽の幅が広がった感じであったのと誌面が見やすかったこと、オーディオの企画ページがしっかりしていたことで購読しておりました。この後、小学館のFMレコパルが1974年に創刊されるという流れです。週刊FMも何回か誌面が変わっていますが、1974年4月に装丁・誌面を大きく変更、その後(失念)、隔週刊になり、友人と2週刊FMだねなんて言って笑っていました。
  FMは貴重な音楽ソースとして新譜情報、ライブなど音楽ファンにはたまりませんでしたが、やはりレコード購入代用としての音源として最高であった訳です。
  深夜枠などは特にAM放送にない雰囲気があり、音楽好きのためのものという感じでした。FM放送を聴くための装置として、当時普通のラジオはFM受信できるものばかりではなく、高級なラジオかオーディオ装置(ステレオ)が必要であった訳です。


「週刊FM」と長岡鉄男先生
 当然オーディオ好きな小生は工学系の大学へ進み音響工学を専攻することになりますが、やはりFM誌は製作記事などのある「週刊FM」がご指定で、「週刊FM」主催のスピーカ自作コンテストに応募。書類審査が通って、作ったスピーカを編集部の試聴室に持ち込み、オーディオ評論家の長岡鉄男先生に聞いて頂いた記憶があります。
  小生にとって、長岡先生と言えば「子供の科学」の頃からのお付き合いで、オーディオ評論家だけでなく、雑誌の科学クイズのコーナー執筆などもされていた記憶があります。
  長岡先生はスピーカーの視聴にクラシックから始まってジャズ、そしてロックはボストンなどの高らかに鳴らされました。
  先生から「軽くてダメ」という意味をやさしく直接言って頂いた記憶があり、しかし記事はもっと柔らかく書いてあったのは長岡先生の優しさかと思っております。


1960−70年代のエアチェック環境
 コンパクトカセットは1963年、オランダのフィリップス社が発表、ライセンスを公開したため。その後に大きな発展が生まれたとされています。オーディオ装置の周辺としてデッキというタイプは1968年に、松下、ソニー、ティアック各社よりが出ていますが、もともとはモノラルのメモ用的なところが発端なようで、それがいつかHiFi(ハイファイ=高忠実度;ハイフィデリティー)として認知されるようになったようで、やはり4トラック、2チャンネルつまり左右2チャンネルの往復が良かったようです。オーディオとラジカセ、後のウォークマンと発展する訳ですが、ラジカセの隆盛は74年頃からとされています。出発から10年がかかっている訳ですね。いろいろな技術・仕様がありましたが・・小生の家では父が1963年頃、日立のテープレコーダを買い、何故か松下幸之助の本の冒頭を読み上げて録音しておりましたが、子供心にそれならナショナルのテレコを買えば良いのにと思っておりました。当然オープン方式で5インチ(リール径、他に規格は3インチ、7インチ、10インチがあった)でテープ速度も9.5センチと4.75センチでした。このテレコでは紅白や番組のテーマを録音したはずですが、すでにテープは時空のかなたに消えております。
  1969年にそのころ珍しかったコンポーネントステレオを家で買い、晴れてFMステレオ放送を受信しておりましたが、1971年にティアックのオープンデッキを購入してFM録音をしておりました。ただ、7インチリールまでで、その頃はまだ留守録機能を持つテレコは殆どないので、家電用のタイマーにテレコのスイッチに細工をするという過激派さながらの高校生であったのです。大学生になりアルバイト収入が入るとソニー10インチリールのオープンを買ったので長時間録音が可能に、さらにナカミチのカセットデンスケを買ってオープンからカセットへのライブラリー化を歩みました。従って、カセット導入は1975年以降ということになります。
  ラジカセという名称は実はP社の商標だったそうで、後年就職してラジカセの製品担当になって知りました。ラジオ+カセット+テレビの「ラテカセ」はV社で、たしか1977年頃だったと思います。


