60年代のスポーツ
60年代 懐かしの宝箱

ブログもご覧ください



60年代の大相撲優勝力士

 60年代のスポーツにはいろいろあったけれど。まずは相撲から。
  懐かしい力士の名前が並びます。
1月場所  3月場所  5月場所  7月場所  9月場所 11月場所 
1960 栃錦 若乃花 若三杉 若乃花  若乃花 大鵬
1961 柏戸 朝潮 佐田の山 大鵬 大鵬 大鵬
1962 大鵬 佐田の山 栃の海 大鵬 大鵬 大鵬
1963 大鵬 大鵬 大鵬 北葉山 柏戸 栃の海
1964 大鵬 大鵬 栃の海 富士錦 大鵬 大鵬
1965 佐田の山 大鵬 佐田の山 大鵬 柏戸 大鵬
1966 柏戸 大鵬 大鵬 大鵬 大鵬 大鵬
1967 大鵬 北の富士 大鵬 柏戸 大鵬 佐田の山
1968 佐田の山 若浪 玉乃島 琴櫻 大鵬 大鵬
1969 大鵬 琴櫻 大鵬 清国 玉乃島 北の富士
 斜体は全勝優勝。前頭関脇大関、横綱
  
  やはり大鵬は強かったですね。少年雑誌の表紙や、学年誌のグラフを飾り続けていました。
  

  

  祖父が大の相撲好きで、いっしょに応援をしていたのかもしれません。まず朝潮のファンでしたが、横綱になってからは優勝は1回というのは最近知りました。朝潮は朝汐の改名で、関脇で2回(1956年3月、1957年3月)、大関で2回(1958年3月、11月)の優勝をしています。1959年3月26日「少年マガジン」の創刊号の表紙は大関朝潮で、特集も「大ずもう春場所」でした。(漫画の比率は比較的少なかった。)
  大鵬は70年代に入っても優勝が有り、1971年3月場所に32回目の優勝をしています。
  そして、祖父が教えてくれたのが「紙相撲」でして、雑誌の付録にもあったかと思います。
  (画像は1962年「小学2年生」6月号から)


60年代の横綱たちと歴史的変化


 せっかくの大相撲話題ですので、データをまとめておきましょう。
 <朝潮太郎>毛深い、男性的風貌の強そうな横綱でした。先あげたデータのように、3月場所=大阪場所に強く、「大阪太郎」の異名もあったとか。
 <柏戸剛>柏鵬時代を築いた。学生時代より、バスケ、サッカー、陸上と万能スポーツマンであったように、出足は鋭く、突張りから右四つ寄りの直線相撲には人気があった。
 <大鵬幸喜>負けない大鵬と言われたように安定感、そしてたとえ不利な体制からも逆転勝利する強さは誰もが「大横綱」と認めたところ。「巨人・大鵬・卵焼き」という言葉が今でも伝説的に残るけれど、玉子料理と同様、本当に僕ら子供には絶対的であったのだ。
 <栃ノ海晃嘉>1963年11月場所大関で、大鵬・柏戸を破り14勝で賜杯を手にした相撲は伝説的。14勝のうち13勝は寄り切り、寄り倒し、押し出し、押し倒しの攻撃相撲で圧巻であった。
 <佐田の山晋松>1962年3月、体重差の大きい大鵬を破り優勝した相撲がその長所出たところと言われている。68年3月のその引退の引き際の良さも伝説となっています。
横綱名 出身 昇格 優勝 身長 体重 得意技
46 朝潮 鹿児島 59.3 189 145 左4つ、押し、寄り切り
47 柏戸 山形 61.9 188 145 右4つ、突き出し、寄り切り
48 大鵬 北海道 61.9 32 187 153 左4つ、すくい投げ、より切り
49 栃ノ海 青森 64.1 177 110 左4つ、寄り切り、上手出し投げ
50 佐田の山 長崎 65.1 182 130 右4つ、突き押し、寄り切り

  さて60年代の相撲年表に残されるところは・・・制度化なども進みました。
1960 行事の定年制・定員制。決まり手70手に
1961 年寄り、世話人、呼び出しなども定年制に
1965 部屋別総当り制。
 4横綱ら48名がソ連巡業。
 勝ち力士の「手刀」が必須となる。
1967 枚数制限。幕内34人、十枚目26人の定員に。
1968 総理大臣賞新設
 勝負検査役が「審判委員」の名称に
1969 勝負判定にVTRが利用される
 新弟子基準改訂(身長170以上など)
 大関は負け越し2回で関脇に降格


