懐かしのマンガ作品
60年代 懐かしの宝箱

ブログもご覧ください

60年代世代にとってマンガは漫画であって、それは
アニメとはまた違った紙の上でのものがたりです。
しかし、動画化されて、TV放送されたものも多いですね。
そして、実写ドラマや人形劇、映画化されたものもあります。
ここでは雑誌連載などでのお話を展開しましよう。

TV番組などは番組表で既出ですが、
そちらもどうぞ。
できれば、TV番組はまた展開したいと思ってます。

ブログもご覧ください

2008.1.18再更新

60年代のマンガ・アニメ


 
1960年 昭和35年 石森章太郎「幽霊船」
東映動画「西遊記」
*戦記漫画隆盛
1961年 昭和36年 ちばてつや「ちかいの魔球」(少年マガジン)
横山光輝「伊賀の影丸」(少年サンデー)
白土三平「サスケ」
東映動画「安寿と厨子王」
1962年 昭和37年 関谷ひさし「ストップにいちゃん」(少年)
赤塚不二夫「おそ松くん」(少年サンデー)
白土三平「忍者武芸帳」完結
「少年クラブ」「少女クラブ」休刊
*月刊誌から週刊誌へ転換
1963年 昭和38年 少女ブック休刊
週刊少女漫画「マーガレット」創刊
「週刊少女フレンド」創刊
桑田次郎「エイトマン」(少年マガジン)
ちばてつや「紫電改のタカ」(少年マガジン)
週刊少年雑誌「少年キング」創刊
「0戦ハヤト」「忍者部隊月光」
*テレビで漫画動画ブーム
1964年 昭和39年 森田拳次「丸出だめ夫」(少年マガジン)
藤子不二雄「オバケのQ太郎」(少年サンデー)
石森章太郎「サイボーグ009」(少年キング)
漫画雑誌「ガロ」創刊
*ワッペンなどキャラクターものはやる。
1965年 昭和40年 サトウサンペイ「フジ三太郎」(朝日新聞)
ちばてつや「ハリスの旋風」(少年マガジン)
水木しげる「墓場の鬼太郎」
梅図かずお「めこ目少女」(少女フレンド)
水木しげる「墓場の鬼太郎」(少年マガジン)
国産初のカラーアニメ「ジャングル大帝」放送
*大学生に漫画が話題に。怪奇もの、ギャグもの人気に。
1966年 昭和41年 長谷川町子「意地悪ばあさん」(サンデー毎日)
川崎のぼる「巨人の星」(少年マガジン)
*藤子不二雄の「オバQ」が人気
1967年 昭和42年 COM創刊
 手塚治虫「火の鳥」、石森章太郎「ジュン」
「週刊マンガアクション創刊」
 モンキーパンチ「ルパン三世」
川崎のぼる「いなかっぺ大将」(小学5年生)
赤塚不二夫「天才バカボン」(少年マガジン)
*漫画・映画・テレビが一体化。サラリーマン漫画人気。
1968年 昭和43年 ちばてつや「あしたのジョー」(少年マガジン)
浦賀千賀子「アタックNo.1」(マーガレット)
「月刊ビッグコミック」創刊
 石森章太郎「佐武と市捕物控」
望月あきら「サインはV」(少女フレンド)
「少年ジャンプ」創刊
 永井豪「ハレンチ学園」
つげ義春「ねじ式」(ガロ)
虫プロアニメドラマ「千夜一夜物語」
1969年 昭和44年 さいとうたかお「ゴルゴ13」(ビッグコミック)
「おくさまは18歳」
「少年チャンピオン」創刊
アニメラマ「クレオパトラ」



懐かしいマンガについて。


60年代の紙ベース?マンガとしては少年週刊誌3誌(マガジン・サンデー・キング)
少年画報、少年、冒険王など月刊誌での連載、小学○年生など学年誌での連載、
貸本や、月刊・週刊から飛び出したものなどがありました。

