60年代のオリンピック
60年代 懐かしの宝箱

ブログもご覧ください

リオのオリンピック2016も終わり、いよいよ次は東京オリンピック2020

前のオリンピックの資料を見ると、「日本でオリンピックが開かれることは
私たちの一生のうちでも2度とないでしょう・・・」などと後記に書かれたものも見かけます

1964年の東京オリンピックは戦後日本が世界という舞台に出て
それからを作る大きな転機となった・・・資料と思い出で振りかってみましよう

 あれから50年以上、10月10日の開会式からスタートしたあの東京オリンピック
 そして、また次の東京のオリンピックが見えてきます。

 1964年、あの瞬間を通り過ぎた当時の大人も子供も、覚えていると思います。今は50代半ば以上の方になりますが、あのオリンピックから日本は変った・・・

 自分は当時10歳の子供だったですが、いろいろなものが今日につながるところへつながって行くところを目撃しています。

オリンピックまであと500日ということで
東京オリンピック2020のピクトグラムが発表されました。

前の東京オリンピックでも競技のピクトグラムがありましたが
この時がきっかけで、以後のオリンピックでも
それぞれオリンピックのデザインが作られたことを知りました。

このピクトグラムらしいものが当時の「平凡」別冊に使われて
いるのを見つけました。しかし微妙〜かなり違うのです。

 競技  平凡別冊
 のカット図案
  大会 
ピクトグラム
      
 陸上      
 重量上げ    
 近代五種      
 ヨット      
 ボート      
 カヌー      
 水泳      
 水球      
 体操      
 自転車      
 射撃      
 馬術      
 フェンシング      
 柔道      
 レスリング      
 ボクシング      
 バレーボール      
バスケットボール       
 サッカー      
 ホッケー      

500日前のニュースで2020年東京オリンピックのピクトグラムが紹介
されましたが、1964年のピクトグラム作成に関わった方の
お話もありました。当時競技の写真を参考にデザインしたと
いうものでした。今1964年のデザインを見るとどうか?と
思うものもあって、平凡付録のカットのデザインとの違いも
そのあたりに関係するものもある感じもします。

雑誌「平凡」の付録ではできるだけコンパクトにデザインし
はっきり判り易いようにコンパクトになっています。
部分であったり人間が骨太です。
また競技の特徴もとらえているように思います。
体操や射撃は競技が変わっていますし
柔道は組んでいる、手使い方の違う水泳・・
ピクトグラムはデザイン性が高いのでしょうが。

1964年当時小学4年であった自分には、初めて聞く競技の
名前、はじめてゲームもみるスポーツがいくつもありました。


東京オリンピックの記録・記憶 レコード・ソノシート
はこちらへ





2009.10.3データを追加しました。

 もう、何十年も前のこと、伝わるものも少ないかもしれないけれど、おげさでなく、
1964年の東京オリンピックで日本は、そして東京は大きく変わったのです。
 あのとき、みなその中にいたのです。




 今では考えられませんが、開会式はこんなにシンプルなもの、式次第として時間に
して正味90分ほどのものでした。

連日テレビではオリンピック競技が放送されたのでした。



とっていた学研の4年の学習には楽しむためのこんなガイドがついてました。

 

各1日ごとに見開きで、競技と日本選手と予想、その競技のルールなど

また東京オリンピックがやってくる

 ということで1964年の東京オリンピックを資料などでふりかえってみましょう。
 最近また資料を入手致しましたので、大好きな些細な発見をしたいと思います。すでに、資料としておりました学研の「1964年東京オリンピック記録写真集」ですが、既出の「低学年用」に引き続き「高学年用」を入手しました。表紙2色の色が違いますが、扉を開けて、目次上の写真が微妙に違ってます。採火式の模様ですが低学年用は点火の瞬間、高学年は点火後の姿です。これは低学年の「さい火しき」では何のことか判らないためかとも思います。目次は1点違いまして、高学年は「開会式」、低学年は「まくひらく」となっています。

1964 東京オリンピック記録写真集(学研 学習年鑑に各学年に付属)
オリンピック資料での低学年用、高学年用での僅かな違いは
   〜小学生と言えども東京オリンピックを支えた国民たち、大人たちの思いと気遣い
 表記としての漢字や言葉の難しさなどはそれぞれ工夫はされていますが、大きなな違いはありません。従って写真も、ほぼ同じものが使われています。表2,3の写真以外で言えば、50点ほど使われた写真ではたった2点の違いでした。
  画像でご覧頂く、1ページでの最終ランナーが階段を駆け上がるカット。これは低学年は文章の充実のためか省略されています。
  もう1点は柔道。高学年は重量級猪熊選手決勝のカット、低学年は無差別級で神永選手がオランダのヘーシンク選手に敗れたカットです。このあたりはこの項での全体の作りの違いで、リードにありますのように、低学年は「だんちがいのつよさでかつやくし、金メダルを3つとりました」とあっさりやっているところ、高学年は「全階級とりたかったところ・・・3つしかとれませんでした」とかなり大人たち的な事情や、悔しさをはっきり出しております。
  悔しさではマラソンの円谷選手の項でも、低学年は「おしいことに日本の円谷選手は3位になりました」で高学年は「ヒートリー選手と激しい2位争いを演じましたが、第3コーナーで力がつきました」とあります。当時4年の小生も大変鮮明な瞬間でして、後年人生のいろいろな場面で、スローモーションでこのシーンが現れたものです。
  文章で大きく違うのは、選手村のところで、低学年は郵便局や食堂が作られ選手が喜んだというところを、高学年は非常に細かいデータが出ています。「選手たちのオリンピックの食事は牛肉が340頭、豚肉280頭、ニワトリは6万羽が消費されたそうです。」とあります。
  なおこの低学年と高学年用が何年を境に学研の学習事典に入れられたか?は小生にはいまのところ判明しておりません。なお発行は1964年11月15日となっております。

