60年代 懐かしの宝箱

想い出の時を求めて

ブログもご覧ください

作品30 思い出の街から ガード下の街 16番ゲー



     


 <要約・ポイント>
 90歳になる母の依頼で製作。母の生家のあった小田原広小路のガード下にあった街をモチーフとしました。当時の東海道線の車両には強い憧れがありますが、個人的にはそのあと移り住んだ信州にも郷愁があり、中央線の車両も今後走らせたく写真背景のように設定は山のふもとの架空の街としています。作りこむうちに現地調査も考えましたが緊急宣言の外出自粛の中、小田原への訪問も難しく、母の記憶を辿り自分の幼少期の思い出で表現するところとなりました。

 昨年のLC後、訳あって50年ぶりに16番の作品を創り、長年やってきたNゲージにはない魅力を感じ、今回の作品製作となりました。 50年前、16番ではじめた(当時は普通にHOと言っていましたが)模型の楽しさを思い出すところでも有り、その当時から数え今回レイアウトは大小40作品目となりました。



 母は小田原の町の少し外れ、当時寺町と言っていたところに生まれました。東海道線の線路北側には寺や墓も多く、母によれば歌舞伎で江戸東京でも知られた桐座もこのあたりにあったそうです。近くにガードが二つあり一つは母の家から見え、自分も子供の頃、遠く見上げると列車のテールライトが赤く通った思い出があります。もう1つのガードは少し回りこんだところでカーブした大雄山線をまたぐものでこちらも見ごたえがありました。



 母の家は昭和20~30年代、貸本屋をやっており、夏場は氷菓も出していました。祖父母が作った餡蜜やトコロ天を店内で食べる自分の写真が残っています。店内の記憶を掘り起こし再現してみました。この家は面白く道路脇の小川の上に半分建っていました。

 祖父の兄は隣家で和菓子屋をやっていました。裏に工場があり、職人もいた記憶もあります。祖母に背負われた自分の写る写真には隣の看板が移りこんでおり、これが自動車修理工場のようです。間には寺が経営する幼稚園だった記憶もあります。レイアウトではスペースから空地としています。母の話では、製麺所やちょうちん屋もあったと聞きます。レイアウトには職人が働く鋸屋、木材屋を配置しました。



 大雄山線の緑町駅を降りると小さな郵便局が有り、その先で魚屋が平日鮮魚を商っていました。河岸が休みの土日は店を開けない・・・昔教わったことを思い出しました。



 小型ながらいろいろなシーンが見られる工夫としてローカル線との交差、商家一軒づつ内部まで作りこみ、ライティングにも工夫をしております。

車両展示だけでなくセクションとして運転利用も可能なセクションです。
 写真は一部ジオラマ的演出で簡易的な架線を入れているが仮設で、背景画による室内撮影です。

〇製作設定メモ 

母が7090年前住んでいた小田原寺町の現在あくまでモチーフで、そのまま再現する訳ではない

入手できた戦後の画像で、家並みが確認できる

1970年頃と思われる画像 小川がまだ見え、店が川に張り出している

現在、道路脇の小川は暗渠で、もう見えない。道幅が広がり1970年代半ばに解体。

貸本屋2階から見た菓子屋横の小川と橋、1960年初頭のお城まつり。川と橋の様子がわかる

現在の菓子屋(親戚で店じまい)小川や貸本屋はすでになし(2018年頃)ない

貸本屋を描き加え、街並みを間引き描いた完成予定図

貸本屋前、隣は幼稚園入り口でその隣が自動車修理工場祖母と私

貸本屋奥の居間の様子もわかった 祖父と従弟

貸本屋内の私

 

貸本屋前の小生、氷あづきの看板と国道向こうの商店が見える

 

貸本屋前の祖父と私 この商店を中心に模型化しました



LC1994
で佳作受賞のNレイアウトにある菓子屋や貸本屋。すでに遺失してない。母の記憶でこんな立派な建物ものではなかったとの証言で今回16番で再製作した

製作準備の裏側

 製作ノートから

 商店は母の記憶などからデザイン、こちらは正面の図

貸本屋は間取りを思い出し内部から設計した

〇照明の電気配線の様子

商店はコネクタ接続でLED点灯。着脱して作りこみができる

<テーマ>
 90歳になる母からの依頼で作ったレイアウトである。
 レイアウトを一般の方にご覧いただくと、必ずある質問は「ここはどこか?」である。
 LC2002に出品し佳作賞を頂いた「1964年渋谷駅東口レイアウト」はそんな質問がなかった数少ないもので、各種イベントでの展示、TMSでもその後姿を何度も掲載していただいた。2020年変貌した渋谷を離れ、この4月に長野県青木村に開館した「五島慶太未来創造館」のメイン展示となっている。

