みんなのうた関連 特設レポートコーナー
みんなのうた関連 特設レポートコーナー

 お馴染の るんるんさんよりレポートを頂きましたので掲載致します。
 

西六郷鎌田記念合唱団第7回演奏会を鑑賞して
20161016日(日) 大田区民プラザ~

 

るんるんによる拙い鑑賞記である。

結成17年を迎えた西六郷鎌田記念合唱団への深い敬意を表すとともに、天国の鎌田典三郎先生の在りし日の姿を思い浮かべながら、一ファンの立場で自由に書かせていただくこととする。

音楽の知識など一つとして持ち合わせていない者のレポートなので、曲そのものに関するコメントよりも、自分自身の行動や心の動き、そして共に観賞した「うた仲間」との触れ合いなどを交えながら、ファン目線での感情を優先する執筆となることをお断りしておこう。

ネット上では歌詞を書いてはダメ、実名を書いてはダメなどと制約があるのだが、歌詞はほんの一部だけ、名前はイニシャルやニックネームで書かせていただく。(^^)

 

♪――♪――♪――♪――♪――♪――♪――♪――♪――♪――♪――♪――♪――♪

 

心地よい混声合唱の余韻を残してステージの幕が下りた。

「心の歌をずっと歌い続けて行きたい」という西六郷鎌田記念合唱団団員皆さんの思いが伝わる晴れやかで楽しい演奏会が終わったのである。

終演の場面で、指揮のT口先生を先頭に団員皆さんの達成感に満ちた顔、また顔が明るく輝いて見えたのは、僕だけでないだろう。

 

そこから遡ること凡そ2時間……。

僕は大田区民プラザに併設するレストランに「みんなのうた」仲間と共にいた。

演奏会を鑑賞する前に昼食をいただきながら懇談しようという目的であった。

その昔、NHKの「みんなのうた」や「歌はともだち」をカセットテープに録音しているが、その中からチョイスしてCD-Rに収録したものを参集者へのお土産として配った。

その人に合わせた選曲をするという拘りがあり、収録曲は異なるのだが、自己満足に過ぎない。

それでも、中には喜んでくれる人もいて、満更でもなかった。

参集者は5年前にNHK-BS「熱中スタジアム~みんなのうた~」の収録に共に参加した、いつもの「うた仲間」初恋天使さん、くじょうさん、YUAさんの3人に加え、ジャズ好きでマラソンが趣味の後輩M君と最近メル友になった杉並児童合唱団OGのお二人という面子である。

 

杉児OGのお二人と西鎌演奏会を共に鑑賞することになったきっかけは、2か月前に遡る。

僕にとって、古き良き時代である児童合唱団全盛期の立役者は、西六郷少年少女合唱団、NHK東京放送児童合唱団、杉並児童合唱団の三つの団体が代表格である。

当時のNHK総合テレビ「みんなのうた」「歌のメリーゴーラウンド」「歌はともだち」の3番組の常連として活躍した事実があるからだ。

少年時代に憧れた合唱団なのである。

そのうちの一つである杉児OGの方から、これまでにネット上に投稿した僕の記事を見たという連絡をいただき、メールのやり取りが始まった。

児童合唱好きの僕にとって、憧れの合唱団員だった人とのやりとりほど楽しくてうれしいことはない。

文章のやり取りだけなのに、直ぐに打ち解けて、いつの間にか西鎌演奏会を一緒に観ようという展開になっていた。

 

レストランに時間を戻そう。

音楽や歌の好きな人間は共通の思いがあるからだろうか。

初対面ながら自己紹介もそこそこに、あっという間に心が通い合い、合唱などの歌談義に花を咲かせた。

その昔、僕はNHK「歌はともだち」から杉児が歌う『夢をのせて』という曲をカセットテープに録音している。

録音する際に、とても好きな歌だったことから、つい一緒に歌ってしまっていた。

当時はジャックでテレビとカセットレコーダーをつなぐこともなく、周りの雑音交じりでの録音であった。

その雑音の入った録音を先日杉児OGのお二人に提供していたのだが、僕の歌声が違和感のない本格的な歌声だったと持ち上げられた。

社交辞令に違いないが、単細胞にはその言葉が嬉しくて、思わず「一緒に歌いましょう」と、その場で出だしを軽く歌ってしまった。

 

♪ちぎれ雲は 風にかるく 空をながれる……

 

そんな楽しい時間はあっという間に過ぎ、開演時間15分前となった。

西鎌の団員だったFacebook友達の夕星さんとも会う約束をしていたが、既にホールに入ったらしくその姿は見えなかった。

チケットを買いプログラムを受け取った。

事前に発表されていたプログラムの一部は、大いに期待させる曲目がずらりと並んでいたのだが、実際のプログラムを目の当たりにして、「みんなのうた」や革新的な『ライオンとお茶を』まで入っているバラエティーに富んだ選曲に、さらなる期待が高まった。

そして、4年前の定期演奏会以来の鑑賞に胸を躍らせる自分がいた。

あの日に出合った『未来へと』を、もう一度生で聴くことができるワクワク感が止まらなかったのだ。

 

演奏会第1部が始まった。

何と西六ならではの2曲メドレーでのスタートである。

西六郷小学校校歌からの『ぼくらの町は川っぷち』というファンも関係者も納得の入りで、ほっこりと心が温まった。

そこへ司会のH口さんが登場し、変わらぬ美声と、いい意味で“ゆる~い”心和む曲紹介があった。

ここから西鎌の皆さんの歌による、めくるめく夢の世界が繰り広げられたのである。

わらべ歌、民謡が合唱バージョンとして歌われると、原曲とは全く違った趣になる。

『ずいずいずっころばし』『竹田の子守歌』もとても良かったが、僕は『会津磐梯山』が一番気に入った。

はっきりとは聴き取れていないが、♪チリシャン チリシャン チリチントリチットンシャン…… と徐々に盛り上がりながら歌っている導入部が印象的で楽しかった。

先月、同級生で会津に一泊旅行し、磐梯山を仰いで来たばかりだったので、僕にとってはタイムリーな選曲であった。

石丸寛氏は「みんなのうた」で数多くの外国民謡をアレンジしているが、日本民謡のアレンジもなかなか素晴らしいと感じた。

プログラム最初の<ふるさとの歌>は、H倉さんとW崎さんのピアノデュオ『五木の子守歌』で締めくくられた。

今年の大地震で災害に見舞われた熊本を思っての選曲だったようだ。

 

次は<外国の歌>であった。

懐かしい曲が続いた。

 

♪狭いながらも 楽しい我が家 愛の月影のさすところ……

 

『私の青空』は、日本の喜劇王エノケンが歌っていたと記憶している。

原曲が外国の歌とはいえ相当古い時代の曲のはずなのに、とても新鮮にアレンジされていて楽しかった。

その後は僕の専門分野(笑)である「みんなのうた」が3曲続いた。

60年代に放送された懐かしいラインナップである。

ホームページ「60年代懐かしの宝箱」の主宰、初恋天使さんも大いに喜んだに違いない。

西六郷少年少女合唱団が歌って1965年5月に毎日の歌として放送されている『だれかが口笛吹いた』は、リズミカルな中に美しい旋律が混じり合う。

 

♪くりの花しろい 山道をゆけば 青空のしたの 世界はすてきだ……

 

このあたりの旋律が流麗で聴きどころだ。

団員当時そのままに若々しい歌声を響かせてくれた。

西六が歌って1965年4月・5月の金曜日に放送されたインドネシア民謡『輪になっておどろう』は僕の大好きな歌だ。

隣のM君がプログラムに載っていたタイトルを見て、V6が歌った同名の曲『WAになっておどろう』と勘違いしたので、全く違う曲であることを説明してあげた。

 

♪みてごらん あのやしの実 月かげに ゆれてる……

 

南国の匂いが漂う和みの合唱であったが、一緒に歌いたくて仕方がなかった。(笑)

1967年6月・7月の火曜日にビクター少年合唱隊の歌により放送されたスイス民謡『牛飼いのヨーデル』が続く。

 

♪ファラララ ファラララ ハイホーヘイ 山道帰る ヘイ!

 

声高らかな掛け声とともに曲が終わった。

次はワルツ王Y・シュトラウスの三大ワルツの一つ『ウィーンの森の物語』であった。

名曲中の名曲とあって、期待度マックスのうちに歌が始まった。

うーん、素敵だぁ~♡

うっとり聴き入っていた。

個人的には『美しく青きドナウ』推しだが、こちらの選曲は珍しくて、貴重に感じた。

第1部の締め括りは西六が「みんなのうた」で初めて団単独で歌った記念碑的な楽曲『線路はつづくよどこまでも』であった。

 

♪はるかな町まで 僕たちの 楽しい旅の夢 つないでる

 

当時小学2年生だった僕が胸を高鳴らせてテレビにかじりついて聞くほど好きだった歌である。

同行の「うた仲間」、くじょうさんとYUAさんは、T口先生の指揮が汽車の車輪のような動きだったところが斬新で楽しかったと、それぞれのブログで感想を述べておられる。

http://gyokuyo.tea-nifty.com/blog/cat5034082/index.html

http://blogs.yahoo.co.jp/milestone78_0628/39553701.html

 

演奏の合間や休憩タイムには、頼まれてもいないのに隣に座った杉児OGのお二人や後輩に余計な説明や解説をしてしまった。

「西六団員当時に鎌田先生に鍛え上げられた発声で歌い続けておられるし、選曲が良く知られたポピュラーなものが多いので、一般の方も楽しめるんですよ」

さらにはメンバーを紹介したくて、自分の思い入れたっぷりで話していた。

「ソプラノのキラキラした声の持ち主はK桐さんで、お隣は声量豊かなM山さん、いつもはM田さんという綺麗な発声をされる方がいて終演時のご挨拶もなさっておられたのに今日は姿がないんだよね……アルトはK泉さんがリーダー的存在で、「歌のメリーゴーラウンド」にも出演していた方……未だにボーイソプラノのような発声をなさるテノールがK川さんで、あの白髪のダンディーな紳士が事務局のF田さん、右端の背の高い人が団長のH口さん……」

ずっとこんな調子である。

 

第1部と第2部との間に15分の休憩時間が設けられていた。

僕は数週間前に450年前の西六郷少年少女合唱団の歌の数々を収録した自製CDを西鎌の皆さんに聴いてほしくて事務局のF田さんに送っていた。

それと同じものを夕星さんにも差し上げることにしていたので、ホールの外のソファーで待機した。

「るんるんさーん」

後ろから声がした。

その声の持ち主こそ、夕星さんであった。

5月の西六定演以来の再会なのだが、Facebookで写真を拝見していることもあり、しょっちゅう会っている感じがした。

つい昨日も七五三での着物姿を拝見したばかりであった。

元気な息子二人も出てきて可愛さ爆発であった。

会うたびに大きくなっている。

「これに『線路はつづくよどこまでも』が入っているんだよ」

息子たちに話をする夕星さんの母としての姿があった。

なんでも子供たちは車の中でこの曲をよく聴いているという話であった。

休憩前に夕星さんら会場に駆け付けた西六OBOGの方々も大勢壇上に上がって、この曲を大合唱したばかりだったので、タイムリーな話題となったのだった。

夕星さんに西六で同期だったという美しい女性の紹介を受けたのに、お名前を聞きそびれてしまった。

 

そして、第2部が幕を開けた。

待ちに待った『未来へと』が軽快に始まった。

T口先生の指揮ぶりが、とても素敵なことに気が付いた。

 

♪道ですれ違った(~伴奏~) 小さな子供の笑顔(~伴奏~)……

 

出だしの伴奏のところで手を後ろに組む仕草が何とも可愛らしい!

これまで団員の表情にばかり目が行く僕であったが、ここからT口先生の指揮ぶりに俄然注目するようになっていった。

 

♪ぼくらの空に虹がかかった 時間は不思議だね

 

僕が一番気に入っているフレーズである。

首を振り貧乏ゆすりしながら合唱を楽しんだ。

次の曲も凄くすごく楽しみにしていた『落葉松』である。

 

♪からまつの 秋の雨に わたしの 手が濡れる 落葉松の 夜の雨に わたしの 心が濡れる……

 

美しい響きを聴かせつつ徐々に盛り上がっていき、これまでに聞いたことがないほどの凄まじい迫力で全員が力強く歌うクライマックスへと進んでいった。

このメリハリの利いた合唱には心が震え目頭が熱くなった。

泣きだしそうになった。

森麻季のソプラノ独唱を家で良く聞いているが、全く別の趣で僕の心を鷲掴みにした。

「♪わたしの心が濡れる」どころか、感動で僕の心が打ち震えたのである。

この曲に限らずT口先生の指揮は、時に繊細で時にダイナミックで何よりも明確で素晴らしかった。

今回の演奏会で、いっぺんにT口先生のファンになった。

次の曲は、モダンな『ライオンとお茶を』であった。

お洒落な女声合唱による弾むようなスキャットから始まり、軽やかなピアノ伴奏からの『ボレロ』を連想させる主題の繰り返しが徐々に盛り上がりを見せていく。

そうかと思えば、次には徐々に穏やかになっていき、寄せては返す波の如く続いていく。

とても華やかで楽しい音楽!