  1964年の東京オリンピックが日本人の心に、文化や経済に、そしてこの東京にいろいろなものを残したことは間違いのないところと思います。この機会にまずそんなものを今一度発見し日本人自身確かなものにすることもまず大切なところのように思います。

単発発売版もあった
<学研版>小学生のための東京オリンピック


  

 A4全182ページ、折り込みも含みカラーページは20ページ。白黒クラビア32ページとどうどうとしたもの。団体購読価200円。

 

目次をごらんいただいても、小学生には十分すぎるような内容であると思います。

 
 国旗が並ぶこの姿をみるとウルトラマンのジャミラのラストシーンが浮かんでしまうのはなぜでしょうか。東西ドイツの統一オリンピック旗は時代の流れを感じさせます。
 さて気になるのはインドとイランの間のオリンピック旗です。これは開会前日、参加を取りやめたインドネシアの場所ではないかと思われます。同様にナイジェリアと北ローデシアの間にもオリンピック旗があり、やはり同日とりやめた北朝鮮があるべき場所だったのではないかと思います。画像にはありませんが、もう1つ不自然なオリンピック旗があり、これを不参加国に照らし合わすと中国の可能性出てきます。中国はとりやめではなく最初から不参加であったという記録があります。(不参加の中国はオリンピック10日目に核実験を行った。)
 カラーページであったので印刷を考え早くから判組され、開催後ずらすことが大変でオリンピック旗に置き換えたのかもしれません。調べるとアルファベット順に並んでいます。
 閉会式は10月24日、この書籍の発行日は11月5日です。
 
60年代と言えば東京オリンピック、データで見ると。
 60年代のオリンピックとしては1960年のローマ、そして1968年のメキシコもある訳です。ローマでも日本人は活躍しており、すでに4個の金メダルをとっています。体操で4個。メキシコは11個。体操で6個、レスリングで4個、重量挙げで1個。
  さて、皆さん、東京オリンピックはどうだったか?覚えてますか。
 (画像は小学館万有ガイド1「世界の国旗」から:1977、原書は1965〜1975)
1964年東京オリンピックの金メダル
 金メダルだけが凄い訳ではありませんが、それにしても金メダルラッシュ16個は鮮烈でした。
日本 バレーボール女子
日本 体操・団体男子
遠藤 幸雄 体操・個人総合
遠藤 幸雄 体操・平行棒
山下 治広 体操・跳馬
早田 卓次 体操・つり輪
桜井 孝雄 ボクシング・バンタム級
吉田 義勝 レスリング・Fフライ級
上武洋次郎 レスリング・Fバンタム級
渡辺 長武 レスリング・Fフェザー級
花原  勉 レスリング・Gフライ級
市口 政光 レスリング・Gバンタム級
中谷 雄英 柔道・軽量級
岡野  功 柔道・中量級
猪熊  功 柔道・重量級
三宅 義信 重量挙げ・フェザー級
 体操・レスリング・柔道、これは圧巻だったですね。強かった。そしてこの記録は2004年タイ記録16個までダントツの数でした。1980年代中〜はだいたい3〜5個でしたから。
  1964年に入る少年誌も学習誌もオリンピックの情報にあふれていました、たとえば世界の国旗の絵柄もあふれてました。それまで万国旗と言えば運動会でしたけれど。
 (前の画像には今では存在しない国旗がいくつか混じっていることがお分かりかと)


 年 開催地  メダル  金   日本選手数  女子人数  女子メダル  女子金
 1952  ヘルシンキ  9  1  72  11  0 0 
 1956  メルボルン  19  4  119  16  0 0 
 1960  ローマ  18  4  167  20  1 0 
 1964  東京  29  16  355  61  2 1 
 1968  メキシコ  25  11  183  30  1 0 
 1972  ミュンヘン  29  13  182  38  2 1 
 1976  モントリオール  25  9  213  61  1 1 
 1980  モスクワ     出場せず      
 1984  ロスアンゼルス  32  10  231  53  3 0 
 1988  ソウル  14  4  259  71  3 0 
 1992  バルセロナ  22  3  263  82  9 1 
 1996  アトランタ  14  3  310  150  7 1 
 2000  シドニー  18  5  268  110  13 2 
 2004  アテネ  37  16  312  171  17 9 
 2008  北京  25  9  339  169  12 5 
 2012  ロンドン  38  7  293  156  17 4 
2013.1.5更新
「東京オリンピック」が始まった・・・
 1964年10月10日から開催された「東京オリンピック」。日本の60年代前半はそこに向かって発展して行った・・・というのはけっしてオーバーではなかったと思います。

