60年代 楽しい夏休み

好評の特集 本年も更新、新規ページです。 2016.夏

毎年おとずれる夏ですが子供の頃の60年代の夏休みには、また違ったものがあったようです。

最近実家の物置から当時のいろいろが出てきましたのでこれをもとに展開して参りましょう。

 60年代の夏休み計画表あれこれ

小学校1年1961年は、夏休みのドリルのはじめのページ、時計の文字板に針を描いて、
計画とする・・・というもので1日の計画をするものでしたが、

その後、画用紙にグラフと表を描き、1日と休み中の計画を決めたようです。

 
上は時間を帯状に表記したもの
これはいずれも、画用紙に描いていますが、ガリ版印刷されたものを貰い色鉛筆で彩色しています。
年度を特定する要素がありませんが1963年(小3)かと思っています。
夏休み前に計画を書き教師に見て貰っているのか、それもと夏休みの終わりなの検印があるものもあります。

棒グラフ状で開始点は線になるので部分としては「ねている」になり、「勉強」などは良いのですが何か理不尽なものを感じたことを思いました。つまり起床や就寝など瞬間は縦線なのですね。

ここでは「すいみん」、「勉強」などは色指定がされてまして、その他は自分で色を決めたようで、テレビは紫色になってます。遊びとテレビは違う位置付けであったことが解ります。縦書きに字は書いてますが、時間は左から右へで、年表などと同じ形ですね。



午前・午後別の円表示のタイプ。

右は旅行の計画から1964年と類推。(小4)

この頃起床が6時半ころとなっているものはラジオ体操を意識したもので(7時となっているものは
参加のない時)のようです。
小4は夏休みに転校をしていますので、どのあたりだったのか。
 
左は1965年でかなり細かい1日の採点がされています。
お手伝いの種類により加点される仕組み。提出は担任ではなく、家庭科の教師の承認印があります。

小学生時代は午前10時までを勉強時間にしており、以後がテレビとはっきり書かれたものがありますが、これは当時のNET(現テレビ朝日)のアニメ再放送(狼少年ケンなど)を見たものだと思います。

右は中学に入って1967年の計画表で、かなり細かい日程も組まれているようです。

この1967年には夏休みの反省なるプリントがあり(内容が恥ずかしいのと見た目絵柄が面白いものでもないので未掲載)、アンケート形式をとった40日間の自己反省を問ったもので長い休みをいかにきっちりやるかを教師が強いたものでしょう。

こうした資料を見ても、ただ長く暑かった夏休みしか思い出せないのは、当時は家にエアコンもなく、暑さに耐えた日々であって、その中に家族や子供会のイベントと、何よりテレビ番組が楽しみであったのではないかと思います。

<学校のプール>
小学1年の松本の小学校にはプールはなく、授業では近くの市営プールに行っていましたが、夏休みに行った記憶が残っていません。
小学2〜4年の都内港区の学校では校庭にプールがあって、夏休みに行っていました。学年毎ではなかったのか自分より下の学年がいて着替えはいつもと違って図工室だった記憶が鮮明です。
小学4〜6年の都下の学校にはプールはなく近くの小学校に借りに行きました。夏休みも行ったのか記憶がありません。
中学は休み中何回以上出席というノルマがあり、水泳が不得意な生徒であった自分は後半まで行かず、達成できたのか記憶がありません。中学は遠かったので、プール後の冷えた体も家に着く頃には熱くなり、火照ったからだには疲労感と脱力感がいっぱいであった記憶があります。
 
夏休みの宿題

定番としては夏休みの学習帳(ドリル)、低学年(1960年代初頭)では絵日記、工作、高学年(1960年代半ば)は作文と絵画、どの学年であったか読書感想文、自由研究が追加されました。
当時の夏休み学習帳から見る1960年代の夏休み


 1960年代の夏休みを思い起こす時・・・

 1960年代当時の「夏休みのドリル」を今見てると当時の思い出はもちろんなのですが、当時の時代も見えてくるような感じがしてきます。

1961年の夏休み 小学1年の学習帳・ドリル
 当時長野県松本市の小学校に通っていました。夏休みの学習帳は全く覚えていませんでしたが2冊あったんですね。
 すっかり忘れていました。右は一般的な既成のドリルで40頁の構成ですが、左側は学校で作られたものでしょうか、漢字の練習や算数の計算、そして絵日記の内容で、表紙は自分で絵を描くようになっています。この絵が何をしているところなのかは中を読んでみて、後で解りました。

