60年代 懐かしの宝箱

想い出の時を求めて

ブログもご覧ください

「昭和39年の渋谷」の展示・メディアなど

個人の観たいで作った模型が30年かけて鉄道創業者の記念館へ

これまで各場所で展示などされた様子をまとめてみました

  鉄道模型趣味のレイアウトコンペ2002で佳作賞を頂き、鉄道模型趣味2004に掲載をきっかけに、様々なイベントや番組で紹介、その間の追加製作もありました。

     
    ジオラマの舞台である東横百貨店屋上:立つ子が自分(1963年)

 1960年代の自分の想い出から作り鉄道模型趣味に掲載されたことから展示25年で約100万人の方(放送やネット除く)に実物の模型でご覧いただきました。
 今は東急の創業者五島慶太氏の未来創造館で展示されていることは、模型というものの広がり大きさにあらためて驚きます。


1997年製作開始 (構想30年)
〇2002年TMSレイアウトコンペ佳作賞受賞 〇2004年TMSに製作記事掲載

●東急大創業祭
2004年10月   東急東横店(渋谷)
 

        

2004~2010年の解体保存中 ○製作展示の経緯を鉄道模型趣味に掲載

 再組立取材準備について

日本テレビ「ぶらり途中下車の旅」
 2010年10月16日(土)朝9:30-10:30 手作りジオラマ「吉祥寺」
 内容は動画でご覧「ください

 



〇産経新聞2010年12月10日朝刊(東京版)に掲載



週刊アスキー・デジタル「計画停電」でネット掲載
2011年04月13日
 60年代 懐かしの宝箱、このホームページについてご紹介いただきました。






●「鉄道フェスティバル2011 in SHIBUYA」
2011年4月29日(金・祝)~5月4日(水・祝)
東急百貨店東横店 西館8階特設会

 


●渋谷駅体展 うつりかわり~渋谷駅の変遷
 2011年5月11日~6月9日
クリエーションスクエアしぶや、渋谷マークシティウェスト4階

 


●「渋谷ヒカリエ」模型&「昭和39年頃に渋谷駅東口付近のジオラマ」展示
6/10(金)~ 渋谷東急BUNKAMURA(東急渋谷本店隣)展示

 


●Bunkamura館内特別展示
)~7/3(日)
「渋谷ヒカリエ」の1/300建築模型&「昭和39年頃に渋谷駅東口付近のジオラマ」展示
五島プラネタリウムから都電まで―。懐かしい風景と賑わいを精巧に再現!
未来の渋谷ヒカリエとあわせて、Bunkamuraにて

  


●東急文化会館跡地にオープンする、渋谷ヒカリエ。その中にできる劇場「シアターオーブ」。7月19日渋谷セルリアンタワーにて、その記者発表会で展示




●2011年7月~2012年4月東急渋谷本店1F 正面入り口に展示

 
インフォメーション前に展示

●ヒカリエ記者発表で展示:関係者向け一般未公開のため写真ありません
 (2011年11月20日)

●2012年4月中旬までで展示終了しヒカリエ開業イベントで展示、


●「鉄道フェスティバル2012 in SHIBUYA」の昔の渋谷ゾーンでこのジオラマを展示。
2012年5月3日(木・祝)~5月8日(火)、東急百貨店東横店で開催
 東急制作の現在の渋谷ジオラマと私の制作した昭和39年の渋谷ジラマが並びました

 

●2013年3月22-24日 東横線渋谷駅が「公園」になるイベントで展示
 TOKYO LINE SHIBUYA Station Park ありがとうとさよならの3日間

 
(ジオラマは2013.3.22-24は旧東急東横線渋谷駅で展示)


●2013年3月25日以降渋谷東急本店1F入り口で展示

 


◎産経ニュースに掲載していただきました。(2013年3月22日)

◎NHKニュース首都圏版で放送されました。(2013年3月22日)

◎テレビ朝日報道ステーションSundayの渋谷特集で放送されました
(2013年3月16日)


〇月刊「東京人」に掲載されました。2013年2月)
 

〇展示改修の経緯を鉄道模型趣味2014年2月に執筆掲載

●渋谷東急プラザ 懐かしの展示 
2014.4
 
薄暗く照明が効果的でした。当初一部故障があって会場で修理がありました。

●ライフメッセ2014東急不動産イベント ヒカリエ ヒカリエホールで展示 
2014.12.14-15


 右上のイベント概要ムービー冒頭でもこの渋谷ジオラマが使われています
 ジオラマの舞台となった風景の見える場所に展示されました

ホール窓からJR工事中

●東急プラザ閉館イベント 「タイムスリップギャラリー」で展示 2015.1.22-3.21

 

●BUNKAMURA入り口へ展示 2015年



常設展示が東急百貨店1F正面から変更になりました。


●國學院大學博物館 渋谷区東4-10-28
平成27年度 第4回企画展 <SHIBUYA>で展示されました
会期:2015年8月22日(土)~9月30日(水)

 

〇CDジャケット、盤面などに採用 2016年4月
鈴木慶一さんKERAさんの「No Lie-Sense」のジャケットに採用




〇「昭和30年代の家計簿」宝島社 に掲載
2016年9月9日
 


●白根記念渋谷区郷土博物館・文学館で
特別展「渋谷駅の形成と大山街道」を開催  
渋谷区東4-9-1
2017年10月28日(土曜日)~2018年1月21日(日曜日)

 


●東横デパートの思ひ出展
2020年1月4日~3月31日
東急百貨店西館7Fエスカレータ横

 

約10年、東急百貨店を中心に、各イベントで活躍したこのレイアウトジオラマも変わりゆく渋谷での対比の役目を終えました。

●関連番組 2020年12月22日 news every 
 「あの日このデパートで 」閉店の話題  60年代を再現したコーナーとして

   

デパートでの展示も終わり

 長野に新規開設する五島慶太未来創造館より、五島慶太氏が夢描いた渋谷の姿としてこの模型を展示したいとのご希望をいただきました。
 この館は五島慶太氏の生まれた地に有り、近隣の方はもとより、東急社員の方々の教育施設としての働きもあること、そして製作者の自分自身が五島慶太氏の五島育英会傘下の大学卒業であることからも快諾致しました。

●五島慶太未来創造館に「昭和39年渋谷駅東口ジオラマ」が展示
2020年4月~ 開設準備、破損補修など 長野県青木村
 
東京から長野到着の様子       五島慶太未来創造館

2020年6月から一般公開
・現在の展示
   
   東急の創業者五島慶太氏が夢描いた景色がこのジオラマです。

  渋谷から五島慶太氏の生地での展示となりました

   このジオラマを私自身が解説したYoutube動画」
     (ケーブルテレビの番組となったもの)



後へ



60年代 懐かしの宝箱

ブログもご覧ください


トップへ