  当時の学研「学習事典」別冊から画像を引用させて頂き、振り返りたいと思います。

  「幻の東京オリンピック」
 日本は1912年のストックホルムのオリンピックから参加しましたが、1936年にオリンピック誘致に成功し、皇紀2600年にあたる1940年に東京オリンピック開催が決定、しかしながら日中戦争などによりこれは実現せず、幻のオリンピックとなりました。当時を知る先輩の方々にとっては、1964年の「東京オリンピック」開催は感慨深いものであったでしょう。
東京オリンピックの準備に、日本は変わっていった。
 まず東京オリンピックの施設として準備されたのが、神宮外苑の国立競技場(メインスタジアムとして改修)、総合体育館・渋谷公会堂・代々木選手村(米軍施設跡地)、日本武道館(旧江戸城北の丸公園)、駒沢公園の施設など。
  代々木のNHK放送センター、都内の一般道として環七、駒沢通りの整備、羽田空港を結ぶ東京モノレール、首都高速1号、4号など。当初オリンピック目的ではなかったようですが、急遽間に合わせた新幹線と日比谷線建設。1960年から4年間で55のホテルが建設され、都内老舗のホテル(ニューオータニ、オークラなど)はこの時期に建設されました。
  三波春夫の「東京五輪音頭」は当時一番のヒット曲ですが、この曲はNHKが記念して作ったものの競作、三波春夫のものが130万枚のビッグヒットになったもの。今では考えられないスパーのチラシまでも怪しい五輪マークが付き、聖火リレーが走り(東京は三鷹のむらさき橋にて目撃)、雰囲気は盛り上がっていった・・・のでした。聖火はまず沖縄(当時アメリカ施政権下)に到着、当時出来たばかりの国産プロペラ機YS-11型の「聖火号」で本土に運ばれました。そして1ヶ月をかけて日本全国を回って、開会式を迎えるのでした。
1964年、白黒テレビで見たオリンピック
 オリンピックが始まると、日本選手は大健闘でありました。少年雑誌は1964年に入るとたびたび特集を組み、学習誌にはオリンピックの成績記録表までついて、少年少女たち完全にオリンピック・マニアとなっていたので、毎日テレビでくりひろげられるドラマにはくぎ付けでありました。当時はじめて聞く国の名前もありましたが、ソ連やアメリカが強国であることは「少年サンデー」「少年マガジン」の軍事図解で知っていたものの、オリンピックの表彰式上がる国旗と流れる国歌はその強さを本当に知るところでありました。特に陸上短距離や水泳に関しては世界の実力を見せ付けられたのでありました。
  その中で日本人がメダルでもとれば、それは銅メダルであっても大変なもので、あの円谷が抜かれた瞬間には、自分がトラックで走っているように力が入いり悔しい思いをしたものです。女子バレーや男子体操などはもう大変なもので、皆大人から子供までもテレビに釘付け、日本の活躍が話題の毎日でした。
そして東京オリンピックは終わった
 金メダル16個、この記録は最近まで破られることのなかった東京オリンピックの大きな成果であったわけですが、何より当時小学生の僕らにとっては、世界の国々と人々、スポーツの爽やかさを知り、日本という国の誇らしさと実力を知ったというのが「宝」でした。

  10月24日、あの閉会式の感動の中で東京オリンピックは終わり、僕たち子供には久々に夕方の番組「ひょっこりひょうたん島」の放送が帰ってきたのでした。

  メキシコオリンピックが有り、札幌冬季オリンピック有り、それからいろいろあるのでしょうが、ある年齢の人たちにとっては、「東京オリンピック」こそがマイ・オリンピックであって、「東京オリンピック」をいくつで、どう迎えたかは、社会や歴史をどう認識するかに大きく影響しているように思います。
  そして日本、この東京にも「東京オリンピック」の残したものがまだまだのこされています。時にはオリンピックの頃の懐かしい思い出を語るのも良いのではないでしょうか。
「東京オリンピックガイド」から
 トリノの冬季オリンピックもいよいよ終了という中、ページを追加します。資料は1964年、平凡10月号の付録です。表紙のオリンピックマークには何やら番号が入っておりますので、認可なんかでしょうか。それにしても五輪が黒というのも。
  テレビが2倍楽しくなるというところで、競技全日程(画像を部分引用)。なお丸数字でみどころ、たとえば1,2は飯島秀雄、依田郁子がともに100mに出場・・のような感じで注記が入っています。
  テレビ放送のガイドは残念ながら、開会・閉会以外は時間が入ってないという、まあ新聞を見てください・・・という、まだ当時は留守録画という状況でもなく、リアルタイムしかない訳で。のんびりした時代でもあった感じもします。

