60年代 学研の「科学」と「学習」のふろくの研究

60年代 懐かしの宝箱

ブログもご覧ください

1966年 6年の学習


1966年5号 1学期開始号 組立式地球儀
 

半円球のプラスチックを合わせ、帯状の地図を貼って行くもの。ずれたり、はがれたり
手がのりだらけで大変だった記憶が残っています。


1966年6号春の学習号 2段パンチ式日本の歴史カード

欲しいことがらがすぐに選べる スイ、ポンと選べる!

 


1966年夏休み特大号 横ぶえ

 


学校ではたて笛を4年から音楽の授業でやってましたが、たて笛は音は簡単に出ます。
横笛はそう簡単に音は出ないのですが、この付録には白い軟質樹脂製の補助吹き口
が付属しており、それを使えば簡単に音は出ましたが、横笛特有の綺麗な音ではありません
でした。長い夏休みに練習したのは初めの頃だけで、なかなか音が出ず、出ても曲演奏まで
行くものでなく、いつか興味は薄れ挫折感が残りました。


1967年 6年の学習3号 冬の研究号 計算尺



 この本を読めば計算尺がすぐに使えるという。小学生には有効数字の考え方まだ判っ
ていなかったと思うので、これが魔法の計算機と思ってしまうと・・・。計算尺が有り難
い・・・と思ったのは高校の化学の計算が必要になった時だった・・・
 掛け算、割算しかできない・・・ということも判っていたのかどうか。中学生になって役立
つけいじ資料・・・とありますが、一体何の資料だったのか。もう気持ちは中学生だった訳
でしょう。



60年代 学研の「科学」と「学習」のふろくの研究
60年代 学研の「科学」と「学習」のふろくの研究

トップへ
トップへ
戻る
戻る