ややもすると一本調子に陥りやすそうな曲だが、なんとメリハリのある見事な合唱なのだろう。

足を踏み鳴らす場面があったのは、この曲だったろうか。

指揮のT口先生の足踏みと団員の足踏みがピッタリ揃っていて、実に痛快であった。

素敵すぎて、もはや拍手喝采するしかなかった。

この三つの混声合唱曲は全く違う表情を見せながら、確かな西鎌らしさを主張する名演奏であった。

「溢れ来る感動を有難う!」

心からそう感謝した。

 

演奏会の締め括りは<楽しい合唱名曲集>と銘打ってのバラエティーに富んだ構成の6曲である。

坂本九の『見上げてごらん夜の星を』をW崎さんが笑みを湛えながらのピアノ演奏でロマンチックに表現する中を、昨年のプラネタリウムコンサートの主催者からの感謝のメッセージが流された。

曲名とプラネタリウムとがぴったりマッチした心憎い演出に聴衆は夢心地である。

合唱団が色々な場所に赴いて大活躍していることを知った。

実に喜ばしい、そして嬉しい。

僕にとっては、歌詞さながらの“♪ささやかな幸せ”を感じるひと時であった。

『満天の星』は沖縄の歌ということであったが、今日のプログラムで知らない曲の一曲目であった。

初めて聴く曲は先入観がないので、冷静に聴くことができる。

沖縄らしい独特の優しい旋律が心地よかった。

『心の瞳』は坂本九の遺作と紹介があったが、この曲も初めて……のはずだった。

 

心の瞳で 君を見つめれば 愛すること それが どんなことだか……

 

歌が始まると、「ん?聞いたことがあるような……そうか、表参道高校合唱部だ!」

気が付いてしまった。

(うんうん、知っているぞ。というか聞いた覚えがあるぞ。)

昨年に合唱シーンがあるところが気に入って、毎週欠かさず視聴した青春ドラマの中で歌われていたのだ。

(おー!これは、いい曲だ♡)

ドラマの合唱部の歌は可愛らしくて、少人数ながらそれなりに聴かせてくれてはいたのだが、西鎌の厚みのある中に切なく迫ってくる合唱は、響きも豊かさも全く違う。

後に初恋天使さんがこの演奏を絶賛していることを知り、「我が意を得たり」と頷くことしきりであった。

初恋天使さんの意見に強く熱く、そして激しく賛同させていただく。

 

♪真っ赤な太陽の 沈む砂漠に 大きな怪獣が のんびり暮らしてた……

 

『怪獣のバラード』が始まった。

僕が高校生だった頃のヤング101メンバーの溌剌たるダンス入りの若々しい歌とは一味も二味も違う聴かせる合唱である。

 

♪怪獣にも 心はあるのさ 出かけよう 砂漠捨てて 愛と海の あるところ

 

4年前の演奏会打ち上げ会に特別な配慮をいただき、くじょうさんと共に飛び入り参加させていただいたときのことを思い出した。

演奏会にゲスト出演した西六現役団員も打ち上げに参加したのだが、みんなで大合唱するときに、この曲の人気が高かった。

そういえばあの時、僕は『あふれる若さ』をリクエストした。

 

♪若葉もえる森の中 歩け軽やかに 若い仲間が呼んでいる……

 

今年になって、ある女性団員ご本人から直接お聞きしたのだが、そのリクエストがきっかけでお誘いを受け、歌いたくなり、西鎌に入団することになったという。

僕のリクエストがなかったら団員になっていなかったという話なのだが、思いがけない事であった。

いただいた感謝の言葉には驚くばかりであった。

話が飛んでしまったが、そんなこんなの4年前を思い出しながら聴いた元気なバラードであった。

その後には中島みゆきの『糸』『麦の唄』が合唱曲に生まれ変わって連続で披露された。

 

♪縦の糸はあなた 横の糸は私 逢うべき糸に 出逢えることを 人は 仕合わせと呼びます

 

♪なつかしい人々 なつかしい風景 その総てと離れても あなたと歩きたい……

 

どちらも歌詞も曲も素晴らしいが、僕は後者『麦の唄』に、より魅力を感じた。

朝の連続テレビ小説「マッサン」は全く見なかったが、そのテーマ曲だったという。

事前にプログラムが発表されたことから、YouTubeでチェックしていた曲である。

そこには様々な合唱があったが、やはり西鎌は一枚上を行っていた。

M山さん、K泉さんの登場に心で拍手しながら、ベテランのお二人の美しいハーモニーを聴いた。

その歌声に痺れた!

こうして配布されたプログラムに載っている全ての曲が終わった。

だが、アンコールの曲が残されていた。

ホームページのトップで事前に発表されていたあの曲が、まだ歌われていない。

そう、あのフォークソングの名曲、誰もが知っている『あの素晴らしい愛をもう一度』である。

 

♪命かけてと 誓った日から 素敵な思い出……

 

声に出さずとも少しだけ口を開けて、ほろ苦い少年時代の純な思い出と重ね合わせながら一緒に歌わせてもらった。

これで終わりかなと思ったら、編曲を担当されたY田さんの紹介があり、小椋佳の曲をアレンジした合唱がY田さんのピアノ伴奏のもとに披露された。

知っていると思っていたのに、聴いてみたら知らない曲だった。💦

あれ?タイトルは何だったかな……思い出せない。

これだから年は取りたくない。

るんるん61歳の秋である。(何のこっちゃ)

 

ここで場面が冒頭の幕が下りた場面に戻った。

僕は「うた仲間」らと共に演奏の余韻に浸りながら、ああだこうだと語り合っていた。

聞けば杉児OGのお二人は、卒団生数人で時折集まり、懐かしい歌を歌っているという。

そこで「西鎌の皆さんと一緒に歌えたらいいね」とお話ししてみた。

「こんなに本格的な混声合唱には私達のレベルではとてもとても……」とおっしゃりつつも、謙遜の中に隠された意欲を垣間見た気がした。

西六と杉児は、N児や荒川らと共に全国に名を馳せる児童合唱のトップである。

このように認知された有名な合唱団の卒団生の皆さんなら、きっかけさえあれば、一緒に練習することもできるであろう。

やがてはステージに立って合同で歌ったり交互に歌ったりすることも可能であろう。

杉児OGのメリーさんから、こんな感想の言葉があった。

「アンコールでのY田さんのピアノが素敵でした」

先ほど最後に登場した特別ゲストのピアニスト、Y田さんのことである。

すかさず、こう答えた。

「Y田さんは以前には西六のピアノ伴奏をしておられた方ですよ」

もう一人の杉児OGであるN田さんが、こう言葉を継いだ。

「杉児にも、合唱団創設期からのメンバーで、のちには素敵なピアノ伴奏をしてくださった男性がいるのですが、その男性と同じような存在ですね」

僕は頷いた。

その男性は、ピアノ奏者であり、楽曲編曲者であり、まさに西六のY田さんのような存在だということだった。

Y田さんに話を戻そう。

僕は西六の「ソング・ブックⅢ」をこよなく愛し、何度も何度も繰り返して聴いている。

ピアノはY田さんとKさんの二人の名前が書かれてある。

2枚組55曲のラインナップであるが、いつ聴いても痺れる演奏である。

度々ソロとして登場するK本さんの歌声も素晴らしいが、Y田さんらのピアノ演奏の素晴らしさも見事なものだ。

だから、Y田さんの存在は既に承知していた。

思い起こせば、10年前に単身で初めて西六の演奏会を鑑賞した時のピアノ演奏はY田さんであった。

今回は自ら編曲した曲を弾く場面での登壇であったが、僕も嬉しさいっぱいの気持ちで観させていただいた。

 

しばしの時間を過ごしたのちに、ゆっくりと腰を上げてホールを後にした。

帰りがけにホールの最後方で録音係を担当なさっておられた「熱中スタジアム」出演仲間のM馬さんに声を掛けたが、また余計な一言を言ってしまった。

CDが出来上がるのを楽しみにしていますよ」

無用なプレッシャーをかけてしまった。

 

美しい響きのある歌声を披露して下さった団員の皆さんが、会場の玄関口に勢揃いで我々来場者を見送って下さった。

皆さんの笑顔がはじけていて、ステージでの表情そのままに、それぞれに輝いて見えた。

杉児OGの二人をF田さんにお引き合わせした。

「そのうちに一緒に歌いましょう」

「仲間のようなものですから、みんなに話しますよ」

そんな会話を耳にした。

(えっ、一緒に練習するの?まさかのコラボ?それとも合同ステージ!?僕の夢が現実になるの?……)

勝手に妄想してしまう一コマであった。

 

F田さんから打ち上げ会へのお誘いを受けたが、今回は遠慮させていただくことをお話しし、帰宅の途に就いた。

大ホールに響き渡った素晴らしい合唱が爽やかな余韻となって心を満たしていた。

美しいオブリガートの響き、ソロやソリによる工夫された合唱、様々なシーンが走馬灯のように現れては消え、消えては現れた。

新幹線での帰宅途中に後輩のM君から届いたメールには、こう書かれてあった。

「演奏会の後、心が軽やかになり、10㎞位ジョギングして今アパートに戻ったところです」

彼なりに初めての西鎌演奏会による混声合唱を心と身体でしっかり受け止めてくれた証と喜んだのである。
 もっとも彼を演奏会に誘ったのは初めてでなく、昨年にN児OGによる女声コーラスグループ「レジェンドール」のリサイタルも一緒に鑑賞していたので、そこから合唱に対する意識が変わったのであろう。

車窓からの景色は静かな夜の佇まいに移ろいでいたが、僕の心の中にはポカポカと明るい日差しが注いでいた。

 

るんるんさんには今回お声掛けをいただき、このサイト管理人もこの演奏会を観賞させていただきました。
選曲や曲順、ステージの演出なども工夫され、合唱を聴く者への「御もてなし」を感ずる素晴らしい演奏会でした。
るんるんさん、ありがとうございました。



お馴染の るんるんさんよりレポートを頂きましたので掲載致します。



 

るんるんの10年目のレポート

西六郷少年少女合唱団2016定期演奏会を鑑賞して~

 

平成28年5月3日1400開演「第一生命ホール」、指揮:小池直樹 ピアノ:中島剛

 

<はじめに>

西六郷少年少女合唱団定期演奏会。

この場に足を運ぶこと、10年。

地方から上京してまで連続で鑑賞するのは、恐らく僕ぐらいであろう。

最初に足を運んだのは2007年である。

会場は浜離宮恩賜庭園に近い「朝日ホール」であった。

はじめてだったので、ウェルカムコンサートがあることを知らなかった。

席について待機していたら、ロビーから聞こえてくる合唱に驚いて、その場に駆け寄ったことが印象に残っている。

晴れやかな顔で楽しそうに歌う団員の歌声に癒された。

『ハイキングに出かけよう』『夏の山』など、NHK「みんなのうた」の懐かしい歌が聞けたのが嬉しかった。

開演前から異常に興奮する自分がいたことを懐かしく思い出す。

組曲『遠足』に大満足した演奏会だった。

素晴らしいボーイソプラノのK藤君の存在を知った喜びが忘れられない

帰宅するときには同窓会会場の看板を横目で見ながら「来年も来よう」と決心していた。

そこから毎年「来年も」という思いで足を運び続けた。

気が付いたら、いつの間にか10年目を迎えていたのである。

最初は単身だったが、徐々にうた仲間と一緒に鑑賞するようになった。

2011年にNHK「熱中スタジアム」という番組で知り合ったのが、合唱団OBM馬さんである。

それがご縁となって同窓会にまでお邪魔することができたのは、望外のことであった。

そこでOBOGの皆さんや現役団員と共に歌うことができるのが楽しい。

部外者の立場もわきまえず、毎年お邪魔してしまう自分がいる。

2007年に僕が最初に鑑賞したときの団員は、8年目の2014年に卒団したH出(妹)さんを最後に全員卒団してしまった。

昨年(2015年)は総入れ替えという状態だったが、毎年新団員が入っているので、全く違和感はない。

団員が入れ替わったので、10年前とは違う合唱になっているのかもしれないが、聴き比べたところで音楽的なことが分からない僕には、その違いが判らない。

そんな素人ながら、定演を毎年鑑賞するのが楽しみでライフワークとなっている。

今年もワクワクしながら、鑑賞したことは言うまでもない。

その都度、鑑賞記まがいのレポートを書いている。

だからといって、ネタが切れることはない。

文章が上達して、内容が充実してきたかというと、そういうわけでもない。

ただひたすらに好きな児童合唱を聴いての感想と個人的な思いを綴っているだけだ。

ときに脱線することもあるが、それも僕らしいところだ。

今年もまた、音楽性には欠けるものの西六愛にあふれるレポートを自由気ままに書くことにしよう。(笑)