  このガイド主な内容(目次より)
目次 内容
見ようオリンピック競技日程
世界にほこる大施設 22
あなたもオリンピック通になれる 32
日本のメダリストはだれ?
(全20種目の解説記録)
競技場案内図 26
会話とマナー 41
外国人と付き合う秘訣 47
スターアンケート 40
1964年東京はオリンピックのために変わっていった
 次の企画は「日本のメダリストは・・・」ということで20種目の解説と記録紹介。日本記録とローマ大会との比較、そして顔写真入りで、日本選手が紹介されています。
  そして・・・次は「世界にほこるオリンピック施設」。これがどんどん完成して行く・・・とあります。「ブルドーザーやクレーンの音がひびく東京・・・」新しい建物が突貫工事で作られていったんですね。屋内競技場の写真はどうみても航空写真ではなく模型のようです。それにしてもこれはデザイン的に「葉」と「カブトムシ」であったこと知ってましたでしょうか。
  国立競技場はアジア大会で作られたものの改装でしたが、屋内競技場、駒沢公園、武道館は東京オリンピックのために作られたものでして。若い方々は武道館は音楽ライブの殿堂と思われている方々もいるかもしれませんが。
  そし競技場案内、こちらは画像にない頁では競歩・マラソンコース(甲州街道)、バレーボールが行われた横浜体育館、ヨットレースの江ノ島、カヌーの相模湖、馬術総合の軽井沢、馬術の馬事公苑、ボートの戸田、射撃の朝霞・所沢なども出ております。こうして東京(周辺)はまさにオリンピックの舞台となったのでありました。



 高度成長の中にあった東京も、オリンピック開催の決まった1959年から急ピッチで施設の建設と交通整備が行われました。東海道新幹線開業、東京もモノレールの開通、首都高速、環状7号線など現在の基盤ができあがったのでした。
そして、あの渋谷の施設もこの時作られた
 渋谷の放送センターもその立地から代々木に作られたということで、今となっては忘れがちなところではないでしょうか。海外から来る放送局、民放、代表取材を行うということであります。記事でも「NHKご自慢の放送センター」とあります。総工費110億は日本武道館の5倍以上!ここから、TV放送は1日10時間、午前10時〜正午、午後1時から6時半、7時半〜9時半、東京では1チャンネル総合TVで全種目が行われました。
  さて、記念アルバムという企画では。メダル・切手・ワッペンが特集されてます。このアイテムたちはもともと当時人気でして、すでに切手ブームなどがあったわけです。おかしのおまけにも切手が入っており、お菓子のプレゼント景品は8マンや鉄人28号のワッペンでした。

東京オリンピックでこどもたちは変ったか・・・?

 オリンピックはテレビから伝わってくるほぼリアルタイムの競技の結果、新聞や雑誌に掲載される結果や周辺情報、そして大人の言動や、僕らのまわりの生活など、いろいろなものがオリンピックで変って行きました。

 僕ら子供は、世界に多くの国家があり、民族がいること、言語や国歌・国旗などいろいろなものに興味を持ちました。日本はその中の1国に過ぎないこと。知らないスポーツや競技の面白さ、スポーツは野球や相撲だけではないこと。

 首都高速や夢の超特急「ひかり」号、いろいろなもので生活が変って行きました。

その中、ウルトラC、日本人選手の活躍はスポーツ対する興味、運動への意識を変えたことは間違いありません。

<子供たちの興味と体力>2014.10.13
 1964年以降続く統計でも子供たちの基礎運動能力はオリンピック以後1985年頃までをピークに大きく向上しているようです。長期的な傾向でも72年の札幌冬季オリンピック、98年の長野冬季オリンピック後も向上がみられるようで、85年以降低下した能力も98年以降持ち直しているようです。「オリンピックによりスポーツへの機運が高まりそれが向上につながった」というのが関係者の見方です。データとしては「握力」「50m走」「持久走」「ポール投げ」が計測されていて、この中で「ソフトボール投げ」11歳だけが一環して横ばいまたは低迷、これは人気のスポーツが野球から多極化したためと見ているようだ。(2014発表文科省「体力運動能力調査」)
 オリンピックで言えば、東京オリンピックでバレーボール、次のメキシコオリンピックでサッカーが日本として成績を上げ、テレビ放送される野球だけでなく広く球技への関心が高まったことに加え、実体験としてはこの時期、週刊誌のマンガやテレビアニメ、そして体育の授業で行われる球技など、スポーツへの興味を刺激するものは多くあったと思う。
 
そして、やはり「東京五輪音頭」
 すでに「東京五輪音頭」については触れましたが、この付録にも楽譜が掲載されております。確かに「NHK制定」とあります。「制定」とはすごい話ですが、それは別にしてやはりNHKが作った訳です。(画像掲載は遠慮させて頂きました。)曲としてもう1曲、「この日のために〜東京オリンピックの歌」(こちらはビクター提供とあります。)
  そして五輪音頭の振り付け。小生は小学4年であったため良く覚えておりませんが、大人たちはこの振りで踊ったのでありましょうか?
  表3でありますがビクターの広告。ここからも五輪音頭が競作であったことが判るかと思います。しかし小生、橋幸夫の歌う五輪音頭は覚えがありません。