自分自身のマンガの時代が60年代でも1961〜1966年頃であるので、
前に少し偏っていると思いますし、紙ベースと言いながら、
テレビ番組との連携で形成された部分も大きいと思います、。
今思うとこの時代はTVの影響は大きく、
過去を語ってもテレビと雑誌がごっちゃ状態になる・・・そういうもののようです。




<60年代のマンガ作品たち>


鉄腕アトム 月刊「少年」連載 手塚治虫  放送

 1952年から連載され、1963年にはテレビアニメされ、知らない人はいない作品です。その前身には「アトム大使」とい
う作品があったこと、テレビで実写ドラマ化されたこと、テレビアニメではその人気、影響力から問題視されたこと、何よ
り手塚治虫の代表作であることなど、話題は豊富です。
 特に自分としては、後年NHKが特集番組を作りリクエストに応えたことは、当時を知るものとしてはまさに隔世の感が
ある訳です。
 ストーリーは人間型ロボットが珍しくなくなった21世紀(昔は本当に未来と言う響きがあったのです。)、科学長官で天
才の天馬博士の一人息子トビオが交通事故死して、その悲しみから科学省の力の粋を集めアトムを作るのですが、育
たないことから、アトムはサーカスに売られてショーをするロボットに。お茶の水博士に救われ、家族である父母や妹の
ウランなどのロボットを作って貰い小学校へ通う、一方で世界の平和のため悪のために戦うといおなじみのストーリー
でした。
 このアトムに手塚治虫氏がこめた思いには自分なりに思うところがあります。特にアニメ版の最終回、ロボットと人間
というテーマは良く言われるところですが、自分は生命とは何なのか・・・という思いがしてならないのです。
 生命を持たないはずのアトムが最終回には地球を救うために太陽に突入します。
もちろん、ロボットであるアトムを再生することはできるはずですし、機械は消耗し壊れるけれど、人間のような死はな
いはず。多くはロボットの自己犠牲などなる訳ですが。
 しかしその時、我々はアトムの最後に、ロボットとか人間とかでなく、思い出こそが生命であって、その記憶こそが生
きているということだと知るのではないでしょうか。残念ながらこうした大きなテーマが語られることないのは何故なの
か・・・最終回がテーマとなったこと、手塚治虫の作品や生涯が語られてもこうしたアトムの最終回に対する解釈を聞い
たことはあまりありません、
 別にアトムというロボットでなく、人間を考えても、記憶や思い出で同じことが言える、手塚さんのメンタリティーはこの
人気のアトムに最後の場を与えることで、この物語を完成していると自分は思っています。
 アニメ版の印象をリアルタイムに感じたものとして、少年の連載は全く別のものがあり、TVでは感ずることの出来なか
った作者の丁寧な作画、コマ割りなど、冷静に純粋なマンガとして見られたのも、あの時期だったからと思っています。


 今、最終回を見てみると、この1回にいくつものストーリーが入っていること、進行も間も忙しく、せりふも早口で落ち着
きのない感じです。最終回に多くを盛り込み、とにかくお話を終わりにしなければならなかったということです。


 1966年12月31日、そう、大晦日の最終回は、
ビルの谷間の20世紀風のひげおやじのおんぼろ家から始まります。当時の自分はそれだけでいつも違うと思いまし
た。そして地球高温化での人間たちの宇宙への脱出、ストーリーは一切の疑問や躊躇をはさむことなく進んで行きま
す。過去のエピソードを拾ったアトムの活躍も今見れば目が行きますが畳み掛ける進行はそれさえ当時の記憶にあり
ません。そして地球に残されたロボットたちとサイボーグであるナポリタンとの戦い。すべては結末向かうために、アトム
は大統領に選ばれ、ナポリタンからは太陽の黒点を抑える爆弾をゆだねられる。そして、それを弾頭としたミサイルは
流星に阻まれ、アトムが誘導して太陽に突入することになる。
 なぜ、どうしての隙もなく、たたみかけるように。そしてアトムがどうなるのか?さえ暗示させることなく、正常化した太
陽。お茶ノ水博士が、この台からは第2、第3のアトムが生まれることじゃろう・・・