 

<定期演奏会>

プログラムを見て団員が19名に減っていることに気が付いた。

NR歩さんからTSさんまで男子4名女子15名であった。

昨年より4名も少ない。

「少子化の影響?大丈夫かな?」

そんな風に要らぬ心配をするのであった。

実は僕が定期演奏会を鑑賞するようになった2007年からの歴代団員名簿を作っている。

ファンとして団員の変遷を資料として持っていたいと思ったからだ。

その資料で当然ながら団員の人数の変遷が分かる。

2007年~SM子さんからH出(妹)さんまで25名。

2008年~YR絵さんからSK子さんまで20名。

2009年~TM輝さんからYM吹さんまで23名。

2010年~OAさんからM Y香さんまで21名。

2011年~KY治君からGN江さんまで20名。

2012年~GK文君からYY姫さんまで21名。

2013年~IF子さんからYS助君まで22名。

2014年~H出(妹)さんからHR子さんまで20名。

2015年~GN江さんからTSさんまで23名。

ご覧のとおり20名を割ることはなかったのだ。

しかし、演奏が始まると、そんな心配はどこかに吹き飛んだ。

もっとも前半は小学校の合唱部員も一緒の合同演奏ではあったのだが。

1部は日本の合唱曲であった。

♪てびょうし うとうよ……

『これが音楽』で元気良くスタートした。

♪あおい ちきゅうは だれのもの……

お馴染みの曲が続く。

♪みちというなの ふねにのり……

Nコン課題曲として一世を風靡した人気曲である。

♪さよなら さよなら さよなら たいよう……

山本直純の流麗な旋律が印象的な『夕日が背中を押してくる』である。

同行した高校の同級生O君に思わず訊ねた。

「この歌、覚えている?」

「あぁ、知っているよ」

軽い返事だったが、二人には思い出の歌だった。

実は陸上競技部のクラブ活動を終えて彼と一緒に帰宅したときに、分かれ道のところで僕が歌って別れていたのだ。

ああ 懐かしき青春! 美しき「みんなのうた」!

後半に入って僕が尊敬する中田喜直の童謡曲集となった。

一番印象に残ったのは『夕方のおかあさん』である。

♪……ごはんだよ(ごはんだよ) やっぱり おなじだ おなじだな

2番はN澤さんのソロであった。

とてもピュアな声質で心に響いた。

もう一度聴いてみたい。

♪おかあさん おかあさんと そっとよんでみる……

『おかあさん』は僕のお気に入りの歌である。

デビュー間もない梓みちよさんもレコーディングしていた昭和の名曲だ。

合唱曲としての選曲に感謝したい。

 

2部の前半はブルガリアの合唱曲であった。

ブルガリアといえば、すぐにソフィア少年少女合唱団が思い浮かぶ。

日本の数々の児童合唱団と交流した親日的な姿が印象に残る。

静岡児童合唱団とは姉妹提携しているが、西六も交流を深め合った合唱団の一つだったようだ。

お馴染みの愉快な『蛙のポルカ』のほかに、こんな曲が演奏された。

♪ひろい あおぞらのなか……くるくる まいとび……

ほがらかな曲調の『かわいいおしゃべりひばり』である。

元気が沸き上がったが、最後は消え入るように静かに終わる凝った合唱だった。

♪……アンブローラ アンブローラ アンブローラ ララララー……

『紙の船』は落ち着いた曲調に哀愁が感じられた。

♪……おそらに えがいた あーちの したには……

『ひばり』はリズミカルな中に高度なピアノ伴奏が印象的な楽しさ満載の合唱だった。

ブルガリアの児童合唱曲は総じて日本人向きだと感じた。

違和感なく耳に入ってくる。

「みんなのうた」でも『若人の歌』『元気な仲間』『冬の歌』などたくさんの名曲が紹介されている。

後半は再び日本の合唱曲であった。

組曲の中から抜粋した曲が披露された。

不覚にも知らない曲ばかりだった。

最後のIN TERRA PAXだけは、かろうじて知っていた。

IN TERRA PAX ちきゅうに あいを……

ダイナミックな曲で爽快だった。

予告ではプログラムに組まれていた『トランペット吹きながら』がなかった。

どうしたのだろう?

♪ふるさと SL マンモスのきば……

楽しみにしていたと言え、いつも聞いている曲なので、ダメージはない。

 

アンコールは大サービスの4曲であった。

『鷗』は三好達治の詩に木下牧子が曲を付けた名曲である。

僕の三女も高校音楽部の定期演奏会で歌っているお馴染みの曲であった。

毎年「ご来場者アンケート」があるのだが、もしかしたら過去に僕がリクエストしているかもしれない。

♪ついに じゆうは かれらのものだ……

しっとりした中に心を震わせるメロディーが心地よかった。

『はばたけ鳥』『花~すべての人の心に花を~』と続き、有終の美を飾るのは、やはりこの曲であった。

『ぼくらの町は川っぷち』である。

♪……とうさん かあさん かえるまで……

“そんなぼくらの町なんだ”

なぜか西六郷の町並みを想像してしまう。

 

<みんなのうた熱中人オフ会>

演奏会終了後に元NHKディレクターで「みんなのうた」制作担当の一員だったS村さんを囲んで番組ファンが集った。

番組で最初に流された曲が『おお牧場はみどり』であることは、有名である。

S村さんからこの曲に関して初耳のエピソードが語られた。

外国曲なので日本語歌詞をつけたのであるが、最初の案は“おお”ではなく“ああ”だったというのだ。

途中で「ホイ」と掛け声をかけるのだが、“おお”のほうが自然な流れになるということだったらしい。

短時間ではあったが、ディレクターならではの興味深い裏話をたくさん聞くことができた。

 

<同窓会>

事前に同窓会へのお誘いをしてくださったのはOBF田さんである。

体調を崩されて療養中とのことで、ダンディーなお姿がなかった。

F田さんのイニシャルにFを使うかHを使うか、いつも迷うが、ヘボン式にした。)

いつも優しく接待してくださるM田さんも所要があってお見えになっておられなかった。

しかし、心強いM馬さんの姿があった。

久しぶりに見るM馬さんは、以前よりシュッとしたスマート体系になっておられた。

聞けば仕事の合間を縫って、テレビドラマのエキストラを演じておられるという。

僕の想像であるが、エキストラを演じるために体を絞ったのではなかろうか。

WOWOW開局25周年記念ドラマ「沈まぬ太陽」にも出演されたそうで、番組のチラシをいただいた。

8日の第1話は無料放送だと聞かされていたのに、見逃してしまった。

GW最終日で帰宅した当日だったため、疲労困憊でドラマどころではなかったからだ。

M馬さんは刑事役など色々なドラマのエキストラを演じておられるそうだ。

近いうちにその勇姿を見る機会は訪れるであろう。

それにしても4キロも痩せたそうで、羨ましかった。

M馬さんの隣にK川さんが座っておられた。

K川さんは西鎌メンバーであり、素敵なテノールの声の持ち主だ。

2012年の西鎌定演では『涙くんさよなら』をソロで歌っておられた。

ボーイソプラノのような発声に魅了されたものだ。

ミーハーな僕は、思わず「声質が大好きです」とお伝えした。

例によってH口さんの華麗でウィットに富んだ名司会で同窓会は進行していった。

卒団のN澤さんへのインタビューでは「嬉しかったことは、いっぱいソロを歌えたことです」「嫌だったことは、掛け声がうまく行かずに先生に怒られたことです」という本音を引き出していた。

H口さんのエスプリの効いた司会術は、実に爽快で場を和ませてくださる。

やがて恒例の全員合唱が始まった。

このひと時が楽しみでお邪魔している。

小池先生、ピアニスト中島さんの伴奏で、次から次と西六十八番の合唱曲が歌われた。

僕は美しい歌声の渦中で満足感に浸っていたが、OGFB仲間の夕星さんと目が合った。

無邪気に歌を楽しんでいる僕の姿を見て、微笑んでくださった。(と、思う。???)

隣に座っておられたOBの方に「ファンなので、たぶん8割ぐらいは歌えますよ」と話していたのだが、実際には全曲歌うことができた。

これには流石に驚かれたようで「OBでも知らない曲があるのに、良くご存知ですね」と言っていただけたのは満更でもなかった。

途中で本格的なオブリガートを声高らかに披露する若いOGを見つけた。

昨年もK藤君と並んで歌っていたのだが誰だか分からない。

カメラ係をやっていたK藤君に確認したらS田さんだという。

僕が生の合唱を聴いた最初の団員の一人で、その時に卒団したS田さんだったのだ。

同窓会がお開きになったので、名刺を持ってご挨拶をした。

声楽の道に進んだそうで「たヴェるな★座」によるオペラと歌曲の演奏会のご案内をいただいた。

ソプラノメンバーの一人として歌うという。

岩手から上京しているので、鑑賞するのはなかなか難しいことをお伝えした。

東京近辺に居住していたら、当然駆けつけるところだ。

皆さん、5月30日(月)1830開場・1900開演「大泉学園ゆめりあホール」に是非お出かけください。

S田さんがいた場所には卒団から間もないメンバーが小池先生と共にいた。

スタッフとして演奏会のお世話してくれた皆さんだ。

入口に近い僕の席からは見えない奥の隠れ部屋にいたのだ。

現役団員もその隣にいた。

見覚えのある顔ぶれだが、みんなはファンの僕のことなど誰一人として知るわけがない。

「誰?このお爺さん」

そう思ったに違いない。(*_*;

 

<おわりに>

僕は歌が大好きだ。

幼い頃に歌好きの兄二人の影響を受けたと思う。

兄たちの音楽の教科書に載っている歌は全部歌えた。

小学校の音楽の時間は最初から大きな声で歌ったものだ。

5歳上の長兄はNHKから「みんなのうた」の楽譜を取り寄せて、大切に保管していた。

歌が好きな僕がその場所を知らぬはずはなかった。

長兄がいない時を見計らって、楽譜を取り出し歌っていた。

当時の「みんなのうた」は児童合唱団が主役であった。

その常連の中に西六郷少年少女合唱団がいた。

以前にも紹介しているが、僕が一番初めに嵌った「みんなのうた」が『線路はつづくよどこまでも』であった。

それこそが紛れもない西六の合唱であった。

少年合唱団として発足した1955年に僕は生まれている。

合唱団との不思議な縁を感じ親近感を覚える。

 

これで定期演奏会を10年間連続で鑑賞した。

5年目ぐらいの時から10年は通い続けようと誓っていた。

あっという間の10年だった。

上には上がいるもので、2000年からずっと連続で演奏会に足を運ばれている方がいらっしゃる。

http://ginzanokaze.music.coocan.jp/melody/n.bokuranomachi.html

この方に比べたら僕などはまだまだ“ひよっこ”に過ぎない。

10年前は50代になりかけだった僕も今や年金生活である。

10年一区切りということで、11年目を迎える来年に鑑賞するかどうか、現時点ではハーフハーフである。(浅田真央ちゃんみたい(*^-^*)

「もう少し近場に家があったらなぁ」などと、どうしようもないことを考えてしまう。

今はっきり言えることは、秋の西六郷鎌田記念合唱団定期演奏会についてである。

万難を排してお邪魔したいと思っている。

必ずや美しいハーモニーを会場いっぱいに響かせてくれることだろう。

僕と同世代のメンバーが多いが、その歌声は永遠に不滅なのだ。(長嶋選手のパクリ!)