これも実景を縮小したためであるが、作り手にはハードルの高いものである。渋谷の例では製作後10年以上をかけ改修を繰り返している。
今回は母の生まれた神奈川県小田原の今は無き実家あたりの風景をテーマにした。自分の記憶のある1960年頃を思い出しまとめてみた。

<経緯補足>
 LC20からNゲージでしたが今回は16番での応募になる。16番レイアウトの製作は50年前の子供の時代、1960年代後半TMSを見て作ったレイアウトセクションが複数あったがその後スペース、費用の不足から永年Nゲージで進めてきた。昨年LC42で準佳作賞をいただき、縁があってさる筋から鉄道ジオラマ作品の依頼をいただいた。横幅40~90㎝で16番ゲージが条件であった。その製作を異なる設定で9台行い16番での現状と自分なりの可能性に触れることとなった。Nゲージに転向した1970年頃はNゲージ用のレイアウト製品は線路くらいで16番での手法を約1/2のスケールにして作った。現状のNゲージでは大概が製品や部品で入手性も良くかつ安価である。16番は全く違った状況を知るという経験をした。Nゲージ黎明期の苦労を逆に、この30年ほど利用しているPC工作(20年以上前に鉄道模型のPC利用で書籍を出したが当時には少し早かったようである)の手法も自分には今16番で十分生かせると思った。

<テーマ>
 母の実家の建物はLC1994で佳作を頂いたNげージの「祭りのレイアウト」で製作している。これはTMS1995年8月号の表紙にもなったが、レイアウトは貸し出しトラブルで行方不明となり手元から無くなってしまった。それだけに今回は2回目の製作を16番で再現するという思い入れもあった。

 母の実家は東海道線の小田原駅の手前のガード下で、大雄山線で小田原から1駅行った緑町駅で降車して行くところだった。見上げると東海道線の車両の通過が見られた懐かしい思い出がある。母の実家の周りにはいろいろな商売の店があって、それも1つづつ作りこみたいテーマでもあった。



<プラン>
 現在の地図で調べてみると再現したいエリアは約200m四方で、16番の模型化には2.5mが必要となってしまう。想定するスペースは60cm幅なので印象深いところでまとめることとした。再現ではなく昔の街をヒントにしたものである。交差するローカル線は大雄山線を想定したもので緑町駅を出ると急カーブがある。代用で使用するKATOのクモハ12の通過最小半径からR370とした。入手材料と設置スペースで東海道線高架は1本だけとした。運転では複線用にもう1本高架を仮設することにする。



●製作 詳細過程はブログに掲載
<ベース・地形>
30mm厚のスタイロフォームを積層し、ヒートカッターで加工。表面はシナリープラスターやクレイで造形。

<線路>
木枕木のフレキシブル線路(100番)を使用、高架下のローカル線は枕木を減らしている。線路の錆塗りミッションモデルズペイント001と005、バラストはモーリンの1/80バラストも本線とは色を変えている。

<ストラクチャ>
 ミニチュアアートのキットを素材として複数組み合わせて、エコーモデルの引き戸・窓枠・瓦を追加した。当レイアウトには建物として大きく、寸法やイメージに近いものにすべくストレートに組み立てたものはない。看板部と本体部を入れ替えたり、縮小・分割したりしている。貸本屋のみMsコレクションの中華そば屋をベースにした。大きさはスペースに合わている。店は当時現地にあり記憶に残っている店7軒を選んだ。屋号などは少し直している。LEDを入れ照明するので内部構造から作っている。

<シーナリー>
 草地はドイツ製のマーティン・ウェルバーグの素材にミニネイチャーなどを適宜加えている。写真で撮ると鮮やかに写るが実際はもう少し落ち着いた色で十分日本風であると思う。樹木ははんだ線材の幹をベースに枝はオランダフラワーやKATOのファインリーフを組み合わせ自作した。

