60年代 懐かしの宝箱

想い出の時を求めて

ブログもご覧ください

 いろいろな時代があって、今に繋がっている。個人の思い行いもつながりの上に今がある。その経緯は記憶であって、今は形がある。 

 子供の頃の鉄道好きは模型創りになりもいつのまにか時代研究になってしまった。

 まだ鉄道模型が作ることが基本であって、覚えた半田付けが電気いじりになり模型の制御やサウンドから音響や電子楽器になり、趣味は仕事になった

 ゼロから作る時代ではなくなったけれど構成するにも世の中仕組みや昔からの歴史調べてこそ模型が出来、それは時代の研究となった

 鉄道や、模型創りも、逆に時代研究の一環、再現なのかもしれない。鉄道車両はそれを知らないと作れないようにレイアウト(鉄道ジオラマ)はその時代や文化まで見ることになる。
 とりまく時代のいろいろがあって、それであると思う。

 最初は小さな興味であり、工作だったのかもしれないけれど

 どうして、鉄道に興味を持ち、その模型を作り、レイアウトを作ることになったのか
なぜ、懐かしい「思い出の街から」という模型を作るようになったか
その時代について思い起こし残すようになったのか

失われたもの、消えたものを創り、思い起こして残しその中に夢や可能性を感ずる

 時間旅行とでも言ったら良いのだろう


「思い出の街から」 作品と製作

 いろいろ住んだ「街」のあの頃、想い出に作っています。すでに今は見ることのできない懐かしい姿は模型だから再現できます。
 そして創るために、今見つめ、忘れた当時を噛みしめることになります。 

思い出の街から 懐かしい学校(2021年)作品31

思い出の街から ガード下の街
(2020年)作品30

思い出の街から 依託製作作品(2019年)作品21~29

思い出の街から 橋梁のある風景(2019年)作品20

思い出の街から 山海を望む機関庫(2018年)作品19

思い出の街から 真夏~海のある貨物駅(2017年)作品18

思い出の街から 真夏の漁港(2016年)作品17

思い出の街から 渋谷の改修(2015年)

思い出の街から 機関庫(2014年)作品16

思い出の街から 渋谷(2013年)

思い出の部屋から(2013年)作品15

思い出の街から 思い出のレイアウト(2012年)作品14

思い出の街から 懐かしの小さな東京II 増設セクション追加(2012年)

思い出の街から 懐かしの小さな東京II セクション化(2011年)作品13

思い出の街から 渋谷レイアウトの整備(2010年秋)

思い出の街から 渋谷レイアウトの再組立(2010年春)

思い出の街から 懐かしの小さな東京増設と改良(2010年)

思い出の街から 懐かしの小さな東京(2009年)作品12

思い出の街から 渋谷II (2004年)

思い出の街から 渋谷(2002年)作品11

思い出の街から 欧風鉄道(1997年)作品10

思い出の街から 転車台のある(1996年)作品9

思い出の街から 祭りの町(1995年)作品8

思い出の街から イースタンリバー鉄道(1993年)作品7

思い出の街番外 クリスマスの街 作品6

思い出の街から 海の街(1993年)作品5

思い出の街から 機関庫(1992年)作品4

思い出の街番外 ループプラン(1982年)作品3

思い出の街から 一畳プラン(1971年)作品2

HO山岳レイアウト(1970年)ベース

駅セクション(1967年)作品1

駅セクション(1966年)ベース

「60年代の鉄道 研究」

鉄道模型編:電機機関車

「60年代 研究」

60年代にこだわるのは、この10年が自分には小中学生時代で
何にも新鮮で、いろいろに興味を持てたそんな時代だったと思います。
 
 
 







60年代 懐かしの宝箱

ブログもご覧ください


トップへ