 るんるんさんありがとうございました。
 今回は参加したい!と思ってましたが今回も参加できませんで残念でしたが、るんるんさんのレポートで
会の様子がよく判りました。




       

「風邪なんかひくなよ お腹こわすなよ」~阿蘇~

(西六郷少年少女合唱団創立60周年記念定期演奏会を鑑賞して;るんるん)

2015.5.3(憲法記念日) 1400開演 第一生命ホール (指揮)小池直樹 (ピアノ)中島剛

 

西六郷少年少女合唱団。

なんと!今年で創立60周年を迎えた。

奇遇にも還暦を迎えた僕と同い年である。

否が応でも親近感が湧いてしまう。

例年どおり53日の定期演奏会に駆けつけた。

ファン仲間にも声を掛け4名で鑑賞したのである。

僕が定期演奏会を鑑賞するのは2007年から連続9回目。

つまり9年間欠かさずに通い続けたことになる。

それだけの魅力があるからだが、いったい何が僕を惹き付けるのだろう!?

ひとつには少年時代にNHKテレビで出合った児童合唱への憧れ。

さらには昔懐かしい曲をオンパレードで聴けること。

そして可愛らしい団員の姿を見ながら美しい合唱が聴けること。

まだまだあるが、これらのことが僕を惹き付け、毎年一番の楽しみとなるイベントになっているのだ。

 

プログラムに「60年間のあゆみ」が紹介されている。

1955年の発足。

1963年にはNHK「みんなのうた」のレギューラーになる。

そう書かれてある。

ここに着目した。

「みんなのうた」熱中人である僕としては逃せないところだ。

当時『線路はつづくよ どこまでも』に嵌ったことを思い出す。

それまで放送された中にもお気に入りの曲はたくさんあったが、この曲は特に好きだった。

小・中学校当時を振り返っての思い出(自分史)を執筆しているが、そこでもこう書いている。

 

小学2年生~この年の「みんなのうた」で放送された曲のうち、特に好きだったのが線路はつづくよ どこまでもである。画面に釘付けだった。歌詞にあるとおり、毎日リズムに合わせて歌っていた。ハイソプラノが生きていた名合唱である。

 

その思い出に残る曲を歌ったのが西六郷少年少女合唱団である。

確認したところ、西六が「みんなのうた」に初めて起用された記念碑的な曲であった。

196212月に『駅馬車』とともに見事な合唱を披露している。

そして翌年の1963年からはレギュラー扱いになったのだろう。

僕が子ども心に惚れこんだ『線路はつづくよ どこまでも』は、後半のオブリガートが特に印象的で美しい響きである。

 

当時「みんなのうた」を制作するNHKの職員の一人であった志村建世さんに直接聞いた話を思い出した。

既に紹介済みであるが、面白い話なので再掲する。

一緒に番組を制作していた後藤田純生さんのことである。

『線路はつづくよ どこまでも』の作詞は佐木敏なっている。

実は後藤田さんのペンネームであり、お酒が好きだったので“酒瓶”をもじって付けたのだという。

志村さんは自らのブログで『線路はつづくよ どこまでも』の放送当時の友部光子さんのアナウンスが『線路はつづく どこまでも』と「よ」が抜けたエピソードも紹介しておられる。

制作担当者ならではの興味深い話だ。

兎にも角にもこの曲を皮切りに西六は番組の常連合唱団となった。

団単独では30曲を超える曲を歌ったが、僕好みの曲が多い。

順不同であるが、タイトルを並べてみよう。

しっかり確認したわけではないので、漏れている曲があったり、歌っていない曲があるかもしれないが、ご容赦いただきたい。

 

駅馬車Trail to Mexico

線路はつづくよ どこまでも(I've been working on the reilioad)

なんでもやるさ(Id Do Anithing)~「オリバー」より~

五年生

あくびのむこうにとびだそう

逃げた小鳥

いつでもどきどきしてるんだ

谷間をゆけば(Zillertal, du bist mei Freud)

輪になっておどろう

だれかが口笛ふいた

口笛ふいて(ボギー大佐より)

谷間に鐘は鳴りひびく

トレロ カモミロ

春の川で(Tres Jolie)

メキシコのダンス

勇気のうた

花のまわりで

禁じられた遊び

この日をめざして~メキシコオリンピック応援歌~

ぼくらの空は四角くて

アルプスの谷間Emmentai Lied

山のごちそう

じゃがいも

ふるさとのヨーデル(Erzherzog Johann Lied)

世界一周(Hinky Dinky Parles-Vous)

水色の空に

それ行け3組

春風のドライブ

ひざっこぞうマーチ

あふれる若さ('s wird schöne Maderln geb'n)

フリッパー(Flipper)

森の教会(The Little Brown Church in the Vale)

 

この他にも友竹正則さんや立川澄人(清登)さんらボーカルを担当した大人の歌手と共に歌った曲もたくさんあるが曲目は省略する。



僕が好きなのは牧山静江さんと一緒に歌った『星のヨーデル』である。

1970年代に歌われた曲を演奏会で聴いた例がないが、K本さんがソロを歌った『水色の空に』と共にいつかは聴かせてほしいと願っている。

西六が参加したのはNHK公式サイトによると51曲という数にのぼる。

60年代から70年代前半までの児童合唱全盛期には、かくも素晴らしい活躍をしたのである。

現在はNHKがこうした活躍の場を作ってくれないので、テレビで聴くことはなくなってしまった。

ファンとしては残念なのだが、定期演奏会がそれだけ楽しみになっているのも事実である。

 

さて、西六郷少年少女合唱団には僕が憧れた往年のソリストK本さんら美声の持ち主が多くいる。

最近ではK藤君に注目しているが、団員当時の歌声に一発で惚れ込みファンになった。

この春に東邦音楽大学を卒業したようだが、今後の活躍を大いに楽しみにしている。

 
それでは、今回の演奏会を振り返って見よう。

 

<第1部前半 たのしい歌・みんなの歌>

『草競馬』が一番印象的だった。「みんなのうた」でも放送されているが、それよりも数段凝った編曲だったからだ。

横山菁児さんの素敵な編曲を選んだ小池先生のセンスが光った。

楽しみにしていたのは『なんでもやるさ』であった。

半世紀前にNHK「歌のメリーゴーラウンド」で始めて聞いてすぐに好きになった曲だ。

僕の記憶では、その時には少年のソロあるいはデュエットがあったと思うが、今回は全体を通して合唱のみのバージョンで、これはこれで現在の西六らしさが出ていて良かった。

「歌のメリーゴーラウンド」で紹介された後に追いかけるように「みんなのうた」でも放送されたが、もともとはミュージカル映画『オリバー』の挿入曲であり『オリバーのマーチ』とセットで思い出深い曲となっている。

映画音楽も外国曲としてどんどん紹介されていたのだ。

久し振りに生で聴くことができて、嬉しかった。

『カナダ旅行』も「みんなのうた」だが、シャンソン歌手の芦野宏さんが歌っていた印象が強く、多少歌詞は異なっていたと思うが、軽快で楽しい曲を聴けて懐かしい気持ちでいっぱいになった。

薩摩忠さんの訳詞による♪テクシー、♪オンワワなど子供心に面白い歌詞だと思ったものだが、楽しい歌詞であることに今更に気づく自分がいた。

 

<第1部後半 日本の民謡・わらべうた(九州編)>

合唱好きであれば良く知っていると思う『いちでたちばな』でスタート。

畳み掛けるような楽しい合唱でいつ聴いても楽しめるが、この演奏は流石とうならせるメリハリに富むものだった。

民謡の風情を上手に残したアレンジで聴かせてくれたのが『かりぼし切り歌』

ソロが利いていて胸に染み入る合唱だったのが『島原の子守唄』

「みんなのうた」では由紀さおりさんが『島原地方の子守唄(お国めぐりシリーズ九州~島原地方)として歌っているが、やはり児童合唱が好きな僕としては西六バージョンが好みである。

大好きな曲『春の潮だまり』の作曲者である若松正司さんの編曲であることも分かり、納得してしまった。

60周年記念CDにもこの『春の潮だまり』が収載されている。

 
<第2部 日本の合唱曲>

『ひとつの朝』は懐かしいNコン高校生の部の課題曲であり、今でも演奏される機会の多い曲である。

児童合唱では初めて聴いた。

団員数が少人数ということもあり厚み、迫力という点では少しもの足りないところもあったが、苦も無く歌いこなしているのには感心してしまった。

作曲した平吉毅州さんに心酔している歌仲間のYUAさんは演奏中に平吉さんの写真を手に持って聴き入っていた。

僕は優れた合唱曲のひとつとして聴いていたのであるが、YUAさんにとっては、待ちに待った念願の演奏ということで、特別の思いがあったに違いない。

『小鳥の旅』はメロディーラインが好きで良く聴いているが、生で聴くのは迫力が違った。

良い曲であることを再認識できて良かった。

そして今回の演奏会の目玉のひとつとして楽しみにしていた組曲『チコタン』である。

1曲目の『なんでかな?』から心がザワザワ騒いだ。

結末を知っているだけに急速に胸が熱くなっていった。

5曲目の『だれや!?』では感動の余り、目から熱いものがこぼれ落ちる寸前にまで追い込まれた。

OGM田さんらからお話を伺ったが、芸術祭優秀賞を受賞した45年前のメンバーだったそうだ。

この曲に関しては鎌田先生ではなく、作曲者である南安雄先生の直接指導で歌ったそうで、魔法にかかったように引き込まれて歌ったという。

その歴史と伝統に裏打ちされた見事な合唱がホールいっぱいに響き渡ったのだから感動の渦に巻き込まれる僕がいたのは当然の結果と言えよう。

往年の団員の皆さんをはじめ、西六ファンの胸を熱くしたことは間違いないところだ。

 

<第3部前半 名曲をたずねて>

僕が楽しみにいていた曲の筆頭は『美しく青きドナウ』であった。

そもそも原曲が好きで、今でもレコードを良く聴いているからだ。

レハールの『金と銀』と共に何度も繰り返し聴いているワルツの名曲である。

だから、どんな合唱を披露してくれるのか心待ちにしていたのだ。

堀内敬三さんの訳詞で、吉田雅博さんの編曲と書かれていたが、半世紀前から聞き慣れた中山知子さん訳詞の曲とほぼ同じで、違和感なく耳にスッと入ってきた。僕が聴き馴染んでいたバージョンはN児の合唱であるが、どちらも原曲をあまりいじっていないようなので、大きな差は生じなかったのであろう。

ソプラノが♪ハハハハハッハハハハハッ・・・と歌うところも同じで、聴きどころ聴かせどころとして心地良い演奏だった。

他には『トリッチ トラッチ ポルカ』の統率の中にグイグイ聞かせる小気味よいハーモニーが印象に残った。

 

<第3部後半 スペシャルアンコール>

今回のスペシャル企画である。

60周年を記念してのOBOG団員との合同合唱だった。

ステージいっぱいに並んだ新旧メンバーによる豪華な合唱が披露された。

お馴染みの『若者の春の歌』『ぼくらの町は川っぷち』も当然良かったのであるが、聴き手としては織り込み済みであった。

今回の演奏の圧巻は何といっても『阿蘇』(「火のくにのうた」から)であった。

有名な曲で僕も大好きなのだが、このような圧倒的な迫力で聴けたのは望外のことであった。

演奏が終わるや否や「ブラボー」の声が飛び交うほどの感動のステージであった。

興奮してしまい曲の途中からは僕も口を開けて声には出さずに歌っていた。

ミヤマキリシマもキスゲもどんな植物なのか知らないのに阿蘇の映像が浮かんでくるかのような気分になっていた。

歌詞同様に火のように熱くほとばしる鼓動が♪ドードードドードドドドードド♪と高鳴っていた。

演奏会が始まる前にお会いしてご挨拶していた西鎌の団長、H口さんやU根さんらの頼もしい姿もあり、改めて西六郷少年少女合唱団の深い絆と伝統を感じることができた。

一ファンとしてこの感動的で迫力満点の合唱を聴けたことは幸せ以外の何物でもない。

はしょったが、以上が演奏会の様子と僕の鑑賞記である。

 


演奏会が終わりホールを出ると、西鎌団員などOBOGの方々の姿があった。

K本さん、K森さん、M馬さんらの姿が見えないのが寂しかった。

『阿蘇』の余韻が残る中、「風邪なんかひくなよ お腹こわすなよ」「あっ、そう」(阿蘇)というオヤジギャグを言ってしまい、ひんしゅくを買う僕であった。

F田さんらにお誘いを受けたのを幸いに図々しくも今年もまた同窓会に飛び入り参加させていただいた。

M田さんらが僕たち部外者の話し相手をしてくださり、光栄な事であった。

昨年西鎌の演奏会をすっぽかしてしまった僕なのに、優しく接してくださり、有難かった。

しばし団員当時のお話を聞かせていただくなどしながら楽しく会食させていただいた。

創設当時のメンバーでアルトの要であったK泉さんは今でも西鎌の要の存在であるという話や、ごんちゃん(これで内部的には通じる)が団員に付き添ってくれる頼もしい存在であったとか、黛敏郎さんがどういう方なのか知らなかったとか名高いミュージシャンや演奏家と共演したのに子供だったので何にも分からなかったとかいうような団員ならではの話をたくさん聞くことができた。