  以上、こうした内容をあの「平凡」も付録につけたという東京オリンピックやはり偉大でありました。

  競技の観戦(多くは白黒TVでですが)だけでなく、この付録企画で言えば、「オリンピックの会話とマナー」ということで、日本・東京が世界の舞台に立ったという瞬間でもあったわけです。ですから、おにちゃん、おねえちゃんも、魚屋の三毛も、異国の方々にけっして失礼があってはいけない。道であったら、彼らの母国語で、「こんにちは」の1つも言えないとは日本人として恥ずかしい・・・というような。たとえそれが平凡の付録のカタカナ英語であっても。きっとおじいちゃんも「アイ ホープ ユー ハブ ア グッド タイム イン ジャパン」とやったのかもしれません。道を聞かれた時、いっしょにTVを見る時、英語・フランス語・独逸語でのケーススタディーが出ておりますが、小生は東京在住ながら期間中に外人はTVの競技以外に見たことはありませんでした。僕たちにとってはやはり馴染み深い外人といえばEHエリックやイーデスハンソンであったりする訳ですけど。

  ということで開設1ヶ月半。やっと「60年代通信」お便りコーナーでお世話になっていた頃の調子が少し戻ってきたかな・・・というところであります。 
東京オリンピック:補遺
 自分自身が多感な頃見たオリンピック、応援し、感激したオリンピックでその人の世代がわかるのかもしれません。それは個人でいろいろあるかもしれません。
  東京オリンピックは日本にとって、競技はもちろんその社会生活などの全てが世界の舞台にあったのです。今はその競技結果などでしか記憶に刻まれないかもしれませんが、戦後の日本が世界の舞台に立った瞬間であり、そこへのために、またそこから日本が大きく変わった時であったと思います。
  1964年当時、小学4年生であった自分でさえ、世界に大きく目を開かれた瞬間でした。あの当時知る人たちが、もっと東京オリンピックやそのために変わっていった様を今もっと熱く語って良いのでは・・・と思うのです。(画像は学研の「3年の学習年鑑」1963刊より)

 選手村も、当初朝霞に建設予定であったとのこと、これも今回知りました。TV番組では桂小金治が司会した「地上最大のクイズ」(日清オリンピックアワー)など思い出深いのですがそれは「60年代のテレビ」の項でのお楽しみといたしましよう。






東京オリンピックのあの頃 2007.5.27更新
 メディアを上げて、そして小学生であった自分でさえ、日本が世界の一員と感じさ
せるそんな時代でした。連日テレビにかじりつき、日本選手の登場する試合を応
援し、学習雑誌の付録にあった記録用紙に成果を入れたものでした。

 1964年といえば、敗戦後20年になろうとするころ。敗戦復興を世界にアピール
するチャンスでもあった訳です。海外から人を迎えても恥ずかしくないように・・・
 
 東海道新幹線も東京−大阪を4時間で開通したのは1964年の10月1日。東京の
街が変わって行ったのはすでに書いたところです。

 1964年10月10日、航空自衛隊のアクロバット飛行のよって空に描かれた五輪の
輪からスタートした東京オリンピック。世界94の国、5541名の選手が集まって開
かれたこのオリンピックは、アジアではじめて開催されるオリンピックでもありまし
た。テレビの視聴率も最高95.4%と、まさに日本全体がオリンピックの中にいた
ということと思います。
 東京オリンピックが終わって作られたのは巨匠市川昆監督の映画「東京オリンピ
ック」でしたが、記録映画として疑問を投げる意見などが出る中も、芸術性の高い
この作品は1800万人以上を動員するヒット作となりました。

 オリンピック前の雑誌からこんな広告を見つけま
した。東京オリンピックでカラーテレビが増えた・・・
それはまだまだ早かったと思います。
 「ワイド」?って思われるでしょう?大型という意
味。別に16:9とかじゃない。19型で?そんな時代
だったんですね。借りた人っていますか?

2007.8.16更新

 東京オリンピック頃の少年雑誌には、オリンピックに合わせた
企画ものもありました。これはその1つで、特派員を送る?でも
オリンピックは東京で行われるのですが。つまり少年の目も海
外に向けられる・・・それがオリンピックであった訳です。
 協力はパンアメリカン。パンナムは僕らには当時馴染み深い
会社でした。というのも、加山雄三が映画若大将シリーズで海
外に行く時は必ずパンナムの飛行機でしたから。そしてあのパ
ンナムの旅行バックが映画のシーンには良く出てました。


 さてこのオリンピック記念特別企画のヨーロッパ特派記者ですが
その後どんな具合になったのか、残念ながら誌面からは判っており
ませんが、時期的には丁度オリンピック開催の直前頃に報告記事
が出たのかもしれません。 2007.8.26更新