 あの時のボクは、「そんなのないよ、そこから生まれるアトムは僕らといままでやってきたアトムじゃない・・・」
いったい今までは何だったのか・・・心に大きな空洞のあいた1966年の最後の日だった。

 ほかに方法はなかったのだろうか、アトムは本当に犠牲にならないといけなかったのだろうか・・・

 そのとき思った、命のないはずのアトム、機械であったはずのアトム。育つことのない、終わりのないはず、そのアト
ムにも終わりがあったこと。

 でも、やはりアトムは「死んだ」、死は終わりであり、無であること。
 「生きた」ということはなにより僕らの心に残った記憶であり、思い出なのだと。

 第2、第3のアトムが全く同じ形をしていても、たとえ同じように地球のためにまた戦ってくれたとしても、僕らが見て、
応援し、活躍したいっしょに時を過ごしたアトムではない。アトムはやはり僕らの心の中に記憶として生き続けているん
だ。

 そこまでは読み過ぎだと言う人もいる。しかしそれならこれだけ忙しいストーリー中で、サイボーグであるはずのナポリ
タンは実は単なるロボットであった・・・と言う落ちまで入れる必要があったのは、やはり手塚さんはアトムの最後を利用
して人間、意識や生命というものについて投げかけたかったのだと思う。

 手塚さんは最終回を迎えるにあたって、子供たちにとっても、アトムはもう単なるロボット=機械ではないこと知ってい
たし、無くなってしまうこと=死と、思い出という「生」を子供たちに与えたのだと思う。

 それを乗り越え上で、第2、第3のアトムは生まれ、また活躍をし、我々の日々はこれまでのように輝いて行くというこ
とで「さよなら」をしたかったのだと思う。

 手塚さんはいろいろなことを考えさせてくれた。見かけや計算ではなく、大切にしなければいけないことを教えてくれ
た。

 そうやって、アトムのいない1967年の正月は当然のことながらやってきた。

僕らの心には「アトム」のことがいつまでも残った、
アトムがいなくなったことで塞ぎこむこともなく
みんな大人になった。



鉄人28号 月刊「少年」連載 横山光輝

 1956年から連載され、実写ドラマ化、またアニメ化がされています。横山氏には学年誌連載した「鉄のサムソン」など
のロボットものが有り、動き優先のアニメと違った雰囲気のあるメカ感が連載にはありました。
 第二次世界大戦中に日本軍が開発した秘密兵器・・・27号までが失敗し28号で成功した・・・
この旧日本軍のというのは50年代、60年代のマンガや物語には沢山存在する設定です。それにしても操縦器が奪わ
れたりで鉄人が敵になったり見方になったり。正太郎が子供ながらに・・・というのは当時まで多いパターンです。
 TVアニメは、最初の何回か以外はほとんど見ていません。というのも、母親からロボットものは「鉄腕アトム」か「鉄人
28号」かどちらか1つにしろ・・・と迫られたためです。連続ではなく1回構成で、1話一話が変化に富んだ「鉄腕アトム」を
TVとして選んだため、鉄人はマンガを借りて見るしかありませんでした。当時、少年月刊誌を買って貰える子は自分の
周りではそう多くいませんでした。だから友人に借りても読めるのはまだ良いほうだったと思います。
 鉄人28号は操縦器の操作で動くという設定で、動きに無機質な部分もありましたし、TVでの戦闘シーンのメカ表現な
ども、子供が見ても粗かったというところもあったと思います。

 <追加更新>2009.1.25
 鉄人の物語としては、正義対悪、章太郎たち対悪党、章太郎たち対怪ロボットという形をとっていますが、その戦闘の
多くは操縦器で制御される鉄人28号が問題を解決してくれます。二十数話以降に登場するロボットの首領「ロビー」は
知識感情を持ったロボットで、以後映画・SFで登場したテーマを僕らに見せつけました。そのあっけない最後と、それま
での言いようのない気味悪さずる賢こさはあまりに対照的でした。自分はこの一連の回を最後に鉄人の放送を見られ
なくなったのですが、思い出深いものがあります。