<アクセサリー> 
 エコーモデル他、製品化されていないものは自作。

<水まわり>
 道路脇の小川は現在地下になっているようです。
 津川のNEWデザインプラスティックペーパーの玉石で側面を作り、底面をアクリルカラーで塗装、小石として会津バラストLから大き目の粒を振るいだして置き、KATOのリアル・ウォーターを流し仕上げにKATOのウォーターシステムから大波小波、白波カラーを少量使った。

<造作部分の塗装>
 道路はタミヤの情景テキスチャペイント路面ダークグレー、橋脚などコンクリート部分は同ライトグレーを使用した。
<ライティング>
 制限抵抗と配線リードが付いた電球色の市販LEDを使用した。直流12~16Vで使用するものだが9Vくらいで十分な明るさが得られる。今回は店の内部まで作りこんだので良い働きをしてくれる。ネットで入手した。
 電源はレイアウトベースに母線をはりまわし配線。各店ともコネクタ接続で着脱可能としたので工作がしやすい。(別画像)
<仕上げ>
 タミヤのウェザリングマスターでストラクチャや道路面の汚れを整えた。



●車両
 この風景には湘南色の急行が似合うように思う。特急は憧れであった20系客車、当時の絵本や、小学館の「幼稚園」の口絵は青大将色のEF58が牽引で、幼い心に強く刻みこまれた。大雄山線は該当する車両が入手できず実車とは違うがKATOのクモハ12を西武色で塗り替えた。
















=====

●今後について
 16番ジオラマ・レイアウトのコンセプト
平素は車両の展示として使い、線路を組んでの運転ではセクションとして使えるという発想。通常16番の運転できるレイアウトで資金・スペース・時間の負担が必要となるが今回の方法で何とか落ち着けば16番の楽しみも続くように思う。16番を久々にやって1年、Nゲージにはまたその良さがあるように思う。16番事情を知ると両ゲージでそれぞれに役立つところもあり、模型の楽しさ深さを改めて知るところになっている。
 撮影プリントではコロナ禍の影受けたが、シフトレンズによる撮影やソフトによる深度合成なども新たな経験もあった。今後もっと磨きたい部分でもある。

 TMSレイアウトコンペ2020出品 準佳作受賞


●ブログで紹介 製作過程 2019年12月~2020年5月

ジオラマ製作の検討

プロジェクト準備

ストラクチャキット「みにちゅあアート」シリーズ

1/80 ストラクチャ・キット Msコレクション

ストラクチャ工作

ストラクチャ製作

ストラクチャ製作~街角の建物作り

レイアウト・ジオラマ ベースプランの検討

マーティンウェルバーグの情景素材

HOジオラマ製作~ストラクチャ準備

1965年の月刊「鉄道模型趣味」入手

小高模型のプレスボード・キット

HOジオラマ~ストラクチャの作りこみ

HOジオラマ~ストラクチャの作りこみ2

HOジオラマ~LED照明を入れてみる

HOジオラマ製作~魚屋

HOジオラマ~ストラクチャ作成

HOジオラマ製作~各種商店

HOジオラマ製作~ベースとプラン

HOジオラマ~地面作業準備

HOジオラマ~線路の敷設

HOジオラマ製作~バラスト作業

HOジオラマ製作~地面作業

HOジオラマ製作~地面から草作業へ

HOジオラマ製作~水表現

HOジオラマ製作~部分から着色

HOジオラマ製作~アクセサリーの調整

HOジオラマ~街並みの電気配線

HOジオラマ製作

HOジオラマ~アクセサリー

HOジオラマ製作~アクセサリー類の配置

HOジオラマ製作~線路際の街並み

HOジオラマ製作~アクセサリーパーツの追加

HOジオラマ製作~街並みの調整

HOジオラマ製作~ストラクチャの作りこみ

HOジオラマ製作~ストラクチャ設置

HOジオラマ製作~空地の処理

HOジオラマ製作~樹木を植える

HOジオラマ製作~反省と修正 

HOジオラマ~草など

HOジオラマ製作~車両の準備

HOジオラマ~撮影準備

HOジオラマ製作~再調整

HOジオラマ製作~撮影

HOジオラマ製作~車両整備

HOジオラマ製作~室内撮影

ジオラマの撮影苦労

HOジオラマ~資料整理

HOジオラマ~提出資料作成







60年代 懐かしの宝箱

ブログもご覧ください


トップへ