 1964年8月の少年雑誌からです。競技を選べばま
だ買える。もう一度、売れなかった券の販売がある、
最後の手としては券の不要なマラソンなど沿道観戦な
ど事細かに解説しています。
 オリンピックをどう生で見るかも大きな話題となって
いたようです。 2007.8.26更新

 全くの余談になりますが・・・
1960年代はまだ水資源の活用が十分でなく、東京は特に水不足の傾向はあったのですが
東京オリンピックの1964年は特にそれがひどく、夏には当時東京都の水がめであった小河
内ダムの推移は満水時の1割を切ってしまい、節水のために水圧を下げる給水制限が都内で行われました。
 高台では1日の大半が断水となってしまい給水車が出るという状況で、人工降雨実験などもありましたが、利根川など水系対策もあっておさまることとなります。

■オリンピック知識いろいろ 60年代子供のころの疑問やものしり 2012.7.1更新

●うるう年にはオリンピックがある
 4で割りきれる西暦の年はうるる年で、オリンピックがある。大きなイベントのある年は他の年より1日くらい多くても良い・・・と思っていた。4年に一度は古代オリンピックにならったもの。もともとはギリシャの暦によりものだったらしいけれど、近代オリンピックがうるう年に重なったのは偶然と言われます。

●五輪ピック?
 東京五輪音頭というのもあったけれど、子供の頃の学習年鑑でオリンピックの5つの輪の色クイズは定番でありました。赤、青、黄色、緑と来て黒は忘れがちだった。これは5大陸の象徴で、オリンピックに五輪の訳を当てたのは戦前のことで読売新聞記者だったそうだ。

●オリンピックの競技は
 当然公認のスポーツと思ってましたが、後年この競技にも入れ替わりがあることを知ることになります。オリンピック憲章の中には、大会が肥大化しないために競技数の最大は28までと決められています。世界的に均等になるように、人気に地域性のあるものは無くなる傾向があります。ただ子供頃はオリンピックで競技があることを知ったスポーツもありました。「競歩」などがそれでした。東京オリンピックの前のローマでは18競技で日本出場は16競技、東京は20競技中20競技の出場でした。バレーボールと柔道が競技として追加になったのはまさに日本には良かった訳です。またローマで不出場であった、カヌー、サッカーにも出場しています。出場選手も437人でローマ大会の2倍以上でした。テニス、ソフトボール、トライアスロン、バドミントンなどは後年追加になった競技です。

●平和の祭典
 当時は子供でしたので、世界情勢などということも判っていませんでした。近代オリンピック2度の世界大戦で3回が中止になっており(幻の東京大会)、テロ事件やモスクワ大会での出場とりやめなど後年知るところとなります。 

 幻の第12回東京大会(1940年)
 ベルリン大会の次、1940年の第12回大会は東京で開催される予定であった。1940年は紀元2600年(神武天皇が即位して2600年)で、国家的祝祭が計画された。1937年には日中戦争、1938年7月15日の閣議で「東京オリンピック大会の開催は中止されたし」と勧告、開催権を返上。国内は物資不足などからの軍部圧力と言うが、国外でも日本の大陸政策からの反対もあったと言う。IOCはヘルシンキを代替地として開催準備を進めたが、まもなくソ連のフィンランド侵攻が始まり、第12回大会は中止となった。この戦前の東京大会では初期のテレビ中継なども計画されていたという。また1964年の東京オリンピックの駒澤を中心としたことも、戦前の東京大会原案がもとになったとも言われている。

●東京オリンピックのアイテム
1964年の東京オリンピック当時は切手ブームやコインブームがあり、オリンピックに記念切手や記念コインが子供たちに人気を呼び、こうしたアイテムを持つ家庭は多かったと思う。


これは開催を記念した切手の小型シート。単品もあったけれど断然表紙のあるこちらの方が記念感があった。140円で販売された。

 
こちらは開催前に寄付金付きで売られた切手、1962年〜3,4種で、1次、2次のように販売された。こちらも小型シートがあった。

当時をしのぶ、雑誌や身近な資料から(2016、9,21更新)

1964年10月 学研の学習 
  

オリンピック関連は前出の「東京オリンピックの15日」ふろくですが本誌は超特急、モノレール、727のグラビア。(どう見てもモノレールは切り張り、727も合成)

 

表4の目次は日の丸と表彰台のデザイン、いかにもオリンピックを意識したものです。
オリンピック記事としてなくは夏休み号(9号で前月号)を紹介しています。

 

こちらの下部分は、切ってとじて豆本になるオリンピックの知識集と上部分の物語とオリンピック競技を簡単に遊べるゲームとした夏休みらしい構成になっています。

少年マガジン43号 10月18日号

東京オリンピック特集号となっております。
  
巻頭グラビアは金メダルをとる秘策とでも言いましょうか。各競技選手ごとに解説。背表紙には特集「東京オリンピック記念切手のすべて」とあるのですが・・・記事は切手早耳クラブに10日発売のオリンピック切手が少し出ているだけ。この当時は切手ブームでしたから・・
それをあてこんだのか・・・編集が途中で変わったのかどうか