さらには西六の話にとどまらず、N児は勉強のできる子でないとメンバーに選ばれないという噂があったとか、N児のソリストのK村さんと高校で一緒になって驚いたという話など同時期に研鑽し合った合唱団や団員に関する思いがけない話も聞くことができた。

僕たちの席に回ってこられた小池先生とも握手を交わし、素晴らしい演奏を聴かせていただいたことへの感動の思いを伝えさせていただいた。

同窓会は後半の全員での合唱がとにかく楽しい。

楽譜が配布され次々に歌った。

今年は一昨年には選曲されなかった僕の好きな曲『世界もうたを歌ってる』が歌われた。

この曲はNHK「歌のメリーゴーラウンド」で聴いたが、僕が持っている「少年少女合唱団のための世界の合唱~後藤田純生編~」というタイトルの水星社が発行した楽譜集にも『若人の歌』『線路はつづくよ どこまでも』『オリバーのマーチ』『夏の思い出』『いちでたちばならとともに掲載されている。

♪あーあああああああああああー

と 「♪あー」 ばかりで歌う中間部が印象的だ。

僕は阪田寛夫さんと山本直純さんの名コンビによる曲がお気に入りなのだ。

ところが、どうやら団の中ではメジャーではない曲だったようで、司会のH口さんが「歌えんのかい!」と突っ込みを入れておられた。

H口さんはいつも名調子で「次は『おお牧場はグリーン』」「『若人の歌』は色々な事情があって・・・」などとユーモアのセンスも抜群だ。

こうして楽しい合唱の渦の中で幸せなひと時を過ごしたのである。

僕は最後にK藤君に名刺を渡してファンであることをアピールしてからお別れした。

きっと“変な老人”と思われたに違いない。

 



同窓会を後にした歌仲間4人でオフ会を行った。


こぞって『阿蘇』を絶賛し、同窓会で歌えた楽しさを噛みしめあった。

研究熱心なくじょうさんは中田喜直さんの『夏の思い出』の最後のフレーズがオリジナルは違っていたという情報をもたらし、メンバーは興味津々であった。

平吉さんファンのYUAさんもチェロ奏者ののぶちんさんも歌や音楽の話を熱く語り、懐かしの「みんなのうた」に詳しいことだけが取り柄の僕は『証城寺の狸囃子』の「♪ポンポコリンは僕のお腹のことだ」などと言って笑いを取ろうと必死になった。

話は尽きることなく、あっという間に時が過ぎ夜は更けていたので、名残は尽きなかったが散会の運びとなったのであった。

こうして演奏会鑑賞の楽しい一日が終わった。

「来年もきっと来よう!!」

そう心に誓った。

 るんるんさんありがとうございました。

 当日の様子が手に取るように解り、盛り上がった様子が目に浮かびます。
それにしても「みんなのうた」名曲の多い西六ですね。レポートの中に懐かしい曲がいくつも出てきました。
 当時を思い出してさっそく聴いてみたいと思います。(初恋天使)

  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇ 


お馴染の るんるんさんよりレポートを頂きましたので掲載致します。
 杉並児童合唱団創立50周年記念演奏会を鑑賞して

 平成26年9月27日(土)18:00~20:30「武蔵野市民文化会館大ホール」

(児童コーラスファン、るんるん記)

 

『起-はじめ』

杉児は進化している。その統率された見事なステージは目を見張るものがある。しかも奇を衒うようなことは一切せずに正統派の良質な音楽を発信し続けている。より良き伝統を受け継いでいる点も見逃せない。いや、それこそが観客を心地良い歌の世界に誘ってくれているのだと思う。

志水先生が生涯をかけて作り育ててきた杉並児童合唱団。今年は何と創立50周年である。

残念なことに志水先生は、その記念すべき年に病によりこの世を去られた。関係者のショックは計り知れない。しかし、演奏会は敢然と予定通りに行われた。志水先生も草葉の陰で、さぞお喜びであっただろう。

 

 

『承-つづき』

♪ まわーれ クルクルまーわーれー ・・・ でてくる でてくる だいすきなうた まわーれ うたーのメリーゴーラウンド

♪ うーたーはー とーもーだーちーだー ・・・ なみだがー なぜかー でるときなんかー そら うたえ うたえ うたえー

ステージは昔懐かしい「歌のメリーゴーラウンドのテーマ」と「歌はともだちのテーマ(南安雄version)」でスタートした。オールドファンにとってはたまらない選曲である。志水先生が溌剌として指揮をされていた当時の記憶が脳裏を過った。

次いで『美しく青きドナウ』は友情出演の下での大コーラスであった。

第1部は1960年代の「みんなのうた」「歌のメリーゴーラウンド」を軸にした選曲で、自分にはとても馴染みのあるもので有難かった。少年時代に覚えた曲の数々に胸を躍らせたのである。

第2部は杉児らしさ爆発のポピュラー曲の数々であった。

『野生のエルザ』をNHKの番組(「歌はともだち」?)で初めて聴いたのは40年も前であるが、実にモダンで新しい分野への挑戦を喜んだものだ。今回聴くコーラスも変わらぬ編曲であったが、あの絹のようにキラキラしたソロの歌声はなかった。それでもゾクゾクする気持ちが湧きあがっていた。『ある愛の詩』『シェルブールの雨傘』など有名な映画音楽がそよ風のように心地良く、正に夢気分であった。

第3部はステージを締めくくるミュージカルである。

初演となる『ブレーメンの音楽隊』は、個々のキャスティングもはまっていて、団員全員からなる統率されたステージが印象に残った。

お払い箱となった動物たちが旅をする中で、自分が必要とされる場所で必要としている友と共に生きて行こうと決心するラストまでの流れが明確で、分かりやすかった。

ソロ、コーラス、劇が融合し、美しいハーモニーを奏でたのである。

   

『転-かわり』

今回は嬉しい誤算もあった。自分が勝手に卒団と決め込んでいた尾作さんの出演である。今回のステージでもその存在感を示してくれたのだ。小池さんとのツートップは杉児になくてはならない存在である。これからも杉児のリーダーとして活躍していただきたい。

ところで、休憩時間に馴れ馴れしくも隣席の家族連れと思しきご婦人に声を掛けた自分であった。志水先生が肺炎で亡くなったこと、この記念演奏会を見届けることが適わなかったことの無念、第2部のステージ衣装の統一(今年はmonochromered)とスタッフの充実、伝統あるステージの素晴らしさなどに話は及んだ。自分は一ファンに過ぎないが、こうして見ず知らずの方と杉児を語ることができることが嬉しかった。

さらに話は飛ぶが、日本における児童コーラスの現状はどうなのであろうか。NHKが青少年向けの歌番組から撤退したことの影響は大きかったと言わざるを得ない。ウィーン少年合唱団など海外の有名な合唱団を番組に登場させていたのもNHKであった。国内外を問わずTVの露出が極端に減ってしまったことで、主役から脇役に追いやられる結果となってしまった。大人の歌手のバックコーラス扱いが現状である。無論TVが全てではない。地道に活動し、演奏会を開催していることは原点であり、最も大切な事である。幸いにも全国には今でも多数の児童合唱団が存在する。指導される先生方の多くは「歌のメリーゴーラウンド」や「歌はともだち」を見ていたであろう。黄金期を知る方々は情熱を傾けて指導されておられるに違いない。

 

『結-むすび』

自分が小学生の頃からNHKTVで馴染んでいた児童コーラスである。特にN児、西六、杉児の3団体は露出が多く、馴染み深いものがあった。実力のあるコーラスは、「みんなのうた」「歌のメリーゴーラウンド」「歌はともだち」で遺憾なく発揮されていた。それぞれに個性があり、人によって好みは分かれるであろうが、杉児の素直な歌い方は万人に好かれるものだと思う。青空を見るかのような澄み切った歌声には心が安らぎ癒される。杉並会議により日本の児童コーラスを牽引してきた実績も光っている。

志水先生の遺志は津嶋さんやスタッフ、そして団員にしっかりと受け継がれ、これからも児童コーラスのパイオニアとして存在感を示し続ける事であろう。

この6年間、自分は遥々陸奥の地から演奏会を鑑賞するためにだけ東京に足を運んできたが、今回のステージを見届けたことで一区切りと考えている。節目となる45周年記念演奏会が最初で、50周年記念演奏会が締めくくりとなった。特にはじめて鑑賞した時の押さえきれない感動は決して忘れることはないであろう。杉児の益々の発展と活躍を祈る。

 


 体調が良くない中の遠方よりのご来訪、またレポート、るんるんさんありがとうございました。50周年ということで早々、満員御礼の人気の状況であったと聞いています。60年代みんなのうたファンの一人として、杉並武蔵野地区の住人であるこのホームページの主宰初恋天使もこの合唱団の活動の実績には誇らしさを感じております。

 

2014西六郷少年少女合唱団定期演奏会に出かけて

(るんるん)

 

開催日 / 平成26年5月3日(土・憲法記念日)

会場 / 晴海トリトンスクエア内「第一生命ホール」(中央区晴海1-8-9

開場 / 1330 、 開演 / 1400

指揮 / 小池直樹(東邦音楽大学卒業生)

ピアノ / 中島剛(東邦音楽大学講師)

<賛助出演> 西六郷小学校合唱部

 

●はじめに

今年は例年と違い演奏会の鑑賞記というより筆者の日記的な内容になることをお断りしておく。歌の感想も少ないことから演奏会の様子を詳しくお伝えする内容にはならないので、期待されている方にはガッカリさせてしまうことをお許しいただきたい。とりあえず、プログラムを最初に紹介しよう。

 

◇第1部◇

たのしい歌・みんなの歌【合唱団・合唱部合同演奏】

・風のつばさを (山本櫻子 作詞/柳沢浩 作曲)

・誰も知らない (山本直純 作詞/福田一雄 作曲)

・D51は思い出の中に (きくよしひろ 作詞/山本博 作曲)

・木を植える (谷川俊太郎 作詞/木下牧子 作曲)

・こみちのきもち(筧和歌子 作詞/信長貴富 作曲)

・ゆうき~第79回NHK全国学校音楽コンクール小学校の部課題曲~ (中川李枝子 作詞/村松崇継 作曲)

 

名曲をたずねて

・母の教え給いしうた (ドヴォルザーク作曲/荻久保和明 編曲)

・ます (シューベルト作曲/妹尾幸陽 訳詞/吉田雅博 合唱編曲)

・ローレライ (ジルヒャー作曲/近藤朔風 訳詞/松下耕 編曲)

・海はまねく (イタリア民謡/薩摩忠 訳詞/小林秀雄 編曲)

 

◇第2部◇

日本の合唱曲

・七つのフランスの子供の歌 (深尾須磨子 作詞/中田喜直 作・編曲)

前奏曲

1.つきよ

2.げんきなこども

3.ねえ ねえ、おじいさん

4.ひつじかいのむすめ

5.パパ おふねも

6.こもりうた

7.かあさん おねがいよ

・ぼくらの町は川っぷち (峯陽 作詞/林光 作曲)

・ダボハゼのうた~児童合唱のために~ (峯陽 作詞/林光 作曲)

1.かぞえうた

2.はじめて汽車がとおったとき

3.タンポポ

4.夢

5.ダボハゼ行進曲

 

アンコール曲

・やさしさの日 (野田優 作詞/荻久保和明 作曲)

・若者の春の歌 (トドール ポポフ 作曲/木場康治 訳詞)

・瑠璃色の地球 (松本隆 作詞/平井夏美 作曲/源田俊一郎 編曲)

・ぼくらの町は川っぷち (峯陽 作詞/林光 作曲)

 