カセット音楽の思い出

 また1970年代のお話で恐縮です。大学では音響研究会というマイナーなクラブに入ってしまったのですが、これが世の中のオーディオブームに乗り大躍進、オーディオ6大学というと、早慶明中そして東海、何故か小生が在学したM工大というところで学生オーディオ連合の発起校でもありました。
  そのころオーディオは若者のファッション的な部分も有り、専門誌だけでなく、一般誌にも掲載がありました。クラブの先輩Hさんの紹介で、1977年頃、S学館の「G」という雑誌で篠山紀信さんの激写グラビアで有名な男性雑誌のオーデォオ頁の取材や頁作りを学生ながらしておりました。隔週刊の雑誌でしたが、2ページの活版から特集グラビアで1年ほどながら大変な仕事量で、大学の研究室から夕方出社し、稿了前は深夜帰宅から明け方帰宅が殆どでした。その時知り合った学生のNさんは変わった人でした。とにかく音楽好きで24時間音楽派、小型ラジカセを黒いマジックバッグに入れ大きなヘッドホンをして街中を歩き、バスの中も電車の中も音楽を聞くのです。「だって音楽好きだったいつでも聞きたいよね?」大きなヘッドホンをして黒いマジックバッグを持った宇宙人のようなNさんと街中で別れる時、街並に消える姿を見て我ながら恥ずかしく、絶対あんな真似はしない・・・ソニーから「ステレオウォークマン」が発売されるのはその2年後の1979年です。今思うとアルバイトながらオーディオやもの書きで御金を頂いていたあの頃は今の下地を作らせてもらったいい時期だったと思います。周囲にはNさんを始め、個性派の方も多く、イラストレーターの及川正通さんやスタッフの方が忙しいそうに働いていたり、時には紀信さんがモデルさんと来りと小生のような平凡な工学系の学生にとってオーディオブームだったからこそ体験の出来た小説の中のような毎日でした。

  オーディオの一般化と衰退はご存知のとおりですが、いつかエアチェックなどというもの遠くなってしまい、FMの多局が実現した頃にはFMの有り方も60年代、70年代の頃の期待とは大きく変わってしまいました。


FM東京「サウンド・イン・ナウ」と土曜の午後


 FM東京の「サウンド・イン・ナウ」(土曜15:00〜)という番組ですが。
 日立の提供、すぎやまこういちさん(画像上)が司会でだったと思います。日立はオーディオのLo-D(ローディーというブランド:ローディストーション、低歪みの意)やパディスコというラジカセで頑張っておりました。西銀座にパディスコプラザというのがあってそこから中継などもあった記憶があります。4時30分ころに「マイナスワン」(原曲のカラオケ)を放送しており、エアチェックしておりました。南沙織の「17才」から3年分くらいオープンテープをとったと記憶しております。この音源は今もテープで残っております。1971年当時はカラオケは一般的ではなかったですが友人たちとカラオケをしていました。

  「マイナスワンコーナー」は原曲を少し(ワンコーラス?)かけてから、すぎやまこういちさんのワンポイント解説(大抵は楽曲の構成、コード進行、リズムの話)があってから、フルコーラスでカラオケがかかっていたと思います。録音したテープは全てオープンテープで別宅(妻の実家の一室)にしまいこんでおります。いずれの曲もその時点でのヒット曲であったことは間違いありません。曲によっては本人のはハモリが入っており、コーラスの構成が判るなど興味深いものでした。そしてこの時、本来カラオケの正体として、オーケストラなしで歌手が歌って回れる・・が判った訳です。
  たとえば、麻丘めぐみさんの「めばえ」ならば、「はなれないわー」なんてところは本人の声がマイナスワンに入っていたりする訳です。

