60年代 学研の「科学」と「学習」のふろくの研究

60年代 懐かしの宝箱

ブログもご覧ください

1963年 3年の科学


長らく1964年小学4年の学習と科学から購読していた・・・と思っていましたが、どうもその1年前から購読と思えてきた・・・
いや、やっぱり科学は4年からではと思います。

1963年3年の科学6号 おんどけい

 
 

表紙に「科学の教室3」の改題とあります。
言われているように(新)科学は1963年で新しい路線の科学となったということなのでしょう。
大きさはA4版なので科学としては大判です。*3年の学習はB5判

ふろくは温度計、4年の時に付いた棒温度計ではなく家庭にあった(薬屋の景品のような)寒暖計
ひねりもなく、科学の付録感の少ないものです。
解説も2色1ページで正しい見方と注意(50℃まで)です。



大切な次号予告は折り込み、水色のページです。





1963年3年の科学7号 みずでっぽうセット



学習といっしょに・・・が気になるところです。
改題の件もありますし、まだ認知が低かったのでしょうか
遊びとしては寒暖計よりはぐっと期待ができます。
4年のポンプに関連して行くらしいのです。


次号8号で掲載されたこの付録を利用した工作
金属のふたに穴をあける、ノズルの位置調整など
ざっと見ても難しいところがあります。




1963年3年の科学8号 青しゃしんセット

 

楽しい夏の号だと思いますが実際この号はもっと早く手元に来ているはずです。
少年は嬉しいのか苦しいのか、痛いのか?不思議な表情です。

ふろく解説は2色4ページ

当時でも青写真は珍しいものではなかったけれど
フレームなどがついていて、後で飾るのに使えたようです。
ふろくで遊ぶとはっきり言っています。

押さえもあって誌面別のところで日光写真関連のドリル項目が出てきます。




1963年3年の科学夏休み特別号 (9号) 色水遊びセット



試験管大2本、小2本、スポイト、薬2種

花からとった色水の色を変えたり、消したり

薬は炭酸ソーダと酒石酸だったようです


1963年3年の科学10号 じしゃくセット

 

棒じしゃくと箱とはり
棒磁石で針をこすり方位磁石を作る工作も出ています。
2色5Pの解説



1963年3年の科学11号 水さいばいセット



サフランの球根と水栽培の容器がセットされたようです




1963年3年の科学12号 グライダーセット

 

あいかわらずのおかしな顔の表紙です
解説は単色グラビア、単色各1P、2色2Pの4P

工作用のセメダインも付属

どうも紙木ではなくスチロール製であったようです

読み物もグライダーから飛行機、初期航空工学(応用空気力学)発展に貢献した航空パイオニアの1人
オットー・リリエンタールのお話



1964年3年の科学1号 まめでんきゅう・かんでんちじっけんセット

 

写真からすると線材や簡易スイッチで点灯させる実験であったようです




1964年3年の科学2号 かがみ実験セット

 

この潜望鏡にはかすかな記憶があります。
かがみは3枚ついていたのかもしれません

かんたんな合わせ鏡の実験のあと工作になります。


1964年3年の科学3号 自動車工作セット



 

単色グラビア3P 2色グラビア2Pの5P

ゴム動力の車工作でスポーツカーとダンプカー2種遊べたようです。


3年の科学表4広告から

ポケット図鑑


ポケット採集図鑑は持っていましたが
表紙が違います。


学習年鑑・学習事典



 

内容やデザインは判りませんが持っていたと思います。
何号にも渡って広告が出ます
記憶では年末に翌年ぶんが刊行されたと思います。

そして年採集の3号の広告



今年度の4年の科学のふろくの実績です


調査によれば1963年は付録構成の「科学」の初年度の年です。
3年の科学の傾向として
アイテムはもともと理科の教材としてポピュラーでひねりの少ないもの
青写真、磁石、なども多いです。
同じ時期4年の科学は新規型ものも多いのとは違い
既存の理科教材で遊ぶという方向です。

まだプラスチック素材は少ないようですが
グライダーなどこれまでとは違う素材(おそらくスチロールなど)で
接着剤を考慮するなどされています。

個人的には当時とっていなかったようです。
またこ今一度思い返してもこれらのふろくでは友人のを見た記憶もありません


60年代 学研の「科学」と「学習」のふろくの研究
60年代 学研の「科学」と「学習」のふろくの研究

トップへ
トップへ
戻る
戻る