●演奏会前日 5月2日(金)K本さん(西六OB)、Sさん(西六ファン)と会う

午後4時。

僕は横浜の馬車道にいた。

少年時代に憧れていた西六のソリスト、K本さんとその友人であるSさんと会うため、はるばる陸奥の地より出かけて行ったのであった。

経緯を紹介させて頂こう。

一昨年の西鎌定演の会場でSさんに声を掛けていただき名刺を頂戴し挨拶を交わした。

その時、傍らにK本さんもいらっしゃった。

K本さんとは中学生当時からの文通をする友人だったというSさんとは帰宅後数回のメールのやり取りをしていたが、深い付き合いはなかった。

そのSさんから西六定演の一か月ほど前に思いがけないメールを受け取った。

西六定演を鑑賞するようであれば、会って親しく話がしたいと書かれてあった。

願ってもないことだった。

西六が好きで児童合唱を愛する方と懇談するのは楽しいからだ。

僕からもメールでお願いをした。

そうであれば、この機会にK本さんともお会いしたいと。

その願いが叶い、K本さんのおひざ元である馬車道で三人会をすることになったのであった。

和食の居酒屋『すだち』で時を忘れ昔話や懐かしい歌の話しに花を咲かせた。

話は尽きず、あっという間に3時間が過ぎ去った。

K本さんの経営される店の開店時間になったので、お別れすべく店の外に出た。

SさんがK本さんの店はどこか?と尋ねられた。

すぐ向かい側だと分かり、K本さんの店に立ち寄る展開になった。

それから3時間近く「みんなのうた」「歌のメリーゴーラウンド」を中心とした話題で盛り上がった。

K本さんの話は団員ならではのものだった。

NHKの後藤田さんが児童合唱に熱心だったこととかN児の指揮者、古橋さんが格好良くて憧れていたとか西六の男の子は大きくなっても半ズボンで可哀想だったとか……。

この時の三人の話の一部を紹介しよう。

K本さん「私たちは番組収録で歌ってもその後に歌う機会がなかったりすると覚えていない曲もあるのよ。18歳で卒団するので、在籍していた当時の曲しかわからないし」

るんるん「ファンは当時の楽譜を持っていたり、録音したりしていますからね。だから僕たちの方がいっぱい曲を覚えていたりするんですね」

Sさん「フォンテックがCD化してくれたのは良かったね。N児は「ぼくらのリサイタル」があるけど、西六ほどたくさんの曲を収録した合唱団はないよ。るんるんさんはソングブックⅢが好きなんですよね」

るんるん「ええ、今も車を運転しながらCDを毎日聴いていますよ。『ヨハン大公のヨーデル』とか最高です」

K本さん「あの曲は私じゃなくて先輩のYさんのソロだったわ。『春の川で』は好きな曲なのよ」

Sさん「ああ、いい曲だね。ワイトトイフェルの名曲だよ」

るんるん「ワイトトイフェルの曲だと『スケートをするひとびと』♪こーおりのー みーずうみー♪ もですよね」

K本さん「『ひかるこみち』も大好きな曲だったわ」

るんるん「メラーですね。『ゆかいにあるけば』もメラーの曲でしたね」

Sさん「そうそう、いい曲なんだよね。るんるんさんはどの合唱団が好きですか?」

るんるん「あの頃は合唱団にはこだわらなかったんです。むしろ曲そのものの魅力に惹かれていたんですよ。外国曲も良かったけど、60年代後半になって、NHKの委嘱を受けて若手の作詞家作曲家が作った新しい曲が好きでした」

Sさん「西六ファンだけどN児では『るんるんるんこな雪が』は気に入ってましたよ。そういえば、るんるんさんのブログのトップで雪をちらつかせていましたね。ずっとブログを見ていましたから、やめてしまったのが残念です」

るんるん「Sさんに見ていただいていたとは知りませんでした」

児童合唱談義は尽きる様子が見えなかったが、明日の定演鑑賞が控えているるので、10時までにしようと時間を決めた。

名残は尽きなかったがK本さんにJR関内駅まで送っていただき「明日の定期演奏会でまたお会いしましょう」とお別れをした。

Sさんに上野駅から池之端の娘の住むマンションの近くまでタクシーで送っていただいたのは望外のことで、その親切には感謝してもしきれるものではない。

 

●演奏会当日 5月3日(土・憲法記念日)定演鑑賞、オフ会

 

定期演奏会

午前11時過ぎ。

僕は4人の歌仲間と昼食を共にすることにしていたので西六郷少年少女合唱団定期演奏会の会場がある晴海トリトンスクエアに早目に着いていた。

やがて次々にメンバーが到着し、手打ちうどんを食べながら、僕が一括手配していたチケットを配った。

開場の午後1時半となり、5人揃ってはやる気持ちを抑えつつ会場に向かった。

途中で昨年の定演を最後に卒団したしおりん(僕が勝手につけたニックネーム)が居たので思わず馴れ馴れしく声を掛けた。(仲間にはナンパしていたように見えたらしい。)

会場に入るとSさんが先着していたので前日の御礼を申し上げた。

 

第1部は団員と合唱部員の合同演奏で始まった。

一年ぶりで聴く天使のような歌声であった。

〝シュビズビズババ〟の歌詞が印象的な『誰も知らない』以外は知らない曲ばかりだった。

先入観のない中で鑑賞したわけだが『木を植える』が一番気に入った。

合唱部員が抜けた後は有名な曲が続いた。

クラシックや歌曲である。

東日本大震災で、その年の演奏が見送られた『海はまねく』も披露された。

「♪手をあげて 海は呼ぶ 早く早くおいでと 海は呼ぶ♪」

 この歌詞が大地震により津波被害のあった年の演奏会で歌うのには抵抗があったのだ。

 あれから丸4年、美しい合唱曲であることを再確認できてうれしかった。

 前日K本さんがおっしゃっておられたことを思い出した。

「『海はまねく』を東京マイスタージンガーの三林さんが歌ったのが素敵だった」

 僕が好きなのは五十嵐喜芳さんだが、三林輝夫さんのテノールも捨てがたい。

 前日には「歌のメリーゴーラウンド」の司会もやったバリトンの宍倉正信さんの話も出たが、K本さんは素晴らしい歌手のみなさんと共演されていたようだ。

 現役団員には、NHKにそうした番組が無くなったので、機会がない。

 残念である。

 

休憩時間に後部席の方向に振り向くとSさんの隣にK本さんが見えた。

西鎌のF田さん、M田さんもいらっしゃるではないか。

さっそく挨拶しに行った。

K本さんがM田さんとの関係を紹介してくださった。

「私の下のパートを歌ってくれたのが彼女よ。昔からチャーミングなのよ」

すかさず答えた。

「今は僕の彼女です」(どんだけ~)

 Sさん、K本さんと「みんなのうた」ファンのくじょうさんとを引き合わせた。

 

第2部はフランスの子供歌からであった。

『ねえねえ、おじいさん』は、「みんなのうた」でも放送された曲だが、再放送がなかったため、50年ぶりに聴くことになり、少々興奮気味であった。

次に峯陽氏と林光氏のコンビの曲が歌われた。

児童合唱のための組曲である『ダボハゼのうた』は定演に連続して8年足を運んだが、初めて聴く演奏だった。

『チコタン』『遠足』『阿蘇』と並び、西六の演奏に欠かせない組曲のようなので楽しみにしていた。

『ぼくらの町は川っぷち』とともに演奏されたが、ファンならではのアイディアが思い浮かんだ。

プログラムには恒例で一緒に演奏すると紹介されていたが、続編であるとも書かれてあった。

「みんなのうた」ファンの自分の知識では、『ぼくらの町は川っぷち』の続編はもう一曲存在する。

峯陽氏と林光氏のコンビによる『ぼくらの空は四角くて』である。

この曲は1968年に西六が歌って放送されている。

『ダボハゼのうた』は西六の委嘱作品、『ぼくらの空は四角くて』はNHKの委嘱作品の違いはあるが、『ぼくらの町は川っぷち』の続編という共通項がある。

ならば、『ぼくらの空は四角くて』も一緒に演奏してもらえたらどんなに嬉しいことかと。

アンコールは4曲演奏された。

途中で卒団生への花束贈呈があり、感動の場面にもらい泣きしてしまった。

卒団生の隣の団員が号泣する姿を見ていたら我慢できなくなった。

目に涙があふれ唇が震えた。

これまでのアンコールは3曲迄であった。

4曲演奏するのを聴くのは初めてだった。

得した気分になった。

卒団する堀出さんは小さい頃からずっと観ていたので、他人とは思えず、最後の退場時に深くお辞儀している場面では、まるで父親のような気分になっていた。

 

オフ会

あらためて定演鑑賞の常連となった4人を紹介しよう。

のぶちんさん(チェロ奏者)、くじょうさん(みんなのうた熱中人)、YUAさん(平吉毅州ファンブログ開設者)、信坊さん(筆者の親友)

定演の後はこのメンバーによるオフ会となった。

くじょうさんの提案のもとに月島でのもんじゃ焼きとカラオケでの交流であった。

僕がカラオケに行くのは10数年ぶりのことだ。

前日にK本さんの店でも見てはいたが、選曲する本はなく、ゲーム機を扱う感覚でのタッチ式の選曲に勝手がわからず戸惑うしかなかった。

そして、「みんなのうた」の曲がたくさんカラオケになっていることを知らなかった。

ただし、歌える曲は限られていた。

頑張って『潮風のセレナーデ』『ピエロのトランペット』『山遊歌』『走れ並木を』『キャンディーの夢』を歌った。

ほかに「みんなのうた」ではないがチャゲ&飛鳥の『万里の河』も歌った。

始めてカラオケで歌う曲ばかりで、出だしを間違えたり、音程を外したり、高音は声が出なかったり、恐ろしく下手くそだった。

だからカラオケには行かないようにしていた。

苦手なのだ。(ひとりカラオケなら大丈夫かも)

信坊さんは辛抱強く一曲も歌わずに付き合ってくれた。

ところが、くじょうさんとYUAさんは違った。

二人の独擅場であった。

特にくじょうさんの「みんなのうた」を歌い続けるパワーには圧倒されっぱなしだった。

「♪こんなに月が 蒼い夜は 不思議なことが 起きるよ どこか・・・♪」

訊けば相当練習したらしい。

YUAさんも崇拝する平吉氏の合唱曲を中心に一人で何曲も歌ってくれた。

「♪今 目の前に ひとーつの朝 ・・・♪」

最後の方にくじょうさんが『あんまりみどりがあかるいから』を歌ってくれ、うれしかった。

こうして2014年の西六定演の一日は終焉を迎えたのであった。

 

やはり肝心の定期演奏会に関する記事が少な過ぎたようだ。

 

次のブログでも演奏会について紹介されているので、ぜひご覧いただきたい。

 

http://gyokuyo.tea-nifty.com/blog/2014/05/2014-8d97.html

 

http://blogs.yahoo.co.jp/milestone78_0628/37894422.html



杉並児童合唱団第49回定期演奏会鑑賞記

 

レポーター : るんるん

 

●日時 : 平成25年9月28日(土) ●開場 / 1730 ●開演 / 1800

●会場 : 武蔵野市民文化会館大ホール

●プログラム

第1部 世界を歌でつなごう

第2部 クラップ ワンズ ハンズ ~ミュージカル名曲集~

第3部 杉並ミュージカル 「不思議の国のアリス」

 

筆者は杉児定演の時期が迫って来るとソワソワしてしまう。

大好きな児童合唱を聴きに毎年足を運びたいところだが、なかなか諸事情がそれを許さない。

今年は意を決して鑑賞に出かけたのであるが、心の中には色々な思いがあった。

 

幕が開いた。

 

第1部は草創期の「みんなのうた」の曲がたくさん出てくる世界の歌(外国曲)が目白押しであった。

手に色とりどりの国旗を持って整然と並んでいる団員達。

美しい合唱が会場にこだました。

白が基調の見慣れた清楚な制服を身に纏っての弾けんばかりの笑顔があった。

♪ アーイアイアイアーイ あーおいそら・・・

『青い空』をいかにも楽しげに歌っている。

ずっと願っていたことの一つが叶った瞬間であった。

実は鑑賞するのは4回目であったが、そのうちの2回は一階席の最後列だったため、団員の表情が観て取れなかったのだ。

何とか前の席をゲットできたおかげで、今回は違った。

団員の生き生きした表情が間近に見えた。

♪ かーわのー そーばをー あーるいたらー きーこえーてーきたー はるのこーえがー・・・

『春の川で』を歌う声の何と爽やかで清々しいことか!