PTA会報 スポーツ特集

オリンピックを記念した特報を発行!B4を折った4ページ構成

 
表紙こそ運動会の話ですが2ページ以降はオリンピックのこと。聖火リレーは不鮮明ながら写真入り。学校の2学期の予定が裏にあるのですが、10/4秋季運動会のあと、10/8オリンピック聖火リレー歓迎、16日陸上競技見学(6年)、21日マラソン見学(5.6年)、23日サッカー見学(5年)となっていて実際にその児童見学記も掲載されています。親たちの記事を見てもこんな会報出したオリンピック熱、でもみんながこんな状況であった記憶があります。

4年の国語のテスト


 さすがに東京オリンピックではないですが、教材もこうしたものが登場!「にんたい」の大切さを言っている、国語の文章読解のドリルだったのでしょうか

作文も書いていた?
 
テーマはやはりマラソン、アベベ選手の力走と残念な円谷選手の3位。
こうして学校の作文のつづりから出てきているので、個人的に書いたものではなく、課題としてかかされたのでしょう。

NHK 東京2020 12時間スペシャル 番組対抗1964年クイズに御協力



海外からみえる方々の宿泊対策、最後は「民泊」だった。
そんな話は当時の少年サンデーでも話題に。

番組でもアナウンサーから紹介された記事がこちら
「外人客が泊まりにきたら親切にしよう」で締めくくられている。

ゲームもあった 東京オリンピックゲーム

ボードが行方不明ですが、基本双六形式です。
しかしこれでオリンピックで行われた各種のゲームができいるのがすごい。
右下は砲丸投げ、円盤投げ用のツール


こちらはハナヤマの「世界・日本一周ゲーム」の雑誌広告(1964年、少年サンデー)
子供たちの視線もオリンピックで海外や日本全国に広がっていた・・

何でもオリンピックに結びつけたい大人の事情が見え隠れします。



以下、過去の特集で書いたものです
2012年ロンドンオリンピック。 日本の活躍が放送され、終了しましたが

60年代のオリンピックを思い出してみましょう。

 今50歳以上のかたなら必ず1964年にあった東京オリンピックを思い出されるでしょう。
あの時、日本はオリンピックに向けて大きくかわり、そして大きな感動に溢れました。


2012ロンドンオリンピックも終わって

 ロンドンオリンピックでは4強入りした日本のサッカーも残念ながら、68年のメキシコ大会のようにメダルには届きませんでした。

1960年 ローマオリンピック(第17回)8.25〜
 男子体操団体、個人で優勝。金メダル4個。
 ローマ〜東京間を短波放送使ったコマ撮り録画伝送やVTRで速報。
1964年 東京オリンピック(第18回)10.10〜10.24
 女子バレー、重量挙げ、体操など金メダル16個。
 開会式瞬間最大視聴率89.9%、総計最大95.4%
 カラー放送、スローVTRなど新技術が駆使された。
1968年 メキシコオリンピック(第19回)10.12
 日本は金メダル11個、サッカーが銅メダル。

メキシコオリンピック第13日目(1968.10.24)日本のサッカーチームは3位をかけ地元メキシコチームと闘った。杉山・釜本コンビでいれた2点、メキシコの猛攻をしのいで銅メダルを取った。昭和11年(1936年)、日本のサッカーがオリンピックに初参加以来、4度目32年かかっての偉業だった。その後の日本のサッカーは低迷を続け、次のオリンピックの出場は28年後のアトランタ大会、再び4強に入るのは2012年ロンドンオリンピックになります。

 2012年のロンドン大会では準決勝をメキシコと争うとい運命を感じさせる巡り合わせになりました。結果はメキシコは念願のメダルを、日本は銅メダルを韓国と争うという結果になりました。
 1968年当時中学生であった自分たちは、体育にサッカーの授業があり、クラブ活動でのサッカーは知ってましたが、オリンピックの活躍まさに突然のことであり、1968年の3位の勝ちっぷりも目を見張るものがありました。そのメンバーは後の日本のサッカー界を支える重要メンバーとなったことは他でもありません。言われているのは、当時は突出した選手を育てるという思想であり、近年の底上げされた選手の充実とは違うというところでしょうか。

     国数 人数  一位  二位  日本   日本計
1960  ローマ   84  5396  ソ連・金43 アメリカ  8位金4銀7銅7  18
1964 東京  94  5541 アメリカ・金36 ソ連・金30  3位金16銀5銅8  29
1968 メキシコ 115   6096 アメリカ・金45 ソ連・金29 3位金11銀7銅7  25

 メダル総数では史上最高数の38となったロンドン大会ですが、金メダルの数では7個ですので東京オリンピックの頃よりは少ないという結果です。64年の東京オリンピックの表彰式では「君が代」が沢山流れましたが、米国・ソ連の国歌がとにかく沢山聞いたという記憶は強く残っています。
 (金メダル数では、東京1964ともアテネ2004が16で最多数、
 メダル総数では、
  アテネ2004で37、ロサンゼルス1984で32、東京1964・ミュンヘン1972で29)