エイトマン 週刊「少年マガジン」連載

 1963年はTVアニメの誕生の年で、それもいずれもSF作品でありました。「鉄腕アトム」「鉄人28号」に引き続き、11月
に放送を開始したのがエイトマンでした。「少年マガジン」ではその年の春から「8マン」連載を開始していましたが、他
の作品とは違うこと細かい設定がありました。余談になりますが、僕らは連載が始まったとき、エイトマンを本当に「はち
まん」だと思っていたのでした。
 他とは大きく違うのはSF界では著名な平井和正が原作を担当しており、アトムや鉄人とは明らかにことなるSF感があ
りました。平井は自ら脚本を書くとともに、友人であった豊田有恒 や半村良を巻き込むなど、今となってはSFでは著名
なメンバーで固められていたことが、この作品がSF的大人びた作品になった理由で、超能力など用語や考え方も登場
しています。
 設定としては、鉄人はコントロール型の人間が操作するロボットで有り、アトムは人工頭脳を持った自立型のロボッ
ト、そしてエイトマンはサイボーグであって、ロボットながら亡くなった東八郎の記憶を持っているということでした。
 1963年という年がらか、走る速さは300km/時(一部に3000Km/時とも)で、翌年開業の新幹線(当時はよく「夢の
超特急」と呼んでいました)を超える速度を持っていました。テレビアニメのオープニングで、エイトマンが新幹線を追い
抜くシーンは皆さんも記憶に鮮明でしょう。
 そして、動体視力・敏捷性に優れており、打たれた拳銃の弾をつかんでしまう・・・のちに映画「マトリックス」の弾避け
のシーンを見た時、自分はエイトマンを思い出しました。
 エイトマンはそれまでのとにかく馬鹿力のロボットに比べるとしなやかで敏捷であったところは大きな特徴です。体は
ハイマンガンスチールという軽くて強い特殊合金で作られており・・・と言った設定など。
 当時はロボットであるという作品も、後年平井自身がサイボーグであったことを認めているし、エイトマン自身が作品
の中で、ハイブリッドである自分に苦しむと言った部分もあります。以後のSF映画作品で、サイボーグは必ずと言って
ほど、この葛藤に苦しむシーンがあります。(たとえばロボコップなど)
 少年マガジンの巻頭図解でも、「エイトマンの秘密」と題して何回も特集された記憶が有り、その中でも紹介されてい
ますが、「変身」能力は、ストーリーの面白さを格段に強化しています。
 そして、「強化剤」。この必要性はいろいろな説明がされていますが、唯一の欠点であるこの「たばこ」が物語の起伏
を作っていることは間違いありません。
 作画は、月光仮面で有名であった桑田次郎で、原作平井和正との組み合わせで、今思えば、ヒットは約束されていた
感じもします。しかし、桑田次郎が銃刀法違反で逮捕されたため、放送・連載とも急遽打ち切りとなったショックは忘れ
られません。打ち切りとなった魔人コズマについては、後年平井和正が小説化をしましたが、桑田次郎も復刻版でその
終わりを表現したのは1990年のことでした。
 当時気にしていませんでしたが、東京地区の放映はTBSですので6番で、原作では8人目の刑事として8マンであった
ところが8→エイトとしたという話もあります。
 エイトマンで思い出深いのは、丸美屋のふりかけのおまけについていたエイトマンシールです。当時、自分には「のり
たま」は高級ふりかけで、シールがほしくても簡単にねだれるものではありませんでした。