2曲目にして、杉児の世界にどっぷりとつかっている自分がいた。

もはや夢心地であった。

OGを中心としたベテランメンバーの鍛え抜かれた女声ハーモニーには、悦に入る筆者であった。

ほどなくして年少の可愛らしい団員たちがステージになだれ込み、練習を積み重ねた成果を披露してくれた。

先輩団員たちのリーダーシップの下に可愛らしいダンスを取り入れてのステージショーに孫を見る思いがするのであった。

 

鑑賞に当たりに思っていたことの二つ目は、これだった。

最年長の大学4年生尾作さんのことである。

彼女とは、今年度でお別れすることになると思うのだが、ニューイヤーコンサートに足を運ぶ余裕はないので、自分的には今回が最後のステージとして見届けることになる。

定演に4回足を運んでいるが、この人の声質が好きなのだ。

声だけではない。

常に中心的な存在としてステージに立っていたので、すっかりお馴染みの存在だったことから、どうしても晴れ姿を見届けたかった。

来年の記念すべき50周年のステージには出演しないのだ。

全ステージに亘って彼女に注目し、その颯爽としたダンスも含めての熱演ぶりを鑑賞させてもらった。

そして、気が付いた。

スタッフの振付担当として既に彼女の名前が載っていることに。

きっと、来年も杉児のスタッフとして八面六臂の活躍をされるであろうことを確信したのであった。

定演の様子に戻るが、ある場面でステージの右端には、もう一人の要となる団員小池さん(大学3年)がいて、左端に尾作さんがいた。

この二人の存在がとてつもなく大きく感じられたのは筆者ばかりではあるまい。

 

第2部のポピュラー曲は誰でも知っている有名曲『トゥナイト』からスタートした。

♪ トゥナーイト トゥナーイト ああ このよるー はるかとおいーもやのー かなーたへ・・・

 

心が洗われる思いがした。

全てミュージカルのアレンジによる名曲のオンパレードは、感動を呼ぶステージであった。

休憩時間に筆者の後ろに座っていたご婦人が「感動して泣いちゃった」と言っているのを耳にしたが、筆者も初めて杉児のステージを観た時には同様の状況だった。

杉児ならではの振付つきの見事なエンターテイメントは、やはり素晴らしいの一語に尽きる。

色々なフォーメーションを組みながら、目まぐるしく位置を入れ換わって団員が歌い踊るステージショーには圧倒されるばかりだ。

これからも新しい曲に挑戦して、この分野のレパートリーをどんどん増やしてもらいたいと願う。

そうそう、一人筆者が注目した団員がいた。

尾作さんと小池さんに挟まれるように登場したニューフェースがいた。

筆者が知らなかっただけの話ではあるが、二重パッチリでアイドル顔負けの美形であったが、これまでの定演では気が付いていなかった。

どこかで観たような面影のある顔立ちだと思ったが、とにもかくにも筆者的には『ながぐつねこ』の主役だった木元さん依頼の衝撃であった。

 

最後は第3部の『不思議の国のアリス』である。

合唱ミュ-ジカルという名付けも絶妙であるが、まさしく的を射たステージが展開された。

作詞の中山知子さん、作曲の越部信義さんと言えば一昔前に活躍された方々だ。

筆者も「みんなのうた」ファンとして、大変尊敬する先生方である。

黄金コンビともいえるこの二人が手を組んだミュージカルなのだから、素晴らしいのは当たり前である。

それをどう表現できるかが合唱団の実力なのだ。

今回も感動のステージであった。

何とアリスの役は、筆者がどれだけ成長しているだろうと気にかけていた木元さん(小学6年生)であった。

プログラムを開いて見てびっくり。

もはや平常心ではいられなかった。

どんな風に演じ、どんな歌声を披露してくれることかと。

期待に応えてくれたことは言うまでもないが、スポットライトを浴びソロで歌った時の美声には押さえきれないほど感情が高ぶってしまう筆者であった。

先のステージで見出したアイドルのような団員がイモムシの役で登場した。

すぱすぱパイプをふかす役柄だったが、とても上手だった。

そして、気が付いた。

「きょんきょんに似ている!」

そう、あの80年代のアイドル小泉今日子ばりだった。

この池田さんは、まだ中学1年生の新星であった。

チェシャ猫を演じた辻さん(高校2年生)のチャーミングぶりにも大いに惹かれた。

圧巻は最後に登場した小池さんでる。

数々の主役を演じてきた実力者の今回の役は、ハートの女王であった。

この存在感、この迫力はいったいどこから来るものなのか!?

感心しきりであった。

 

津島先生の情熱が迸るピアノ伴奏にはこれまでも敬意を表してきたが、ステージ間近に見て、改めてその凄味に驚嘆した。

 

これこそが全ての源、杉児のパワーの秘密だと感じとったのである。

 

清水先生についても語らねばなるまい。

数十年前の若々しい颯爽としたお姿をNHKの番組を通して観ていた者としては、椅子に座られて指揮棒を振られることに関しては、何とも言えない複雑な思いもあるが、50周年を迎えられる今日まで第一線でご活躍されておられることに、心から感謝申し上げたい。

来年の記念すべき定演で、また溢れる児童合唱への情熱を会場に伝えていただくよう願う。

 

そして思う。

来年の定演を観た観客は筆者を筆頭に必ずや感動の涙にくれるであろうと。



 るんるんさんよりレポートを頂きましたので掲載致します。

西六郷少年少女合唱団2013定期演奏会鑑賞記

♪ー♪ー♪ー♪ー♪ー♪ー♪ー♪ー♪

<日時>平成252013)年5月3日(金[祝:憲法記念日])開演14:00(会場13:30

<会場>晴海トリトンスクエア内「第一生命ホール」

<出演>西六郷少年少女合唱団、西六郷小学校合唱部

・指揮/小池 直樹 ・ピアノ/中島 剛

 

まずは、鑑賞記に入る前に資料をご覧いただきたい。

これは西六郷少年少女合唱団が歌った「みんなのうた」のリストである。

 

タイトル

作詞

作曲

編曲

うた

アニメーション

初回放送

あくびのむこうにとびだそう

近江靖子

横山菁児

 

西六郷少年少女合唱団

古川タク

1970. 4-5

あふれる若さ

片岡輝

G.グルーバー

 

西六郷少年少女合唱団

(実写)

1966. 4-5

アルプスの谷間

矢沢保

スイス民謡

小林秀雄

西六郷少年少女合唱団

 

1963.12- 1

いつでもどきどきしてるんだ

サトウハチロー

さとうまさる

 

西六郷少年少女合唱団

 

1969.10-11

歌うよカッコー

薩摩忠

ポーランド民謡

荒谷俊治

西六郷少年少女合唱団

 

1965. 6-7

海はまねく

薩摩忠

イタリア民謡

荒谷俊治

五十嵐喜芳、西六郷少年少女合唱団

 

1964. 6-7

うるわしのやしの島

戸田育郎

インドネシア民謡

石丸寛

西六郷少年少女合唱団

 

1965. 6-7

駅馬車

小林幹治

アメリカ民謡

服部克久

西六郷少年少女合唱団、東京メール8

横山隆一・おとぎプロ

1962.12- 1

おまつり

高橋信夫

ドイツ民謡

末吉保雄

友竹正則、西六郷少年少女合唱団

 

1963.10-11

回転木馬

菅美沙緒

N.グランツベルグ

石丸寛

ペギー葉山、西六郷少年少女合唱団

 

1964. 2-3

からすと柿のたね

浜口庫之助

浜口庫之助

菊川迪夫

マイク真木、西六郷少年少女合唱団

中原収一

1966.10-11

河は呼んでいる

水野汀子

G.ベアール

小森昭宏

中原美紗緒、西六郷少年少女合唱団

 

1963. 4-5

木ぐつ〈サボ〉をはいて

中山知子

フランス民謡

石丸寛

ペギー葉山、西六郷少年少女合唱団

中原収一

1964.12- 1

口笛吹いて (ボギー大佐より)

中原光夫

アルフォード

 

西六郷少年少女合唱団

 

1963. 4-5

コキリコの歌

(富山県民謡)

 

広瀬量平

伊藤京子、西六郷少年少女合唱団

(実写)

1973.12- 1

五年生

阪田寛夫

斎藤高順

荒谷俊治

西六郷少年少女合唱団

(らくがき テレビ動画)

1968. 4-5

この日をめざして
~オリンピック応援歌~

芦田茂 〈補作〉サトウハチロー

清水脩

 

西六郷少年少女合唱団

 

1968. 8-9

さあ太陽を呼んでこい

石原慎太郎

山本直純

 

西六郷少年少女合唱団

 

1965.12- 1

じゃがいも

森おくじ

ソビエト童謡

小林秀雄

西六郷少年少女合唱団

中原収一

1968. 8-9

世界一周

阪田寛夫

アメリカ民謡

越部信義

西六郷少年少女合唱団

 

1967. 4-5

線路は続くよどこまでも

佐木敏

アメリカ民謡

小林秀雄

西六郷少年少女合唱団

(実写)

1962.12- 1

空をみあげて
 〈おお!みんなで〉

峯陽

黒人霊歌

小森昭宏

坂本九、西六郷少年少女合唱団

 

1965. 2-3

それ行け3組

桑嶋賢二

中村秀子

岩河三郎

西六郷少年少女合唱団

(実写)

1971.10-11

谷間に鐘は鳴りひびく

峯陽

GILLES

 

西六郷少年少女合唱団

 

1964.12- 1

谷間をゆけば

中山知子

オーストリア民謡

小林秀雄

西六郷少年少女合唱団

 

1966. 8-9

だれかが口笛ふいた

阪田寛夫

フランス民謡

石丸寛

西六郷少年少女合唱団

(実写)

1965. 4-5

調子をそろえてクリッククリッククリック

音羽たかし

オーストラリア民謡

若松正司

ペギー葉山、西六郷少年少女合唱団

(実写)

1962.10-11

津軽りんごうた

清水みのる

田中利光

 

西六郷少年少女合唱団

(実写)

1970.10-11

トレロ カモミロ

F.マレスカ 〈訳詞〉阪田寛夫

M.パガーノ

越部信義

西六郷少年少女合唱団

〈アニメ〉久里洋二 〈絵〉毛利厚

1970. 2-3

トレロ カモミロ (リメイク)

F.マレスカ 〈訳詞〉阪田寛夫

M.パガーノ

越部信義

西六郷少年少女合唱団

〈絵〉加藤晃 〈アニメ〉毛利厚

1975. 8-9

なんでもやるさ(「オリバー!」より)

峯陽

ライオネル・バート

石丸寛

西六郷少年少女合唱団

 

1965. 6-7

逃げた小鳥

薩摩忠

シゲチンスキー

小林秀雄

西六郷少年少女合唱団

 

1963. 6-7

花のまわりで

江間章子

〈旋律〉大津三郎〈補作〉岡本敏明

山本直純

西六郷少年少女合唱団

木馬座

1964. 4-5

パパと歩こう

ダルナル 〈日本語詞〉薩摩忠

ダルナル

小野崎孝輔

宍倉正信、西六郷少年少女合唱団

中原収一

1973. 4-5

バラが咲いた

浜口庫之助

浜口庫之助

菊川迪夫

マイク真木、西六郷少年少女合唱団

(実写)

1966. 6-7

春風のドライブ

中沢昭二

小杉仁三

 

西六郷少年少女合唱団

(実写)

1969. 4-5

春の川で

青木爽

ワルトトイフェル

小林秀雄

西六郷少年少女合唱団

(実写)

1965. 2-3

ひかるこみち

中山知子

メラー

小林秀雄

西六郷少年少女合唱団

(実写)

1967. 8-9

ひざっこぞうマーチ

やなせたかし

宇野誠一郎

 

西六郷少年少女合唱団

 

1968. 6-7

船のりの夢

宮林茂晴

G.F.ルート

山本直純

立川澄人、西六郷少年少女合唱団

(実写)

1963. 6-7

フリッパー

〈訳詞〉滝田順

ヘンリー・バロー

石丸寛

西六郷少年少女合唱団

久里洋二

1965. 8-9

ふるさとのヨーデル

中山知子

オーストリア民謡

石丸寛

西六郷少年少女合唱団

(実写)

1972. 6-7

ぼくらの空は四角くて

峯陽

林光

 

西六郷少年少女合唱団

(実写)

1968.10-11

星のヨーデル

武鹿悦子

溝上日出夫

 

牧山静江、西六郷少年少女合唱団

加藤晃、毛利厚

1969. 6-7

水色の空に

川添一郎

小森昭宏

 

西六郷少年少女合唱団

(実写)

1971. 6-7

みどりの牧場で

井田誠一

チェコスロバキア民謡

小林秀雄

ボニージャックス、西六郷少年少女合唱団

古川タク

1969. 8-9

メキシコのダンス

岩谷時子

パトゥリカラ

小野崎孝輔

西六郷少年少女合唱団

 

1970.12- 1

森の教会

津川主一

ピッツ

菊川迪夫

西六郷少年少女合唱団

〈絵〉川本喜八郎

1967. 8-9

山男のヨーデル

阪田寛夫

スイス民謡

小林秀雄

ダーク・ダックス、西六郷少年少女合唱団

(実写)