 ボクシングの村田選手の金メダルも東京オリンピック以来の48年ぶり、女子バレーボールの銅メダルの検討も、東洋の魔女と言われた60年代の活躍までは行かないでしょうが守備、チームワークの良さは日本のバレーの良さを感じさせるものがありました。
 60年代の日本の活躍は、男子の体操や、柔道、レスリング、重量挙げ、陸上ではマラソンと現在と似てはいても圧倒性では違う種目も多いようです。50年代〜1960年まで好成績であった水泳も1964年銅1、1968年メダル0で以降、1972年のミュンヘンを除くと1988ソウル金1、1992年バルセロナ金1で、日本選手が活躍するの2000年のシドニー以降、アテネ2004年のメダル8の記録をやぶり、ロンドン大会は戦後最多の11となり、水泳日本の名も復活の近年ですが金メダルなし銅メダル多数というところで変貌しているように思います。
 
 閉会式を見ても、選手たちののびのびとする姿は、当時にはなかなか見ることのなかった爽やかで良いものでしょう。東京オリンピックで聖火台の火が消える寂しさを感じて久しいですが、時代とともに変わって行くいろいろの中で、競技と個人ということではあのマラソン円谷選手のことはいつまでも心を離れません。

2008年 北京オリンピック、日本選手の活躍に感動しました

1960年代を知る日本人にとっては、オリンピックの感動!と言って思い出させるのは東京オリンピックです。

今回の北京オリンピックでも、いろいろな面で呼び起こされたのは1960年代のオリンピックではないでしょうか?

柔道というスポーツの国際化、そして日本人の活躍でどうあるのかなども、あの1964の東京オリンピックから始まっていたように思います。
当時、小学校4年生であった自分は、学研の科学や学習で特集されるオリンピックの話題、点数表などと首っ引きでテレビを観戦をしていたように思います。
当時、無差別級と言っていたと思いますが、オランダのヘーシンクという大男の選手が、金メダルを取ったショックは今でも忘れることができません。

 この無差別級ゴールドメダルの奪取は、柔道界でも大きな課題であったと思いますが、自分にもあのヘーシンクの名前と顔は鮮明に焼きつきました。(当時の子供たちはそのくらい悔しかったのです。)

それだけに、北京オリンピックの柔道の表彰式をみていて、たぶんそれらしい方が日本選手に金メダルを授与している様は隔世の感がありました。

あの頃には、女子バレー、男子体操、男子レスリングは強く、また、マラソンの円谷、重量挙げの三宅などいろいろな名シーンがあって、今でも機会あるごとに映像として放送されます。

今回、女子サッカーが銅メダルを取るか?という話題もありましたが、これも1968 年メキシコオリンピックの男子の大活躍と重ねられた訳です。(このときは、地元のオリンピックと他国開催の違いも初めて感じました。)

60年代のオリンピックをリアルタイムにご覧になった方、ならなかった方、また自分の覚えている最初のオリンピック、世代それぞれだとは思います。

4年に一度の世紀の祭典は、そうした世代のものさしになっている・・・というのは自分勝手な理論なのですが、このプラスマイナス4年という目盛は体験の基づく、いろいろで同世代を感じさせてくれます。

 それにしても、1960年代のオリンピック、東京オリンピックは格別であったというのが自分の素直な気持ちです。

 1964東京オリンピックは「テレビ時代」の大イベントだった

 開会式にはじまり閉会式まで、全国でテレビ観戦した国民が大多数であった訳で。
当時朝日新聞のマンガ連載は「サザエさん」。開会時の10月掲載31本中、18本はオリンピックの話題でその半数は何らかの形でテレビが出ていたそうだ。テレビの普及率をみると皇太子ご成婚1958年に飛躍的に伸び、1960年のローマオリンピックには45%、1964年東京オリンピックでは88%。これは白黒テレビでのこと、一般家庭のカラーテレビの時代は1970年代に入ってのこと。
 確かに自分の家を考えてもテレビ導入は1959年幼稚園の時、カラーテレビは1972年高校生の時のことだった。
 テレビの普及率が99%になったのは1980年代。毎年買い替えと買い増しで800〜1000万台が売れている。テレビの購入はスポーツやオリンピックは良い結果だけれど、4年ごとに売れ行きが上がるという統計はないそうである。
 2020東京オリンピックではいよいよハイビジョンから4K、8Kの時代。
今、テレビはテレビを超えた時代。ワンセグで、そしてインターネットで動画、アーカイブもある。1964年当時、まだテレビは家庭に1台あるかという時代で、プログラムも放送時間も発展時期であったと思うけれど、アニメ放送も始まって、子供たちの視聴時間も問題になりはじめていたし、何より家庭内のチャンネル権も問題もあったと思う。
 実際に、東京オリンピックのころはテレビを見るというのは夕方以降の家庭団欒の時間が中心であったはずで、その中にオリンピックの競技放送がどっと入ったので、新聞記事で学者がテレビ観戦が生活のリズムを壊すのではないかと心配する指摘をしていたりする。

60年代 懐かしの宝箱

ブログもご覧ください


トップへ