2009.1.18更新

 エイトマンは、ロボットもの中でも特に大きな人気を持っています。それは設定も絵柄も、それまでのロボットものと大
きく違います。それは、すでに書いたように原作設定がしっかりしていることでしょう。そして、自我を持ったロボットで有
り、対抗的なメカや技術も良く考えられたところはもちろん、ロボットであることの苦悩、強化剤を吸わなければならない
と言った弱点も背負っていて、単なるスーパーメカによる完全ものでないところはストーリーを大変面白くしています。そ
してSF近未来ものでありながら、娯楽の古典である密やかなヒーローであって、これは仮面もの全盛の頃に使い尽くさ
れたところです。しかし見るものを引き込み、参加させる(見る側を内幕を知っている)ものです。そういった意味でエイ
トマンには以後のSFのいろいろなものが盛り込み仕込まれていたといえると思います。しかし当時の自分たちはそんな
難しい分析はすることもなく、とにかく、エイトマンの始まる夜6時までには、どんなことがあっても飛んで家に帰った・・・
だからこそ急な最終回には納得できないものがあった訳で。
 あの当時、急激にテレビアニメの浸透と、マンガ雑誌の週刊化は時代のテンポは早くなった訳であり、エイトマンの不
可解な最終回の傷心もすぐに忘れてしまったのです。

2009.1.31更新

 
黒沢哲哉氏の著書には「漫画にもアニメにも強化剤の必要な理由は書いていない・・・恐らくサイボーグとして生体と機
械の拒絶反応を抑える免疫抑制・・・」とあるが、実際には過去より書かれており、小型原子炉の冷却剤なのです。

 
少年マガジンの巻頭図解特集から。当時から漫画と図解の顔のギャップの違和感が気になった。

伊賀の影丸 週刊「少年サンデー」連載

 木の葉返し、いったいどんな技であったかは、自分としては最後までなぞでした。(どうも木の葉にはしびれ薬が塗っ
てある木の葉が舞ってしびれさせる・・・という技ではと思います)
テレビの人形劇では渦巻き状の映像演出がされておりました。
 いくつかのシリーズのストーリーがありますが、基本はレスラーチームの対抗戦のようでした。それぞれ、自分の技で
戦って行く。マンガの冒頭にはやられた忍者には×が付いて行く。そして最後に影丸が生き残る。「村雨兄弟」のシリー
ズなどでありました。確かこの兄弟は毒に強い。そうした隠し技がある・・・使う技はある程度忍者の名前で分かったりと
か・・・
 
 そんなパターン化された進行の中で僕らは毎週どきどきしていたと思います。
子供心に印象的なのは、影丸が相手の術に嵌らないように、自分の足を刀で切る、神経がその傷みで集中するので、
相手の術に嵌らない・・・幼心に「なるほど」と思ったしだいです。これは大きな教訓となりました。

 テレビは隠密剣士に、赤影に忍者は登場しましたが、影丸は直向な忍者であって、しかし自分にとってはマンガから
は影丸は年齢不詳のところがありました。怪しい敵忍者が多い中では、決定技の「木の葉がくれ」があったものの先制
的な速攻技であったように思えないのは私だけでしょうか。

2009.1.25更新

 忍者マンガでは白土三平の「忍者武芸帳」が先行したのですが(1959-1962)、それが「影丸伝」であったことを良く覚
えていない自分としては、やはりこの「伊賀の影丸」で忍者ものブームを体感したのだと思います。たしかに、隠密剣士
でも霧のとんべいさんという忍者は出てきますが、主人公が忍者という位置づけされたところが大切なところだったので
しょう。しかし、この「影丸」が数多い横山光輝作品の中でも初の少年週刊まんが雑誌の連載作品であったことを知っ
たのは後年のことです。確かに月刊の学年誌で「鉄のサムソン」を連載しているのですが、同じ人の作品という意識は
当時全くありませんでした。

