鉄道模型の楽しみ
60年代 懐かしの宝箱
ブログもご覧ください
鉄道模型について〜私の場合の鉄道模型 2014.12.22更新
 詳しくは執筆にある「鉄道モデラーのデジタルクラフト入門講座」で書きましたが1965年小学5年の時からやってます。集めるほうもですが作る、車両もレイアウト(ジオラマ)も。
  ながくやってますと、垢が溜まるようにコレクションも増えますが、それは内なるものの現れでし
て。HOゲージではじめて、今はNゲージが中心ですが車両も沢山あることや細かい事だけに拘るのも何か空しい感じです。1500両までは数えましたが、あれば良いって、もんじゃない。
  いろんな方に会って、いろいろお話ししてみると「なるほど」ということもあって、「自分はこんなの
を持っている」とか、「こんなのを作った」なんてに拘るのは随分小さいなと思うようになりました。
  皆さん、それぞれに模型の世界があって、自分の模型を見付けて自分なりにやってください・・・と
いう感じです。
  ある方でお宅が全焼して大切なコレクションを失って、模型を辞めたという方、ショックだったとは
思います。 しかし自分なんかは模型は内なるもの・・・と思ってますので、そんな不幸な時にも自分の命が無事であれば「これからはもっと新しい模型が始まる・・・」と思えるようになりたいと思います。極めることは、そんな大きさなのかな?と思いはじめました。鉄道模型はやはり集めたものじゃなくて、自分自身、「内なるもの」だと思いますよ。だから一人一人違うと思います。
 鉄道模型で必要なのはT=Time、M=Money、S=Space、確かにそうなのですが、それなりにできる、やるというのも鉄道模型だと思います。・・・がないと言ったところを解決できるのなら良いですができないのならその中で実現することだと思います。そんな意味でも「内なるもの」なのかも。

ジオラマ製作講座を開講します。
詳細はこちらから

====
鉄道模型は1965年頃小学生高学年で始める。
<主な作品>
第15、16、17、18、
19、20、26、32〜34回レイアウトコンペ入賞
入選、佳作、特別賞など

トミックス改造コンテスト入賞ほか
<執筆>
「鉄道モデラーのためのデジタルクラフト入門講座」(主婦の友社)
「エレクトロニクス用語辞典」(CQ出版)共著
電子専門誌、別冊(オーディオ、電子楽器、エフェクター)など多数
<掲載>
機芸出版「鉄道模型趣味」1995年8月、1997年4月、9月、
2004年6月、2005年4月号記事、表紙
2013年10月、2014年2月、7月、2015年1月
機芸出版「Nゲージマガジン」 18,20,24,25,31,32記事表紙
KATO機関紙「KATO NEWS」
読売新聞

イカロス出版「N」創刊号

イカロス出版「N」2号表紙

ネコパブ:RMM記事
ほか
産経新聞、アスキーJP
NHK趣味悠優DVDほか

<作品展示>
・松屋「鉄道模型ショー」、大阪交通科学館
・ホビーセンターKATO(東京・落合)
・鉄道フェスティバル2011,2012
・ヒカリエ 発表イベント、東急不動産イベント
・渋谷マークシティー
・東急東横店 模型フェスティバル2011,2012
・東急渋谷本店に昭和39年渋谷駅ジオラマ常設展示中
ほか

<イベント・番組・制作物への協力>
・東急百貨店創業祭(2004)
・TBSドラマ「特急田中3鉄道ジオラマ
・キヤノンIOS5DIIカタログ(2009)
・KATO製品カタログ(2009)

・国際鉄道模型コンベンション(講師)
・日本テレビ「ぶらり途中下車の旅」
・NHKBSプレミアム「熱中スタジアム」
・BS-TBS関口宏の昭和青春グラフィティー
・フジテレビ「ネプリーグ」ほか


↓以下詳細はこちらから
 鉄道模型雑誌などの発表履歴もご覧ください。

TBSドラマ「特急田中3号」にレイアウト(鉄道ジオラマ)が出演!?
TBSドラマ「特急田中3号」にレイアウト(鉄道ジオラマ)が出演!?
鉄道模型を思う
鉄道模型を思う
KATO Nゲージアーカイブ
KATO Nゲージアーカイブ
全日本模型ホビーショーで鉄道ジオラマを展示!
全日本模型ホビーショーで鉄道ジオラマを展示!
祭りのジオラマがあった
祭りのジオラマがあった
KATO鉄道模型総合カタログに掲載されました
KATO鉄道模型総合カタログに掲載されました
鉄道模型ショウ
鉄道模型ショウ
週刊 鉄道模型少年時代
週刊 鉄道模型少年時代

●60年代の鉄道模型  2007.7.16

 
■レイアウト・ジオラマ篇
幻の35年前のNゲージレイアウト
蒸気機関庫のジオラマ
海辺の町のジオラマ
祭りのレイアウト
電気機関車の車庫ジオラマ
欧風鉄道
イースタン・リバー鉄道
3階立ての詩
番外篇:クリスマスのジオラマ
昭和39年渋谷のジオラマ
初公開!幻の35年前のNゲージレイアウト
 先日実家の物置から出てきた写真です。
 35年前(1971年頃)高校1年頃に作っていたNゲージレイアウト。まだ日本型はKATOのみが製品を作っていたのでN用のストラクチャーやシナリーの材料は全くと言ってなかったです。家は瓦から全て自作でした。
  車両もまだC50と客車、キハ20、103系、EF65と20系客車、コンテナ貨車しか販売されていませんでした。・・・ところが、なぜD51や151系のこだま型、改造気動車、タンク車などなどがあるの?。みんなあの頃は作っていたのですよ。今の買いきれないほどの製品ラッシュ、こんな時代が来るなんて。もちろんコントローラーは自作でした。
  こう言ったところからスタートして雑誌の表紙とかに載せて貰えるものができるには25年がかかっていることになります。同じ頃からやっている方が今の模型を見るときこうした苦労した時代が蘇ると思います。
  何もなかったけれど、でもあの頃には作る夢があったし、誰もみな違うものが出来上がってました。今は・・・。


