0年代 懐かしの宝箱

ブログもご覧ください

60年代 楽しい夏休みの研究

また、夏休みがやってきました!

2018.7作成 2018.8更新

夏休みのドリルの項で真実が判りました(2018.8)

夏休みのラジオ体操の会
 カードに出席の印が並ぶとノートが貰えた・・・♪新しい朝が来る〜・・・あの曲とともに始った夏やすみには欠かせない行事。戦前からあったという夏のラジオ体操も戦後の中止期をはさみ、再開したのは1953年と言いますから、自分が小学校に入ってやった夏休みのラジオ体操も再開まだ8年後のことだったことになります。場所は近くの児童公園、役員の大人がしきっていたと思う。ラジオはトランジスタ・ラジオが鳴っていたのでしょうか。

 画像は東京港区白金(当時の芝白金三光町)、1960年頃のもの。板塀は自分が住んだ家なのですが、まだ住む前のものです。2017年、このサイトをご覧になったこの港区で住んだ家の大屋さんの息子さんからご連絡をいただき提供いただいたものです。まるでタイムマシンに乗って過去を見るようです。


 夏休み研究と夏休みのページ              2017.8更新  

 すでに、いくつものページで雑多に展開され、様々な断片が示されています。

 60年代はじめ、小学生であった自分にとって、40日の長い休みに対して入って来る情報はそう多いものではありませんでしたが、それも年々、急激に増えていった感じがします。

  
●60年代初頭、高度成長とともに子供たちの生活情報も変化した

 月刊誌や学年誌が中心であった1960年代のはじめ、1962年ころになると少年サンデーや少年マガジンが子供たち生活に馴染んできました。40日の休みに2回しか刊行されなかった月刊誌よりは週刊誌のほうが当然情報は細かくなり、夏休みの情報もあったことは他ページにもあるところです。
 長い夏休みに楽しかったのは学研の科学や学習でしょう。漫画本と違い内容も難しいものだったですが平素消化不良であったところは休みに読んだり、やり残した付録の遊びもできるのが夏休みでした。

●夏休み楽しかった学研の科学とポケット図鑑
  
 学研の科学の付録の中で伝説的なものに岩石鉱物セットがあります。付録の生産で山が平になった・・真偽のほどは判りませんが。岩石に比べると鉱物はそうどこにでもあるものではないので、学校の図書館の禁退出図鑑、保育社の図鑑で見て学ぶというところでした。もちろん家に図鑑はありましたがそれはポケット図鑑というものでした。植物や昆虫、魚などのものでした。

  

 当時は図鑑の画ばかりに心が動いてあまり気付かなかったのですがこれらは「採集」に視点が置かれており白黒ページでは採集の方法について記載されています。画像は高学年用で、1965年か6年ころ、小学校5年か6年頃、買って貰っています。これに対し、低学年用には横版の図鑑が出ていたと思います。
 昆虫採集は昆虫を取る難しさが有り、また取ってからの標本作りの難しさもありました、その点岩石は拾うのですか、それは場所とチャンス次第でした。
 しかし、そのチャンスはなかなかない、家族旅行に行ってもなかなか良い石を拾うようなタイミングはありませんでした。1963年頃、夏の家族旅行で日光に行った際、土産もの屋で鉱物標本を見た記憶があります。これは買ってもそのまま、夏休みの宿題として出す訳にも行かずねだることも出来ませんでした。
 当時最新で専門の情報があったのがデパートの教材売り場でした。ここには駄菓子屋や文具の昆虫採集セットなどよりずっと高度で本物の情報がありました。画像は1960年代、東京のデパートで販売していた「鉱物標本100種」の実物です、学校にあった教材よりは標本の大きさは小さくプライベートな感じのするものです。5×5の25個、4段の構成で一番下の段は周囲と接合され、そこから100種打ち分けの記載されたシートが蛇腹折りで出ています。岩石の和名、学名、標本の産地を書いたもので、いくつかは手で直されているものもあります。岩石の方には丸い番号シールが貼ってありこれと対応する形式です。この標本がデパートで販売されている頃はまだ活きた昆虫が売られるということもなく、そうした発想もなかったと思います。鉱物があるのだから、昆虫の標本が売られていてもおかしくはありません。しかし、昆虫採集や標本作成に必要な材料が試験管やビーカーなどとともに販売されていたと思います。これは近所の駄菓子屋にあった昆虫採集セットに入っていた注射器や小型の瓶とは違い子供の目で見ても本物だったと思います。科学の付録ではこうした教材ものにうまくプラスチック素材を採用して、学校教材とはまた違ったスマートさがありました。遊びが中心だったので本誌にどのくらい活用が出ていたか覚えていないのがお恥ずかしいところです。しかし今思うとふろくは商品なのでその最もおいしいところがアピールされ、活用までは触れていなかったようにも思います。学校の図書館へ行くと明らかに古い本でカビの実験や家庭内の材料で出来る実験を書いた本などもありました。こうした本は憎き禁退出でもないので家に借りて帰って、自宅を実験室に出来ましたが挿絵にしても時代ががかったもので、ギャップがあったものです。
  
 いつの時代もそうでしょうが、単なる石よりは宝石の方が綺麗で人気があるもので、子供たちの興味も当然そちらに行きます。個人的には石から金属が取れる不思議がありそれが鉱物で工業であるところで、夏休みの宿題の自由研究でやれば良いところでしょうが、当時の子供には今なら1,2時間でネット検索できることも40日間の休みでは出来ないところがあって夏休みの宿題枠を越えて自分なりの研究としてまとめ、担任に見せた記憶があります。しかしそれが手元に残らなかったとこ
ろは今となっても不思議なところです。


60年代 懐かしの宝箱

ブログもご覧ください
トップへ
トップへ
戻る
戻る