60年代のプロ野球


 日本のプロ野球も「世界一」となりました。60年代はスポーツと言えば間違いなく「野球」だったですね。セ・リーグのデータで失礼いたします。
優勝 最優秀 首位打 本打王 打点王 最勝投
1960 大洋・三原 秋山・洋 長嶋・巨 藤本・タ 藤本・タ 堀本・巨
1961 巨人・川上 長嶋・巨 長嶋・巨 長嶋・巨 桑田・洋 権藤・中
1962 阪神・藤本 村山・神 森永・広 王・巨 王・巨 権藤・中
1963 巨人・川上 長嶋・巨 長嶋・巨 王・巨 長嶋・巨 金田・国
1964 阪神・藤本 王・巨 江藤・中 王・巨 王・巨 バッキ・神
1965 巨人・川上 王・巨 江藤・中 王・巨 王・巨 村山・神
1966 巨人・川上 長嶋・巨 長嶋・巨 王・巨 王・巨 村山・神
1967 巨人・川上 王・巨 中・中 王・巨 王・巨 小川・中
1968 巨人・川上 長嶋・巨 王・巨 王・巨 長嶋・巨 江夏・神
1969 巨人・川上 王・巨 王・巨 王・巨 長嶋・巨 高橋・巨
  巨=東京巨人・読売ジャイアンツ、洋=大洋ホエールズ
  タ=大阪タイガース、神=阪神タイガース
  国=国鉄スワローズ、中=中日ドラゴンズ、
  広=広島カープ
 
 
とにかく、川上「巨人」は強かった・・・という60年代です。
ON砲なんて言葉(王・長嶋の略)も使われた時代です。

  「スポーツマン金太郎」「ちかいの魔球」など少年雑誌には野球漫画も数々ありましたし、表紙やグラフにも王・長嶋をはじめ野球選手が出てまいりました。野球選手はやはり僕らのヒーローでした。小生たちは、野球盤に、草野球に興じておりました。

 テレビ放送が各家庭で広く見られるようになったのが1950年代末くらいですので、60年代テレビのスポーツ観戦はやはり野球が中心でした。






■体育の日特集もかねて・・・

お疲れ様、王監督、〜ミニミニ特集 更新2008.10.12
60年代の王選手、そう1本足打法、僕たちのあこがれだった

 60年代、それも1962,3年頃、
少年雑誌はまさに王選手の話題にあふれていました。

 雑誌の表紙、巻頭、裏表紙のカラーには王選手、長島選手
の記事で多く見ることができます。

 
 おいたちなどの物語になった、ものなど。実に多いです。

 そして、背番号3番の長島と背番号1番
の王は、巨人の主砲としてON砲と呼ばれ
ていました。

 1962年は長島の不振もあって、王の活
躍がひときわ注目されることになります。

 

 ホームラン、打点、出塁率、塁打数と首位になっています。

 雑誌は少年マガジン、冒険王などから。

 月刊誌のお正月号ともなれば、必ず登場となりまし
た。王選手のサイン入りのボールやバットと言えば、
懸賞の花形でした。

 1962年は、王選手の1本足打法
が活躍した年でもありました。シー
ズン半ばから登場、あっとういう間
に記録を作りはじめました。

 この打法にはフォームの美しさ、
リズム、そして威力と、揃っていまし
た。

 僕らは、鏡に向かってマネをした
ものです。野球の得意でなかった子
たちでさえ。

 もちろん、右打ちなのですが。


 荒川コーチとの1本足打法の生ま
れる秘密なども雑誌に何度となく。
書かれ、読んだものです。
 漫画では消える魔球など、秘密も
のは人気のある頃でもありました。

 1962年9月、対阪神戦では、3打席
連続ホームラン、向かうところ敵なし!
という感じでした。

 長島との比較は好対照でした。子供
たちの中にも、長島派、王派がいたは
ずです、

 あの当時の王選手を知る方々ばか
りではないでしょうが、

 年代を越え、輝き続けるというのは
子供ではありましたが当時を生きたも
のとして、感ずるものがあります。

 王選手、王監督。時代は流れて行き
ます。

 本当にお疲れ様です。


 みんなの夢を乗せて流れていった60
年代、今あらためて感ずるのはあの
時代の息吹です。
  巨人、大鵬、卵焼き。
 当時の子供たちの好きなもの
 でしたが。
 下はお正月の夢の企画。座談会。


 強いはずの、力道山が・・・
 王選手は、王監督となりました。

 人気のスポーツマン

●力道山
 ちからミチヤマではない。あの当時子供でなくてもみんな知っていたプロレスラー。リキドーザン。なんでこんな名前なのか子供に判らなかったけれど、空手チョップで活躍するおじさんで、外国レスラーはみなばったばったと倒れた。もとは相撲で関脇までいったというけれど自分が生まれる前の1950年のこと、プロレスラーに転向。テレビでは力道山の活躍が人気であった、1950年代後半、そして60年代初頭。39歳、1963年ナイフで刺され、その後養生が十分でなく、あっけなく亡くなってしまう。外国テレビドラマのスパーマンが亡くなった時同様ショックだった。






60年代 懐かしの宝箱

ブログもご覧ください

トップへ
戻る



60年代 アマチュア・スポーツ
60年代 アマチュア・スポーツ