  70年代の土曜の午後のラジオはFM東京以外も豪華であり、AMでは愛川欽也さんと見城ミエコさんのきんきんケンケンの番組で「おとこが出るか女がでるか」の平野レミが大声を張り上げていたような記憶もありますし、午後3時以降はNHKのFMがローカルになって、神奈川と東京で洋楽系の好ましい放送をしていた記憶があります。
  土曜の午後のその前のFM番組(FM東京)はコーセー化粧品か三和シャッターだったかがスポンサーの歌謡ベストテン(宿谷このみさん:画像下)で・・その後の時間がポップスベストテンでシリアポールさんがパーソナリティーでした。土曜の午後急いで帰ってきた覚えがあります。

  平日のこの時間のNHK・FMは「FMジュークボックス」で番組開始に左右チャンネルをチェックするための「ラブ」(レターメンではない)が流れておりました。右側、左側、そして真ん中と音楽を流す訳ですね。

  70年代の愛唱歌は7thコードの多いバラードが多く沢田研二の「君をのせて」、赤い鳥「忘れていた朝」、ガロの「美し過ぎて」、南沙織「哀愁のページ」と片思いのこころの療養に染み入るような曲ばかりでした。


「ステレオ歌謡バラエティ」 FM東京



 またまた70年代の話題で恐縮です。
  FM東京の番組でストリングスのテーマで始るDJ番組でパーソナリティーは、及川弘子さん、高橋基子(モコ)さんのちにひのきしんじさんと言った記憶があります。その前の時間枠では「日本の歌」(唱歌のオケ演奏)がありました。
  なお、モコさんを始めとしてやはりFM東京では深夜にも歌謡番組をやっており(AM1:00−3:00火曜?,木曜?)これも私のエアチェック対象でした。

  1975年当時は、確かに曜日構成と記憶致します。特にこの曜日替わりの頃から月代わりの今月の推薦曲が存在し、新人新曲を紹介しておりました。
  私の記憶する最初の曲は尾崎亜美さんの「瞑想」で、時代考証的には76年ということでそこそこ外れてはいないと思っております。特にひのきしんじさんに関して75年は確実で、この年友人(じつはこの友人の妹の友達が私の妻)がグループデビューをしており、そのプロデュースはひのきさんで、ライブを新宿「ルイード」でする時はゲスト出演しておりました。
  この曜日替わりの前は交替だった記憶がありその頃が高橋基子さんと誰かでやっていたようにも思います。高橋基子さんで思い出すのがモコ・ビーバー・オリーブ(「海の底で歌う歌」などのヒット曲あり)ですが、オリーブことシリア・ポールさんは確かFM東京でベスト10番組のパーソナリティーをしていた記憶があります。
  ただ「ルイード」でひのきさんと出演した綺麗な女性パーソナリティーの記憶があります。以前はその名前が不明だったのですがどうも中村こずえさんのようです。

  いずれにしましても、様々の話題を提供してくれた番組が歌謡バラエティーでした。ローカルなのかもしれませんがそう言えば「ステ・バラ」と言っていたような。FMは貴重な音源であったので良くオープンテープを回しておりました。

  ということで、よく問題になる日替わりパーソナリティーと番組進行です。
 <画像は、高橋基子さん、白石冬美さん、遠藤泰子さん>
1973年 (10月1日−10月7日DATA)
月曜 瀬能 礼子
火曜 松島 トモ子
水曜 ひのきしんじ
木曜 池田 和歌子
金曜 及川弘子

1974年 (4月1日−4月7日DATA)
月曜 芹 洋子
火曜 松島 トモ子
水曜 ひのきしんじ
木曜 沢 チエ
金曜 及川弘子

1975年 (5月19日−5月25日DATA)
月曜 芹 洋子
火曜 松島 トモ子
水曜 ひのきしんじ
木曜 中村こずえ、伊藤強
金曜 及川弘子

 番組構成
2:05 番組始り
リクエストコーナー
クイズ、 交通情報
フレッシュコーナー
パーソナルレコード
3:00 ホットコーナー
クイズ
リクエストコーナー
クイズ解答/当選者
3:55 ニュース

 3年に渡って基本構成はほぼ変化ないようです。



60年代 懐かしの宝箱

ブログもご覧ください

トップへ
戻る