    

 まずドリルからですが、巻頭に「たのしいなつやすみ」というこれから経験するいろいろが描かれています。
いかにも60年代初頭を感じさせる調子の絵です。このドリルは信濃教育会編とあるように、長野にローカライズされた内容になっているようです。(たなばたの絵があります。都会ではたなばたは休み前の行事)

   

 この地域は旧暦で行われたようで、七夕の絵柄から解りますが、当時なら中央の絵は「きもだめし」かと思ったでしょう、お盆のお墓参り、生まれが長野でなく、お墓はありませんでしたので、ぴんとこなかったと思います。やりたいことで1学期の作品の整理はどう考えても、教師が見ることを意識した内容でしょう。
 担任教師のデータ検印があり、日付は夏休みの始まる前日です。

   

 夏休みは7/23にはじまり、8/17まで、翌年東京の小学校に転校して夏休みがもっと長いものであることを知りました。調べてみると1961年7/23は日曜日で、8/17は木曜日、このドリルの検印は8/19が押されています。それにしてもこの記録によれば天気(その日の朝9時)は1日も雨の日はなかったようで、記憶にもとにかく暑い日々が続きました。8/13からは故郷である神奈川小田原の親戚の家に行ったようで、親の文字が書かれています。

   

 夏休みになれば計画表を作っていた記憶がありますが、まだ小学1年ではこうしたドリルに時間を書き込む程度だったということになります。6時20分に起床はラジオ体操に行くため、就寝は20時30分と早いものだったようです。

  8月17日の頁には「なつやすみのおはなし」と題して楽しかった夏休みの思い出を書くようになっていますが8月13日に小田原の親戚のところへ行き、浜で花火を見たことがかかれています。
 このように、うまく夏休みのイベントがあってくれると子供たちにとっても絵日記の材料となり助かります。

 さて「なつやすみのおけいこ」の中では日にちが指定されて絵日記のページがあります。

    

 友達の家の庭でかぶとむしを捕ったことですが、竹の垣根や遠方に見える山々は当時を思い出すところです。友人の家には確かに庭の小さな池のほとりに柳の木があったと思います。

    

 8月9日はおまつりであったようです。「あおやまさま」ずっと忘れていました。

    
 毎日、ラジオ体操に行っていたのは近くの教会とあります。教会が近くにあったことも忘れていました。表紙の絵は同様のものだった訳です。壁にある十字架は当時も今もあまり変わっていないようです。
驚いたの変わっていないらしいことではなく、当時小学校1年であった自分が思った以上に観察して描いていたらしいことです。
    

50年後の現地です。教会の建物も立て直されているとは思いますが、どことなく風情も似ています。子供の視点からもその印象特徴を感じ描いたのかもしれません。

<ラジオ体操>
「あたらしい朝が来た〜♪」は懐かしい幼稚園時代の夏休みには無かったと思うので自分にとっては小学1年1961年が最初だったのでしょう。ラジオ体操の歴史は1928年にはじまるというのですが、早起きして朝集まるこの行事は定着したはずのものですが、自分には新しく、しかし今ではこうして昔の絵日記に残り、思い出すところです。このラジオ体操というのは学校がある時より早く起きて食事もせず、顔も洗わず朦朧として参加したことくらいで、予定表にもあるとおり、夏休みの最後で小田原の親戚のところへ行っていますので、出席カードを埋めて何かが貰えたということもないのであります。それが深くいろいろを覚えていない原因なのかもしれません。
ラジオ体操の出席カードが現存しない理由もよくわからないのですが、カンポが作り配布していたようです。
転校して、東京港区で夏休みにラジオ体操した記憶はなくその後三鷹に転居してかすかにやった記憶があります。このときも賞品も貰った記憶がないのですが、近所の知らないおじさん・おばさんが世話役をしていたこと、近くの児童公園にトランジスタラジオを持ちこんでやったのでしょうが、音が小さくほとんど聞こえなかったこと、同級生など知った顔の参加がまるでなく、コミュニケーションとしても面白いものではなかった記憶があります。出欠を記録したはずのカードは手元になく、それはどこに行ったのか・・・