2009.1.31更新


スーパージェッター  週刊「少年サンデー」連載

 雑誌からアニメ化されたマンガが多い中、スーパージェッターはテレビ企画から生まれたマンガであった・・・と自覚で
きたのは後年のことです。サンデーの連載も人気があったと思います。今では多いタイムトリップものですが、未来から
やってきて、タイムストッパーを使って30秒ながら時間を止める。マシンは柔らかい体型の流星号は、音声で呼べ、マッ
ハ15で飛べる訳で。さすが未来ものだけにいろいろな設定やアイテムが出て参りました。
 出てきた女の子は、「カオル」でベレー帽をかぶった記者というところなどはそれまでのマンガにはあまりなかったよう
に思います。
 30世紀の未来からジェッターでしたが、普通未来が21世紀という当時の時の流れからは圧倒的な未来でした。だか
ら、どんな未来メカも不思議はありません。しかし、現世の人間が創造できる未来は知れている感じもします。
 後年カラー作品に出会いますが、本来この作品は白黒であって、追って選ばれた26話分がカラー化され、今日に至ってます。再放送でカラー放送となったとしている資料もありますが、実際に本放送の後半をカラーで当時ご覧になったという方からの御報告をこのホームページにいただきました。


 放送時期に関してはいくとおりかの記載があるようです。回数的には初回52話までとするか、ほぼ引き続き放送されたカラー化リメイクの放送を含むかによる違いなのかもしれません。

2014.5.1更新

W3 週刊「少年サンデー」連載

 掲載雑誌が連載初頭で変わったのは有名。不明する説もあるがマガジンに掲載されたソランのチャッピーのリスが
影響したともいう。サンデーでは設定が見直されて掲載された。
ストーリーは今ではおなじみ異星人による審判もの。手塚作品はもともと聖書などの影響を受けたものも多く、不思議
はないが、TV方法のアニメに持ってきたことは手塚治虫らしい。なぜ動物なのかは最後の回であきらかになる。よく話
題となる話で相川欣也が声をやっているが、馬かカモか?うさぎ(白石冬美)でないことは明らか。
マンガの最終話を読んでいないが、微妙に違うらしい。タイヤ型ののりもの、主人公の名前の星真一など話題の多い
作品である。


オバケのQ太郎 週刊「少年サンデー」連載

 60年代前半の「少年マガジン」全盛の中、「少年サンデー」もギャグ漫画など楽しさを追求した作品で争った。その代
表作品である。(もう1つ上げるなら、おそ松くん)
 それまで、お化けといえば怖いものであったが、Qちゃんは消えることはできても犬は怖くて弱いという変わり者。最初
は姿形も愛嬌なかったが、毛が3本の姿になって人気になった。当時の小学生は多くがノート余白にQちゃんの絵を描
いた。登場人物もラーメン好きの小池さんや、妹のP子、アメリカのお化けのドドンパ(変身が得意)など楽しい仲間が
登場した。ドラえもんのようにスーパーアイテムは登場しなかったが、不思議とストーリーは展開し、最後は甘酸っぱく
現実的なるものが多かった。


サブマリン707  週刊「少年サンデー」連載

 線は丸みはありながらも精密な画と設定は、他を抜いており、舞台は海洋というところも独自の世界でした。戦記など
を読むと、潜水艦戦とは大変苦労・苦悩の世界で、海軍でも出世とは縁が遠いと言われ、そんなことも後年の知識なの
です。そのくらい少年たちにはカッコー良かった。そして、武器や戦略コラムも、このマンガが一歩大人の世界だったと
ころです。ソナーや魚雷、そして爆雷などの知識はこのマンガから貰ったのでは。中には架空のものもあって、これは
現実にはありませんという注記もありました。潜水艦707号に搭載されたジュニアと呼ばれる小型潜水艇はプラモデル
になり(黄色だった)、これは少年たちの格好のアイテムとなりました。当時このマンガを描いていた小沢さとるについて
は詳細は知りませんでしたが、後年専業の作家でなかったことを知り改めて驚いたしだい。テレビ化のうわさもありまし
たが。


ちかいの魔球 週刊「少年マガジン」連載

 「少年マガジン」はもともとスポーツものが得意であった。サンデーで思い浮かぶのは「スポーツマン金太郎」ぐらいで
ある。
 野球ものと言えば「巨人の星」の名が上がるが、ちばてつやのこの作品はその原点になったという人もあるようだ。
60年代 懐かしの宝箱

ブログもご覧ください

トップへ
トップへ
戻る
戻る