60年代切手ブーム
60年代 懐かしの宝箱

ブログもご覧ください
60年代懐かしの宝箱

あの頃の切手収集

 60年代の切手ブームは社会的なものであって、気づくとその中にいた・・・という感じがあります。ファンであるか・・・は、カタログを持っているか、ストックブックを持っているか、専用のピンセットを持っているかがあったと思います。 




 たぶん1963年のカタログを従兄から貰ったと思います。当時小学3年。切手には価格がある、それは額面と違う、価値というもの。子供心に凄いぞと思いました。1964年からはカタログを自分で買ったのでしょうか。掲示した1965年のカタログは定価70円です。子供たちの月のお小遣いは100〜300円と言った頃でしょうか。

 

 カタログの中身を見ると、まだ白黒なんですね。1965年版は1964年10月の発行のため、まだ1964年発行の切手の価値は記載されていません。
 巻末には1964年10月〜1965年3月の切手発行予定が記載されています。



 僕らのあこがれは「月に雁」。このカタログには未使用で3000円となっています。当時価格の上がった切手趣味週間や国際文通週間の記念切手は人気がありました。今でも当時のストックブックは残っています。お見せしましょう。当時を御存知の方には懐かしいですね。




1964グリコのキャンペーンから

 60年代の切手ブームと言えば、記念切手発売日に郵便局に列ができるほどで、週刊誌などの切
手高騰の話題が火をつけた。確かに10円そこそこの額面の切手が何千円、何万円になる訳です
から。少年雑誌のプレゼントコーナーや通信販売にも「切手」があらわれ、グリコや調味料「ハイミ
ー」には実際に切手が景品として入ったし、文具店でもつるしで古切手をうった。僕たち小学生も、
ストックブック、ピンセット、カタログという切手収集の3種神器を手に友達とうんちくを語ったもので
ある。
 当然切手の発売日は平日であるので、親たちが買っていたのだろう。オリンピックには開催の記
念切手の他に、事前に寄付金付きで売ったものがあり、このあたりから切手はなじみ深いものに
なっていった。
 たしか1963年頃だと思う。当時の趣味週間、文通週間の切手は特に高価で、「月に雁」「見返り
美人」などは高嶺の花でしたが。

 これは「60年代の謎」としてもともととありげようと思っていたところなのですが、切手にかかわる
景品のたぐい。
 グリコは直接世界の切手が入っていたと思っていましたが、それだけではなかったようです。画
像の切手カタログは江崎グリコが作ったもので1964年版、Vol.1。名前も「ぼくらの世界切手カタロ
グ」となっております。当時このカタログを入手した自分は大変懐かしいのですが、どうやって入手
したのかが記憶にありません。

 そして表2より明らかなようにグリコに入っていた「とりかえ券」で引き換えられる切手を収録した
のがこのカタログであった訳です。
 このほかに、先にありました、1)そのまま切手が入っている場合、2)日本切手とりかえ券、3)切
手関連グッズの貰える「切手サービス券」もあったようです。

 カタログの内容をみてみると、まずお説教があり切手は値段で集めるものではなく、世界の文化
を知るものとあります。確かにこのカタログには僕たちの興味のあった日本切手はたった2ページ
だけ、それもすべて使用済みの切手でありました。
 そして外国切手も、ソ連、中国、チェコ、ポーランド、ハンガリーと言った国ばかり。さらに調べる
と北ベトナム、モンゴル、ブルガリア、東ドイツ、よくも珍しいところを集めたりという感じです。
 このカタログを手にした時の落胆は大きく、今でも覚えております。当時僕らの興味の外国と言え
ばやはりアメリカ、イギリス、フランスと言ったところだったでしょう。
 その中で宇宙切手の絵柄は楽しく、特に「パンダ」という動物を知ったのもこのカタログでした。

 自分の場合、切手ブームは親戚、従兄弟からやってきて、小学校の友人や雑誌で増幅されまし
た。いつしか、友達の間のブームも去り。カタログを見ても一向に後から買った切手は上がらない
という当然の現象で、大人たちの興味が去ると、僕らの手に残ったのストックブックと景品に付い
た珍しい外国の切手でした。今でも子供の頃切手を集めていた・・・と聞くと何かほろ苦い思い出が
浮かびます。
60年代の謎→少年雑誌での切手ブームの展開



■江崎グリコのキャンペーンについて 2007.4.21更新

 歴史あるグリコですが、1947年戦後復帰したグリコも、当時の統制経済においてお菓子は自由に販
売すことができず、食品玩具として販売されたとあります。統制が解除されると、菓子業界の競争は激
化。その中での差別化のためのキャンペーンが生まれます。

 以下その歴史を見てみましょう。

グリコのキャンペーン 内容
1950 オマケ付きグリコ 戦後初の復活
1951 グーチョキパーカード カード合わせに参入
1952 野球グリコ ベースボールカード封入。野球道具懸賞。
1956 幸運の小鳥さがし 町の小鳥店で交換
1957 切手キャンペーン 第1回の切手キャンペーン
1958 コインキャンペーン 切手につづく収集ブーム
1960 野球カード合わせ 野球盤が貰えた
1963 くっつきワッペン ワッペンも人気。不織布製か
1964 切手キャンペーン 第2回(今回の特集が該当)
1965 モデルレーシング レーシングカーが貰えた
1966 ビックリボール いわゆる「スーパーボール」
1966 おしゃべり九官鳥 女性も巻き込み人気に。原理はテレコ入り。
1966 アクロバットプレーン または外国切手1000枚、他に100枚など
1966 おつかいブル公キャンペーン 他に高級外国切手100枚など
1967 ワンパクブル公キャンペーン ワンパクとおつかいの違いは?
1967 せっかちオトボケキャンペーン 残念ながらキャラに記憶がないけれど
1971 絵合わせ懸賞禁止 公正取引き委員会

ということで1964年の切手キャンペーン以外でも切手が懸賞で使われていますが、いろいろなものが
他にもあったんですね。

 雑誌表4にきっとキャンペーンの広告があったのでしょう。プレゼントのシステムは当時応募された方
には記憶があるはずです。商品のキャラは鮮明に残っています。

▲おしゃべり九官鳥 ▲おつかいブル公

60年代後半は人気のキャラを作り、前半〜は野球盤やレーシングカーなど子供たちに人気の商品をキ
ャンペーンに使い、コインや切手などブームに同期するなど、宣伝担当の方々のご苦労が偲ばれます
が、もちろんプレゼント以外に、切手などのように実物が封入されるものや、グリコお得意のおまけもあ
った訳で、当時子供であった自分にはグリコと言えばキャラメル・チョコ(多くがアーモンドグリコ)の美味
しいお菓子と並んで、いろいろな魅力がありました。さらにグリコでは、「鉄人28号」「遊星少年パピィ」な
どテレビアニメの番組スポンサーとして、キャラクターを乗せた商品などもあり、まさに60年代の子供文
化を創ったと言っても過言ではありません。

60年代 懐かしの宝箱

ブログもご覧ください


トップへ
トップへ
戻る
戻る