 *ラジオ体操は昔就職した会社の製品でラジオ体操を奏でるマシンでラジオ体操第1と第2で管轄のお役所が違って、版権の扱いが違うことなどを知った次第です。躍動的な「ラジオ体操第2」と言われることも多いですが、第一の運動が弱々強々というリズムならなら第二は強々弱々ということで何か動きに無理があり、いかにも後から第一とは違うように作ったため難しい・・・と個人的は勝手に思ってしまっているところがあります。子供の頃、第2の動作は難しく恥ずかしく照れながらやっている友人もおりました。

    
 
ドリルの最終ページは「あしたからがっこう」で持って行くものが書かれています。
 この翌日、登校すると作品を持って来なかったこと気づき、取りにもどろうとあわてて家に帰ろうとして(子供の足で30分かかると思う)、走って学校を出てすぐに通勤中の父に偶然会って、忘れた作品を学校に持ってきて貰うのですが、その後のことは全く記憶がありません。兄姉のいなかった自分は休みが終わった始業日に工作の作品を持って行くことを知らなかった・・・とずっと思っていましたが、結局、単に忘れたか、このページを見なかったのか。親もこのページにコメントを書いていますので見ていたはずなのですが。夏休み前、このドリルを渡された時に持って行くものは教師がきっと書かせたのでしょう。夏休み前はうかれてしまい、その後はすっかり遊んでそんなことも忘れていたのかもしれません。ところで作品ですが菓子の紙箱に穴をあけ、セロハンを貼った海底ジオラマ風の水族館だったのか?そんな感じがします。

 しかし、記憶や思い出とはそんないい加減なものなのかもしれません。


■1962年 小学校2年の夏休み学習帳(長野にて) 長野県松本から東京港区へ

 

夏休みのドリル2年(信濃教育会編)
最初のページは夏休みにしたいことを書くページ、したいことがなかったのではなく、それを書いていないのには理由があります。この夏休みに長野県松本から東京へ転校のため、このドリルは提出する必要がなかった
ことがあります。しかし・・・

 

次のカラーページはやっていまして・・・水遊びの注意、今読んでみるとなかなか楽しい内容となっています。その後のページには夏休みの計画と実際の記載です。長野県松本の小学校の夏休みは7/22-8/19だったようです。日付曜日の記入、実績は転校したので記載がありません。



 全部出来ていないのはなぜかな。海のない長野での出題、鉄道がSLであるのは60年代初頭だから・・。

■1962年 小学校2年の夏休み学習帳(東京にて)
さて同年1962年の、転校した東京小学校の夏休みの学習帳です。

 

1ページ目からカラーを駆使した夏休みらしいもの。

 

 夏に働くひとたちは長野の「さかなが手に入るまで」と似た社会科のテーマながらビジュアル化されたされた内容になっています。


2ページごとカラーと白黒のページが交互にありましたが、この東京の小学校で貰ったドリルに魅了されたのは言うまでもありません。

 

りかこうさくのページでは他ページの昆虫を切りとって、張る楽しいものです。
長野、東京のドリルの見比べると地域差というより時代の違いを感じますが、実際はこれが同じ年のものなのです。

====
>夏休みの学習帳
地域により「夏休みの友」など各種名前があるようですが、これは県別に制作されたもののようです。たしかに長野で貰ったものは長野なにがし出版社ですし、内容も長野に馴染んだものでした。

当時のドリルはだいたい40ページあったと思います。東京なら休みは40日でしたので、1日1ページという考え方だったのでしょう。日にちが印刷されていれば、その日にやるしかないのですが、空欄であればいつやるかは自由で、やり易い楽しいページから好きなだけやってしまうのが自分流でした。ですから開始から10日もたった7月の終わりにはだいたい最終ページまで行って、あとは単調でつまらないページを埋めて行く暑い夏の日々が続いて行くのであります。


 
東京の夏休みのドリルはもう1冊あってこちらは単色中心に2色が混じる淡々としたもの。そして絵日記も宿題としてあったようです。
 
表紙裏には描き方などアドバイスもあり、最初のページは東京への絵日記、これは引っ越しということなんですが。描かれているのはキハ58系によるアルプスのようです。
 
 交通博物館は東京に引っ越して神田に行ったということで、これは展示の丸の内線のようです。前のスイッチ操作で何かの機構が動作する模型でしょう。
==================================
 こちらが、1965年当時の交通博物館の姿を写した映画の様子。
 
子供たちの姿で手元は見えませんが、この場所を描いたものでしょう。しかし絵日記を持っていった記憶はないので家で日記は描いたのでしょうが、小学2年にしては細かい描写がされています。