ジオラマ製作講座を開講します。
詳細はこちらから
蒸気機関庫のジオラマ
昔懐かしいSLの集うシーンを展開してみました。

御殿山機関区(1996年に製作)
19回TMSコンペ佳作賞
機芸出版「Nゲージマガジン26号」発表 60×90センチ

・松屋の「鉄道模型ショー」、大阪交通科学館で展示されました。
・ホビーセンターKATO(東京・落合)で展示・管理されています。
・KATO機関紙の「KATO NEWS」に掲載されました。
・イカロス出版「N」2号の表紙になりました。
・ネコパブリッシング「RMモデルス」の記事で写真が使われました。
・TBSドラマ「特急田中3号」で使われました。
・IOS5DIIの評価写真に使用されました。
・KATOカタログ写真に使用されました。






海辺の町のジオラマ
真夏の漁港
 海や岩場と言ったダイナミック自然と漁港の人々の生活、船の出入りを限られたサイズに納めました。
 津田漁港付近(1995年作)
 18回TMSコンペ佳作賞
 Nゲージマガジン25号発表
 30×90センチ





祭りのレイアウト
父母の生家、親戚の家、生まれた街の家並みがあります。祖父に負ぶわれた自分、消防車を追う自分とそれを追う理髪中の父など過去のシーンを盛りこみました。

 松村駅周辺(1994年作)
 17回TMSコンペ佳作賞
 TMS95年8月号発表
 30×90センチ
 KATOニュースにも掲載されました。












電気機関車の車庫ジオラマ
車両は製作当時まだ発売されていなかったものばかり、
 改造自作でした。車両は「機関車168両」でNマガ24号で発表。

 記念機関庫(1992年作)
 15回TMSコンペ努力賞
 Nマガ18号発表
 30×75センチ






欧風鉄道
欧風鉄道
  懐かしい友人との夢のような再会の物語です。

 Pocken鉄道(1997年作)
 20回TMSコンペ入選
 Nゲージマガジン28号発表
  140×90センチ







イースタン・リバー鉄道
 もちろんディズニーランドのウェスタン・リバー鉄道を再現。1993年の作。
 90×40センチ ビッグ・サンダー・マウンテンが出来た頃の様子がベース。
 ジャングル・クルーズもあって、チンパンジーとワニがジャンケンをしています。
 ワニはチョキでしたよね。
  Nゲージマガジン20号発表。1993年TMSレイアウトコンペ特別賞受賞。



3階立ての詩
 トミックスの改造コンテストに出品。確か「佳作賞」だったかな。
 銀座松屋デパートの模型ショーのトミックス・ブースで展示されました。
 電飾が仕込んであったけど、最初の2日は点灯してくれませんでした。
 3日目にトミックスのパワーパックを買って行って点灯して貰いました。
 お金は返してくれましたが、その時この会社の全てが見えた気持ちがしました。

 連日、親子連れが来て、お父さんが子供を抱っこして見せるんです。
 今でもあの光景は忘れません。
  何賞かなんてあんまり関係なのないことだとその時から思うようになりました。




 思い出の街から 1964年の渋谷駅を再現
 もともと久々に出したTMSレイアウトコンペの入賞作品(2003年 佳作賞)だったのですが、その
記事が東急の方の目にとまり、 このレイアウトを催事に使って頂くことになり、改装をしました。
 詳しくは 特集 1964年の渋谷の街が帰って来た。
その後の展示は上のリンクにある通りですが、改装した経緯工作が鉄道模型趣味の2014年2月号に掲載されました。

雑誌発表にはありませんが

・過去作品のリニューアル

・新規製作〜があります。
番外篇:クリスマスのジオラマ 2006.5.21更新
 1989年、東急百貨店吉祥寺店で行われた「クリスマス・ツリー・コンテスト」で「ア・びっくり賞」(アはアイデア賞のア)を頂いた電飾仕掛けのジオラマです。審査員長は鉄のゲージツ家クマさんこと篠原さんでした。表彰式では御本人から「おまえ、あの犬のはねてたヤツな・・・」とお言葉を頂きました。
  このジオラマは当時、東急百貨店吉祥寺店に10日間展示されて、お子さんたちに人気であったほか、PC系のショーで展示されたり、私の勤務する会社の受付で12月になると展示されておりました。さすがに今は休眠状態。暖炉の火がゆらめく、星が瞬く、彗星が流れる、クリスマス・ソングが20曲以上流れるなど、仕掛けが10ほどありますが、ロッキングチェアだけはもううまく動きません。
鉄道模型の発表など
 10年くらい前から雑誌に出るようになりました。もちろん車両やレイアウト(ジオラマ)ですが。雑誌「N」の創刊号には自分の紹介がでましたがこれは特別です。
  機芸出版が多いようです。TMSとかNマガとか。RMMは知らないうちに掲載され、書店に並んでから、お詫びと見本誌が来ました。
  自分もだんだん記憶が怪しくなって来たので、この機会にまとめたいと思います。
  掲載はKATOニュース、読売新聞広告など、実物の展示はホビーセンターKATO、ギンザ松屋、大阪交通科学館、東急東横百貨店などがあります。
  (画像は雑誌の表紙になったジオラマたちです。)

ジオラマ製作講座を開講します。
詳細はこちらから
60年代 懐かしの宝箱

ブログもご覧ください

トップへ
戻る