1965. 8-9

山のごちそう

阪田寛夫

オーストリア民謡

小林秀雄

西六郷少年少女合唱団

(実写)

1964. 8-9

勇気のうた

やなせたかし

藤家虹二

 

西六郷少年少女合唱団

 

1967.12- 1

若人の歌

植村敏夫

ブルガリア民謡

山本直純

東京放送児童合唱団、西六郷少年少女合唱団

 

1964. 2-3

輪になっておどろう

小林幹治

インドネシア民謡

菊川迪夫

西六郷少年少女合唱団

 

1965. 4-5

 

2007年に初めて演奏会に足を運んでいるが、これはその年に作ったリストである。

私設ファンサイト「みんなのうた缶」の管理人である、ねむりたりさんの資料を引用させてもらっている。

今はNHK公式サイトで簡単かつ正確に確認することができるようになったが、当時はNHK側の発表がなかったことからねむりたりさんが個人的に集めた資料で作られている。

公式サイトでは51曲とされていることから、それより少し多い曲数なので、どこかに誤りがあると思われるが、敢えて調べ直すことはせず、このリストをそのまま使用することをお断りしておこう。

曲を探しやすくするため、あいうえお順にしたが、放送年代順のほうが良かったかもしれない。

それにしても50曲を超える曲を歌っていることに驚きを隠せない。

しかも合唱団単独で歌っている時期は1962年の『線路は続くよどこまでも』から1972年の『ふるさとのヨーデル』(ヨハン大公のヨーデル)までのほぼ10年間に集中している。

このことから「みんなのうた」の草創期が児童合唱の黄金期であった事実が窺い知れる。

気が付くことは、番組で歌った曲と演奏会で歌う曲とが必ずしも一致しないという点だ。

今年の演奏曲で検証してみよう。

『野をこえ丘こえランランラン』と『城あと』はN児、『春の潮だまり』は東京トルベールが歌っている。

西六が歌っていたのは、『あふれる若さ』だけであった。

つまり、「みんなのうた」で放送した合唱曲は、放送で担当した合唱団だけの持ち歌ではなく、全ての合唱団が競って歌っているということを物語っているのである。

 

♪ ~ ♫ ~ ♪ ~ ♬ ~ ♪

 

ここからが鑑賞記である。

ご存知のこととは思うが、西六のモットーは〝歌は楽しく・美しく〟だ。

では、それを今回のプログラムで確認しようと思う。

無伴奏の聖歌もあればポピュラーソングもある。

どんな曲も楽しく、美しく聴かせてくれることが良く分かる。

実に幅広いレパートリーだ。

僕の好みは前述の「みんなのうた」の影響が大きいことから、世界の民謡・外国曲が主になっている。

もちろん日本の合唱曲も好きである。

なかでも今年のプログラムに組み込まれている『春の潮だまり』と組曲『遠足』は大好物だ。

演奏前から少々興奮気味であったことは明らかであった。

 

一緒に鑑賞するメンバーには児童合唱に疎い人もいる。

絵画や俳句ばかりやっている信坊さんやクラシック音楽が専門ののぶちんさんには、『遠足』などの演奏曲の録音を事前に送って聴いてもらい、当日に備えた。

「みんなのうた」マニアである、くじょうさんとYUAさんにも事前に提供した曲があった。

なぜなら、曲を事前に聴いて耳慣れていた方が楽しめると思ったからだ。

案の定、演奏会後に信坊さんとのぶちんさんからメールでこんなコメントが寄せられた。

信坊さん「演奏会は、事前のテープのおかげで、すんなりと入っていくことができました」

のぶちんさん「事前にるんるんさんから送られてきたCD試聴のおかげで楽しく聴けました。予習のありがたさを実感し、深く感謝です」

 

第1部の「たのしい歌・みんなの歌【合同演奏】」の演奏曲から選曲してコメントしよう。

■野をこえ丘こえランランラン

ルーマニア民謡でテンポの良い曲だ。「みんなのうた」の中でも古い曲の部類に入るが、放送当時から好きだった。楽譜集(水星社版)の解説によると、ルーマニアの国立放送局少年少女合唱団が好んで歌う歌とある。ブルガリアに対比される歌がある。『若人の歌』である。ソフィア少年少女合唱団が初来日した時に『歌のメリーゴーラウンド』の番組の中で、この曲を披露して歓迎している。その時の録画を持っているが、西六ではなくN児と東京マイスタージンガーが歌っていた。

また脱線したが、西六の合唱は颯爽とした前奏に始まった。

♪見よ朝霧晴れて楽しい日和 光りのささやきが僕らを呼んでいる・・・♪

歌い出した時点で、少年時代の気持ちになって耳を傾ける自分がいた。懐かしい曲で思い出があるだけに、1曲目にして心に染み入るものがあった。何度も紹介しているエピソードであるが、ある方が、この曲が中学生当時から大好きで40年も探し求めていたという。僕の録音のコピーを提供したら、「毎日何回も繰り返して聴いています。妻が気を利かせてかけてくれるようになりました」という嬉しい返信を下さった。仲睦まじいご夫婦の姿が浮かんでくる。僕にとっても楽しい思い出となった。

■少年の日はいま

同行したのぶちんさん注目の曲であった。なぜなら同じ両国高校出身でのぶちんさん率いる交響楽団の指揮棒を振ったこともある鈴木行一氏が作曲したからだ。2010年に他界された鈴木氏が作曲した曲を聴いて故人を偲ぶ思いもあってのことだったのだろう。僕は初めて聴く曲であった。だんだん盛り上がりをみせる曲構成で、爽やかなハーモニーが会場に響きわたり聴き入ってしまった。のぶちんさんも満足した様子であった。西六のハーモニーが感動を呼んでくれたに違いない。直後の休憩時間に鈴木氏の奥様とばったり遭遇されたのぶちんさん。

どうやら奥様も西六の演奏を注目されていたようだ。

■あふれる若さ

私見であるが「みんなのうた」の中で西六の代表曲に位置付けている。いつ聴いても明るく弾んだ曲調が元気を与えてくれる。今回もメリハリを利かせた歌声が楽しい気分にさせてくれた。

♪かわいい靴がトコトコと丸木橋行けば・・・♪

途中は押さえ気味に歌われるが、そこが好きである。やがて、オブリガートが心地良く響き渡り、曲はクライマックスを迎えるのであった。「みんなのうた」の『元気に笑え』と『ひかるこみち』が自然に思い浮かんだ。同じ時期に大好きになった児童合唱の名曲だからだ。

 

続けて「日本の合唱曲」が披露された。

4曲とも圧巻のハーモニーだったが、僕にとっては、やはりこの曲は格別であった。

■春の潮だまり

昨年星になられた若松正司氏の代表曲である。これほど美しい旋律の合唱曲にはなかなかお目にかかれない。「みんなのうた」の録音を何百回繰り返して聴いたことだろう。新西六になってから聴く機会があったが、その時は少し荒いハーモニーだったので、今回の演奏がどれほどの進化を見せてくれるか、特に注目していた。

♪海の匂いの潮だまり 春を優しく抱いている・・・♪

のっけから引きずり込まれてしまった。まさに感動!の一言であった。演奏会後の同窓会で司会のH口さんの「今日のハーモニーは白糸の滝、これまでは華厳の滝」という感想の言葉にもあったように、美しく洗練された合唱であった。

 

第2部「名曲をたずねて」からは、この曲を取り上げよう。

■蛙のポルカ

数年前のウエルカムコンサートで披露されて以来であった。とはいえ、ソングブックⅢ収録曲として、聴き込んでいた。原曲での合唱は、まさしく蛙のコーラスである。楽しさが前面に現れているが、実は技術が無ければハーモニーが美しく聴こえてこない難曲だと感じた。見事に歌いこなす西六には脱帽であった。

 

第3部は、今回のメインイベントとも言うべき「合唱組曲『遠足』-1983年版-」である。

6年前の演奏では、「みんなのうた」でも放送されたことのある『城あと』を聴いて、深く、熱く感激した自分であった。

それ以降、K藤君のボーイソプラノを聴くことを一番の楽しみにして毎年定演に足を運ぶようになったのである。

2年前にK藤君は卒団してしまったが、只々美しいハーモニーを聴いて感動したい一心で毎年聴きに来ている。

K藤君が抜けても西六の実力は上がる一方である。

さて、組曲であるが、数年前にN児のレコードが復刻したことから、そのCDを持っており、何度も繰り返し聴いている。

西六がどんなハーモニーを聴かせてくれるか、約50年前のN児のハーモニーと比較することも楽しみの一つであった。

何度も作り直されている為か、曲自体が違っているところがあった。

しかし、そんなことはどうでも良くて、生で聴く『遠足』はズンタ、ズンタ!と実際に行進する場面を見せるなど、劇のような演出もあり臨場感に溢れていて楽しめた。

僕は、先述のとおり、やはり4曲目の『城あと』に最も思い入れがあるだけに、胸中穏やかにして耳を傾けることが出来なかった。

ドキドキしながら聴いていたが、ソロの歌声やオブリの美声に打ちふるえてしまった。

そして、5曲目の『山の上の合唱』もステージ内と袖とでの「ヤッホー」の声の掛け合いなどもあって面白い構成で素晴らしいと思った。

メロディーが好きな個所がある。

♪見えない風がふいていく 雲はちりぢりあんなにはやい♪

山本直純さんらしい美しいメロディーである。

ここではジーンと来てしまった。

 

プログラムは終了したが、いつものようにアンコール曲が披露された。

・荒城の月、・君をいつまでも忘れない、・遠い世界に、・ぼくらの町は川っぷち

以上の4曲である。

歌の途中で合唱団通算52期生に当たる卒団生6名一人ひとりに小池先生から花束が贈られたが、花束を持った後輩が現れた瞬間から涙なみだであった。

こちらも貰い泣きしてしまい、合唱の鑑賞どころでは無くなっていた。

小池先生が事前にブログで、この6名への特別な思いを吐露されている記事を読んでいたこともあり、感情移入せざるを得ない状況に陥っていた。

思えば6年前に初めて目撃した花束贈呈シーンの時から涙もろい僕は、ずっと泣かされっぱなしだ。

この涙腺の弱さ、何とかならないものだろうか。

それに比べて、小池先生は心の中では泣いておられるのだと思うが、表面には絶対に表さず最後まで平然と指揮棒を振っておられた。

演奏者側のまとめ役として当然の姿であろうが、一度くらい泣いている姿を見て見たい気もする。

 

このように今年のコンサートも圧倒的な魅力に溢れるハーモニーが晴海のホールいっぱいに美しく響きわたった。

可愛らしい団員の顔が輝いて見えた。

合唱を自ら楽しむ姿があった。

 

最高の感動を与えてくれてありがとう!

 

合唱に感動し、卒団生の涙にも感動した。

小池先生がブログで「演奏が上手くいった場合に限り、熱い拍手を送ってやって下さい!」とコメントしておられた。

誰もが認める感動のハーモニーに、客席から熱い万雷の拍手が送られた。

 

鑑賞記は、ここまでです。

写真は、公式ホームページで見ることができるので、どうぞ。

https://www.facebook.com/nishiroku

 

♪ ~ ♫ ~ ♪ ~ ♬ ~ ♪

 

「同窓会で一緒に歌いましょう」

西六OBのM馬さんからメールで事前に声をかけていただいた。

仲間と共に一も二もなく仲間入りさせていただいた僕である。

昨年の同窓会総会や西鎌定演でお見かけしている皆さんということもあり、今年は最初から馴染んでいる自分がいた。

名司会者の進行で、総会はすぐに終わり、乾杯となった。

 

やがて、卒団した6人のスピーチがあった。

それぞれの思いを聞くことができたが、なかには泣いてしまう子もいて、ステージの感動が甦ってきた。

 

僕は色々なものを持参していた。

まずは、西鎌のみなさんが昨年の定演で歌った曲、『未来へと』に嵌っていることをお伝えした。

持参した歌詞カードを手にしながら、女性団員の方々にF田さんにいただいた合唱のCDを聴きながら歌詞を拾ったエピソードを紹介したところ、笑ってくださった。

♪ 道ですれ違った 小さな子供の笑顔・・・♪

 

小池先生が席を回って、僕達のところにもやって来られた。

2007年のプログラムを持参していたので、それを見ながらお話しさせていただいた。

「最初に来た時のプログラムです。『えんそく』のソロを歌ったK藤君の声が素晴らしくて、以来ずっとお邪魔しています」

小池先生が応えてくださった。

「あの時の演奏は、まだまだでしたけどね」

実際そうなのかもしれないが、僕としては初めて聴く西六の生の合唱に大き