 
そして小田原から従兄たちと箱根へ行った、のりもの好きはこの頃からのようでケーブルカーの絵。
おそして展望台からの双眼鏡の絵は、いかにもテレビドラマの影響を受けたような表現。
 1997年
金魚は縁日ではなく、移り住んだ東京港区の商店街で買ったもののようです。
http://mtomisan.my.coocan.jp/page105.html

長野県松本に幼稚園〜小学生で3年暮らした自分は引っ越した夏休みの間の様子が資料に残っていた訳ですが、まさにモノクロからカラーに変わるような情報変化があったようです。

====
<絵日記>
前出の日にち指定はネタ探しに苦労しますが、反面くだらないことでも書けてしまえば、夏休みの終わりに白いページを埋める苦労はなくなる安心感はありました。低学年では基本イベントを書くには文字数が足りず、自然と絵のウェイトが上がる傾向が個人的はありました。低学年ではクレヨンで描いていましたが、書いたあとはべとべとで色移りもあって困りますが、学年が上がると水彩+クレヨンとか、色鉛筆、張り絵などの絵画としての表現の工夫も見られます。


■1963年 小学校3年の夏休み学習帳
 

 昭和38年ともなるとカラーページはさらに強力となり、さいしゅう図鑑から始っています。
 
 このジオラマ風のドリルは地図のマークを切って貼る楽しいものです。こういうちまちました絵が小さい時から大好きで、見るだけでウキウキしたものです。架空の場所なのでしょうが、実景を想像したに違いありません。
 その隣は白黒ページのドリルですが、デパートのフロアー案内のような絵柄。当時、デパートは欲しいものいっぱいの天国のような場所だったので、これもウキウキしたでしょう。

 60年代初頭はテレビも新聞もまだ白黒の時代、雑誌も巻頭にカラーが少しあるかというころだけに、カラーページのドリルは学習を楽しくくれました。

<読書感想文>
青少年読書感想文コンクールの対象書籍が推奨されたという話ですが、学校の宿題では自由であったように思います。ですから付け焼刃的に書けるということで、短編もの好まれたと思います。またあらかじめ筋の解っている名作、偉人の伝記なども多かったのではないでしょうか。友人の話では、あとがきや、帯、始めと終わりを読んで想像するなどいろいろな対策があったようです。当時、国語の授業で得たテクニックを駆使し「主人公の○○は偉いと思います・・・とてもわたはし○○のように××はできません・・・」が基本パターン。

調べてみた当時の対象書籍は以下でしたが、記憶に残るのは「銀色ラッコのなみだ」くらいでしょうか。
1962年 村岡花子・編 小公女(世界名作絵文庫2)
河口慧海・著 チベット旅行記(世界ジュニア・ノンフィクション全集12)
ケストナー 飛ぶ教室(ケストナー少年文学全集4)
1963年 今西祐行・文 ねことオルガン(創作幼年童話)
久保雅勇・え
那須田稔・著 ぼくらの出航(長編少年少女小説)
ガガーリン、デューイ・著 地球は青かった(20世紀の記録)
テイラー・作 ジェイミーの冒険旅行
1964年 壺井栄・文 まあちゃんと子ねこ
鈴木寿雄・え
スタイルス・ガネット・作 エルマーのぼうけん
クリスマン・ガネット・え
村山定男・著 宇宙旅行の話
岡野薫子・著 銀色ラッコのなみだ
香川茂・著 南の浜にあつまれ
1965年 ゲルネット・著 カーチャと子わに
椋鳩十・著 太郎とクロ
リダ・著 くまのブウル
ケストナー・著 サーカスの小びと
山下喬子・著 ポールのあした
バーンフォード・著 三びき荒野を行く

<自由研究・工作>
 すでに本サイトの随所の書かれていると思います。残念ながら工作は現存しません。引っ越しなどで廃棄してしまったのでしょう。少年雑誌や学研の科学学習には宿題のアイデアが出ていましたが、そうしたものは夏休みが明けて、友人がやって来る可能性が見えていたので採用しませんでした。企画勝負で、あたりはずれは教師の目との戦いでしたが、多くは外れた感じがします。

自由研究とその評価
中学時代
「押し花:もっと綺麗に仕上げる子が同じクラスにいて差がついてしまいました
「天候と交通事故の関係」:毎日の天気と交番に掲示される人数との関係を考察しましたが両方とも毎日調べる必要もない・・・と見られてひどい点を貰いました。
「雑誌に出ていた電池復帰テクは正しいか」:雑誌少年に出ていた、食塩水を注入する方法、復帰はしませんでしたが延命しました。教師が意味が解らなかったのかこれと言った評価でしたが今考えればは負荷の掛け方と測定に精度がなく、あまり意味のないことをやっていました。
「スーパーヘテロダイン方式」:初歩のラジオの別冊を書きうつしただけでしたが分量も結構あったのでそれなりの評価でした。
小学生高学年時代
「金属のいろいろ調べ」:夏休みとか課題ではなく、勝手に調べて教師に見て貰ったもので、図書館の鉱物の図鑑など調べましたが、やった内容についてはなく、好きにやったことが評価されました。
「衣装の時代変化」:市の展覧会か何かに出す課題で、グループでやったものでしたが、ネタは百科事典で原始時代から十二単を経て現代にいたるもの、母がスケッチして旧友らと色を塗ったもの。夜遅くまで友人宅で楽しくやってひどく怒られました。展覧会の様子には記憶がありません。

>宿題の工作と顛末
小学生時代
「菓子箱利用の水族館」:おなじみのセロハンをはって作る海底ジオラマ
「紙工作の動物園」折り紙で動物を作り、檻などを作った動物園ジオラマ
「お魚モビール」雑誌付録にヒントを得たものですがバランスがとれずヒモが絡んだ
「走るメリーゴーラウンド」車仕立てで引っ張ると折り紙の動物の乗ったステージが回るものでほとんど母が作りましたが、都の展覧会に教師が出してしまいドキドキでした。
「木片のつり橋」デパートで買った木片工作の積み木を接着したつり橋でしたが、課題は「役に立つもの」だったことを忘れており、置物と苦しまみれに言い訳したものの、橋げたに空き缶を挟んで灰皿と見立てた・・・実際にやっている時間はなかったはずなので夢か空想の世界の話でしょう
「ステンドグラス」本格的なものができるはずもないのですが、デパートで売っていた樹脂塗料を利用したもの。母が楽しそうにやってました。
順不同ですが数えると丁度6つになるのでこれが小学校の工作だったのでしょう。

「休み中のこころえ」(生徒手帳1968年から)

(1968年 当時、中学2年生)

 休み中は私物を全部持ち帰る・・・から始まってこと細かに書かれておりました。
 「起床時刻、就寝時刻、勉強時間を定め実行・・・」は当たり前のこと、「生活記録として日記、小遣い帳をつけましよう」とあります。暴飲暴食を避け、身の回りを清潔にと常識的なところが並び、外出の制限、中学生らしい生活というところです。旅行は担任に行き先、期間、同伴者氏名を届けろ・・・というのがありますが、そんなことをした者がいたのかどうか。お世話になった小学校の先生には暑中見舞いを出せ・・・そんなことまで書かれていたとは。「夏休み健康心得」というのも有り、睡眠時間は9時間前後、弱い人は昼寝も30〜40分は良いでしょう・・とあります。学校から治療券を渡された人は耳鼻歯その他完全に直しておきましょうと有り、水泳の注意に続きます。メモ欄にはトランジスタ名やコンデンサの値が小生によって書かれており、当時、秋葉原への部品購入に利用したものだったのでしょう。

はやいものでこの更新中に今年の8月:夏休みも終わろうとしています。
夏の終わりは秋への誘い、また新しい季節がやってきます。





60年代夏休みの思い出
楽しい夏休み2 夏休みの雑誌研究
楽しい夏休み3 雑誌に見る夏休みの遊び
楽しい夏休み4 おやつ・デパート・ゲーム
楽しい夏休み5 夏休みの水遊びには
楽しい夏休み6 ふろくと懸賞プレゼント
楽しい夏休み ちょっとアブナイ広告
楽しい夏休み8 夏休みの見学会
楽しい夏休み9 雑誌の表紙と付録広告
楽しい夏休み10 夏休みの宿題対策
楽しい夏休み11 夏休みと健康
楽しい夏休み12 少年雑誌・年鑑
思い出の夏休み 特別編 ヒストリー 
60年代 楽しい夏休み14 少年雑誌 15と統合
60年代 楽しい夏休み15 少年雑誌 14と統合
60年代 楽しい夏休み 少年雑誌・学年誌

夏の終わりの風に乗せて

60年代 懐かしの宝箱

ブログもご覧ください

トップへ
トップへ
戻る
戻る